青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2020年08月22日更新

    黒にんにくを食べすぎると胃もたれがする?黒にんにくの効果と合わせてご紹介!

    「黒にんにくに興味があるものの、胃もたれが起こらないか心配だなあ。」
    このような悩みを持っている方に向けて、対処法をご紹介します。
    健康的な生活に向けて、新しい一歩を踏み出しましょう。

    □黒にんにくの効果を得るための食べ方とは?

    黒にんにくを食べてすぐに効果を実感することは難しいのではないでしょうか。
    それゆえ、毎日食べることに挫折してしまうと、もったいないですよね。
    結論から言うと、コツコツ毎日食べ続けることが最も重要です。

    そこで、毎日継続的に食べる習慣を身に付ける方法をご紹介していきましょう。
    1点目は、生のまま少しずつ食べることを意識しましょう。
    もし、毎日食べ続ける自信がない方もご安心ください。

    匂いがとても少なく、通常の白にんにくと異なって、食べやすいと言われています。
    それゆえ、フルーツのようにパクパク食べられる点が大きな魅力かもしれませんね。
    例えば、好き嫌いが多い子供やにんにくの臭いが嫌いな方にもおすすめです。

    2点目は、一日の摂取量を数片までに留めることです。
    毎日大量に食べると、すぐに飽きてしまいますよね。
    飽きてしまうと、途中で食べることをやめてしまうかもしれません。
    それゆえ、食べる習慣が途絶えてしまっては意味がありません。

    その上、食べすぎてしまうと、栄養過多で胃もたれや胸焼けが起こってしまうかもしれません。
    そのため、少しずつ食べることを頭に入れておきましょう。
    栄養素がとても豊富なので、少量でも多くの栄養をカバーできると言われています。
    焦る気持ちを抑えつつ、淡々と毎日の習慣に取り入れるようにしましょう。

    3点目は、料理に混ぜて使用することです。
    料理に混ぜることで、飽きることなく継続して黒にんにくを摂取できるようになります。
    例えば、チャーハンやスープなど、さまざまな料理に活用する余地はありそうです。

    □黒にんにくを食べすぎると胃もたれが起こる?

    通常の白にんにくと異なって、熟成度が違うので、黒にんにくは胃に優しいと言われています。
    しかし、白にんにくがもともと胃腸に刺激を与える食べ物なので、多少は胃腸に刺激を与えるかもしれません。

    例えば、あまり熟成されていない黒にんにくだと、白にんにくの栄養素が分解されないままなので、胃腸を刺激する可能性があります。
    また、もともと胃腸が弱い人もいきなり大量に食べ過ぎないように注意しましょう。

    しっかり熟成されていたとしても、胃腸が弱ければ、胃もたれの原因になります。
    それゆえ、胃腸が弱い人は黒にんにくを食べるべきではないのでしょうか。
    全くそのようなことはありません。

    たとえ、あまり胃腸が強くない方であったとしても一日一片未満で良いので毎日続けるようにしましょう。
    胃もたれの状態と向き合いながら、毎日少しずつ摂取することを心がけると良いですね。
    疲労回復や精力増強など、他の食べ物と比べてとてもたくさんのメリットがあります。
    それゆえ、胃腸が弱いからと言って、初めから黒にんにくを諦めることはもったいないですよね。

    そして、購入はどこでできるのでしょうか。
    お買い求めは簡単にできます。
    市販より、通販で試してみてはいかがでしょうか。
    近年、栄養素が豊富な黒にんにくがたくさん販売されています。
    当社もその中の一つであり、多くの方から喜びと感謝の声をいただくようになりました。

    □黒にんにくには副作用があるの?

    胃もたれは、少しずつ食べることが重要である点をここまでご紹介しました。
    そして、黒にんにくには副作用があるのかどうか気になりますよね。
    結論から言うと、黒にんにくは薬ではなく健康食品に分類されています。
    それゆえ、少し食べたからと言って、副作用はほとんど起こらないと言われています。

    もちろん、たくさん食べすぎることは胃もたれの原因になるので、あまりおすすめできません。
    胃腸が弱い人はなおさらです。
    しかし、いきなり大量に食べすぎることなく、一日数片食べることを意識すれば、副作用が突然起こることはないのでご安心ください。

    副作用がほとんど起こらないので、毎日安心して摂取できます。
    もし健康的な生活を実現させたい方は、黒にんにくを食べる習慣を身に付けてはいかがでしょうか。
    習慣を身に付けてしまえば、自身の生活にハリが出るかもしれませんね。
    多くの栄養素が含まれているので、毎日コツコツと摂取すれば、大きな効果が期待できるでしょう。

    例えば、黒にんにくには抗酸化作用があるので、美肌効果も期待されています。
    女性の美容にも良いと言われています。
    さらに、味もドライフルーツのようで子供や高齢者の方でも飽きることなく毎日続けられるでしょう。
    このように、老若男女問わず、誰でも手軽に食べられる点はうれしいですよね。
    自身のライフスタイルに合わせて、少しずつ食べるようにしましょう。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくと胃もたれの関係についてご紹介しました。
    健康的な生活を送るために、用量を守って食べると良いですね。
    黒にんにくをお求めの方は、当社までご相談ください。

  • 2020年08月18日更新

    黒にんにくとテストステロンとの関係とは?どのような効果がある?

    黒にんにくにはテストステロンというホルモンが含まれていることをご存知でしょうか。
    男性ホルモンの1つであるテストステロンは、心身の健康維持の重要な役割を担っています。
    今回の記事は、そんなテストステロンと黒にんにくの関係についてご紹介します。

    □そもそもテストステロンとは?

    男性ホルモンは、筋肉や骨の形成を促し、生殖機能にも大きな影響を与えます。
    また、日々のバイタリティーやモチベーションにも男性ホルモンは関係しています。

    そして、男性ホルモンには数々の種類があり、その中にテストステロンも含まれています。
    テストステロンは、男性ホルモンの中で最も分泌量が多く、男性ホルモンイコールテストステロンと言っても過言ではありません。

    精巣でつくられるこのホルモンは、骨格や筋肉などを強化してたくましい肉体を形成することとして有名です。
    さらには生殖機能の向上や血管を若く保つ働きまであります。
    これによって生活習慣病のリスクの軽減も期待できるでしょう。

    またテストステロンは、このような身体面だけではなく、精神面にもさまざまメリットを生み出します。
    ストレス処理の手助けや幸福感を増大させるドーパミンの産出、集中力や記憶力の向上などがその主な例として挙げられるでしょう。

    このように、テストステロンは心身の健康に関わる重要なホルモンとして位置づけられています。

    加えてテストステロンが分泌されるメカニズムについてご紹介しましょう。
    まずは脳の視床下部から、さまざまなホルモンの働きをコントロールする下垂体に、性腺刺激
    ホルモン分泌の指令が出されることから始まります。
    その後下垂体が性腺刺激ホルモンを精巣に送り出し、テストステロンが分泌されるでしょう。

    ちなみに男性ホルモンは副腎で分泌されるルートもあります。
    これも同じように脳の視床下部からの指令で下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが副腎に働きかけ、男性ホルモンが分泌されます。

    □テストステロンを分泌させるには黒にんにくがおすすめ

    それでは、このテストステロンと黒にんにくはいったいどのような関係があるのでしょうか。
    黒にんにくを含むにんにくは、スタミナがつく食材として有名ですよね。
    亜鉛やセレン、アルギニン、カリウム、カルシウム、ビタミン、含硫アミノ酸などといった栄養素がたっぷり詰まっています。

    その中でも含硫アミノ酸という栄養素は、ネギやにんにくといったネギ類に多く含まれており、テストステロンの生成を活性化させる効果があります。
    そのためにんにくは男性ホルモン増大させる食材として名前が知られているのでしょう。

    しかし、にんにくの調理方法によってはテストステロン値を低下させてしまう恐れがあります。
    特に生にんにくはテストステロン値を上げるどころか、逆に下げてしまうため、必ず加熱して摂取しましょう。
    加熱調理することによって含硫アミノ酸を分解する酵素の作用を止められます。

    加えて、普通のにんにくを熟成させた黒にんにくもテストステロン値の上昇が見込めます。
    さらに先ほど挙げたアルギニンという栄養素も、にんにくと比べておよそ3倍もの量を含んでいます。

    □黒にんにくは老化防止にも効果的

    さらに黒にんにくは老化防止にも効果的だと言われています。
    そもそも老化は活性酸素が増えすぎてしまうことが主な原因です。
    この活性酸素はたばこや紫外線、ストレスや排気ガスなどが原因で発生します。

    また、加齢が進むと活性酸素に対抗する抗酸化物質が減少し、活性酸素が過剰な体になってしまうでしょう。
    現代の病気の90パーセントは活性酸素によるものと言われており、これを増やさないための対策として黒にんにくが推奨されています。

    それでは、黒にんにくが老化対策にピッタリな理由を3つ紹介しましょう。
    まず1つ目は、抗酸化作用が生にんにくの10倍であることです。
    活性酸素の酸化作用を抑えるためには、抗酸化物質を積極的に取り入れる必要があり、その抗酸化物質として有名なのがチョコレートやワインに多く含まれるポリフェノールです。

    このポリフェノールは、にんにくにも多く含まれており、さらに熟成させて黒にんにくにすることによって約10倍にまで増加します。
    また、黒にんにくはにんにく特有の刺激臭がほとんど感じられないため、普通のにんにくよりも食べやすいでしょう。

    2つ目の理由は、疲労回復効果があることです。
    慢性的な疲れは老化に直結してしまいます。
    しかし、黒にんにくに含まれるアリシンは、エネルギーのもとになるビタミンB1の吸収を高めるため、疲労回復にぴったりです。
    風邪予防にも効果的であるため、体の体質改善を総合的に行えるでしょう。

    最後の3つ目の理由は、自然食品であることです。
    黒にんにくは古くから親しまれているにんにくを熟成させたものであるため、気軽に食事に取り入れられます。
    サプリが苦手な方でも続けやすいのは嬉しいですよね。

    □まとめ

    今回はテストステロンと黒にんにくの関係について詳しく解説しました。
    黒にんにくはにんにくよりも男性ホルモンを増加させる効果があるため、心身の健康問題にお悩みの方は、積極的に摂取することをおすすめします。
    また、当社では熟成された純黒にんにくを取り扱っているため、お気軽にご連絡ください。

  • 2020年08月14日更新

    黒にんにくを食べる時間はいつ頃がおすすめ?

    「いつ黒にんにくを食べると効果的なの?」
    このように疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
    体に良いと言われている黒にんにくですが、せっかく食べるなら最も効果的な時間に摂取したいですよね。
    そこで今回は、黒にんにくを食べる時間帯について解説します。

    □黒にんにくを食べるのに最も効果的な時間とは?

    健康増進のために熟成された黒にんにくを食べている方が多いのではないでしょうか。
    しかし、黒にんにくは薬ではありません。
    そのため、基本的にいつ食べても構わないと言われています。

    一番のおすすめは、サプリメントなどと同じように、食後に食べることです。
    薬は血糖値が安定している食前に飲むことが推奨されている一方、黒にんにくにはそういったものがありません。
    よって、できるだけ胃に負担がかからない食後に摂取してみてはいかがでしょうか。

    また、黒にんにくはにんにく特有の強烈なにおいがほとんど消えているため、食べた後の口臭を気にする必要もありません。
    エチケットを気にされる方にとっては大変嬉しいポイントですよね。
    翌日に用事があっても気にせず食べられるでしょう。

    このように、いつでも自由に食べられる黒にんにくですが、目的によって効果的に食べられる時間帯が存在します。
    1つずつ順番に見ていきましょう。

    まず紹介するのは、ダイエット目的の方です。
    ダイエットされている方は、運動前に食べることをおすすめします。
    黒にんにくには数え切れないほどの効果と効能がありますが、その中にダイエット効果も含まれていることをご存知でしょうか。

    効率よく脂肪を燃焼させる働きがあり、さらにはコレステロール値を下げることにも役立つと言われています。
    しかし食べすぎには注意が必要なため、1日1~2片ほどを目安にしましょう。

    次は美容目的の方です。
    美容目的の方は、就寝前に食べると良いでしょう。
    黒にんにくには美肌づくりに欠かせないポリフェノールが豊富に含まれています。
    そのポリフェノールには、肌を抗酸化する作用があると言われており、アンチエイジングにはピッタリです。

    ただ、ポリフェノールは効果が長続きしないことが欠点として挙げられています。
    そのため、肌を修復する睡眠中にポリフェノールの抗酸化作用が働くように、就寝前に食べると良いと言われているのでしょう。

    加えて疲労回復目的で黒にんにくを食べている方も、就寝前に食べることを推奨しています。
    黒にんにくに含まれる有効成分アリシンは、体内エネルギーをつくるサポートをしています。
    そのため、夜眠りにつく前に食べておくと、寝ている間にエネルギーがチャージされて、翌日の朝には体のエネルギーがみなぎっているでしょう。

    □体調に合わせて黒にんにくを食べると良い

    ダイエット目的や美容目的、疲労回復目的での最適な時間を先述しましたが、さらにご自身の体調に合わせることも検討してみると良いでしょう。

    黒にんにくは疲労回復以外にも滋養強壮、動脈硬化の予防、免疫力の向上などの効果効能があると言われています。
    どれもすべて健康な生活には欠かせないものばかりですね。
    これらの体の不調がある方は、ぜひ黒にんにくをお試しください。

    これに加えて、夏バテのような季節ならではの不調にも効果的です。
    黒にんにくはスタミナ食材の王様と呼ばれる白にんにくは熟成させたものです。
    自然食品ならではのパワーを生かして暑い夏を乗り切りましょう。

    □黒にんにくの効果の理由とは?

    黒にんにくにはたくさんの効果があることをご紹介しました。
    そして上記で紹介した効果効能以外にも、黒にんにくには冷え性改善の効果が期待されています。
    その人の体質などにも大きく関係していますが、特に女性の方で冷え性に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

    黒にんにくを摂取すると、交感神経が刺激されます。
    これにより体全体の血管が拡張されて血行の巡りが良くなりやすく、冷え性に効果的であると言われています。

    冬場などは女性に限らず男性も手先や足先が冷えてしまいがちでしょう。
    そのため冷え性の症状を和らげると言われている黒にんにくを食べることをおすすめします。

    加えて、風邪を引いた際にも効果的だと言われています。
    これは黒にんにくが免疫力を向上させることが理由として挙げられるためでしょう。
    黒にんにくには、スルフィド類と呼ばれる成分が含まれているのですが、このスルフィド類はウイルスを食べてくれます。

    さらに、ウイルスによる免疫力もつくため、二重の意味でも黒にんにくは風邪や病気に強いと言われています。
    そして最後に、今回紹介した黒にんにくの効果効能はあくまでも目安です。
    これは人それぞれ個人差があることをご了承ください。

    □まとめ

    今回は黒にんにくの食べる時間に着目して解説しました。
    食べる時間によって期待できる効果は異なるため、目的や体調に合わせた時間に摂取しましょう。
    当社では、日本有数のにんにく生産地である青森県田子産の黒にんにくを販売しております。
    気になる方はお気軽にご連絡ください。

  • 2020年08月10日更新

    黒にんにくを使ってできるレシピとは?料理を振る舞って人気者になろう!

    通常のにんにくを熟成させた黒にんにくは、国内外でも注目されている栄養価の高い自然食品です。
    日々健康な体を保つために効果的だと言われており、できれば毎日摂取したいですよね。
    そこで今回は、家庭でできる黒にんにくを使ったレシピを紹介します。

    □自宅で黒にんにくが作れる?炊飯器を使ったレシピとは?

    炊飯器を使った基本的な黒にんにくの作り方を紹介します。
    まずは用意するものから見ていきましょう。

    黒にんにくを作るのに必要なのは、以下のものです。

    ・にんにく中玉15個
    ・ガーゼまたはペーパータオル
    ・炊飯器の底に入る大きさの竹かごまたは竹ざる
    ・保温機能付き炊飯器

    黒にんにくを作ると、どうしても炊飯器ににんにくの刺激臭が残ってしまうため、できればそれ専用のものを用意することをおすすめします。
    炊飯器の代わりに保温ジャーも使用できますが、保温ジャーは保温温度が低く、熟成に時間がかかってしまうでしょう。

    また、蒸気口が無いため水分を上手く逃がせません。
    そのため保温ジャーを使う場合は、底に新聞紙を敷いてからにんにくを詰めましょう。
    通常の炊飯器を使用する場合は、竹かごや竹ざるを敷くだけで大丈夫です。

    次に、にんにくの上にガーゼまたはペーパータオルをかけます。
    あとは保温スイッチを入れて、熟成を開始させるだけです。
    10日~2週間ほど保温状態を維持したまま、1日1回はにんにくの上下を返したり、並べ替えたりしましょう。

    皮をむいて、黒くねっとりした状態になっていたら炊飯器から取り出します。
    ここでは水分の量を意識して判断しましょう。
    最後に1日干したら完成です。

    このように炊飯器を使うことによって、時間はかかりますが自宅で簡単に作れます。
    しかし、その調理中に発生するにんにく特有の匂いが気になる方や、黒にんにく用に炊飯器を購入するのは少しもったいないと感じられる方は、通販や店舗で購入してみても良いかもしれませんね。

    □黒にんにくを使ったレシピとそのポイントを紹介します

    黒にんにくはそのまま食べるとプルーンのようなフルーティーなおいしさを感じられますが、それが毎日となると飽きてしまう方もいらっしゃるでしょう。
    そこで今回は黒にんにくのアレンジレシピを3つ紹介します。

    1つ目は、黒にんにくがけサラダです。
    作り方は簡単で、黒にんにくを刻んだらお好みの生野菜に和えるだけです。
    ベビーリーフとミニトマトといった彩り豊かなものがおすすめですね。
    仕上げにオリーブオイル、バルサミコ酢、塩、コショウを混ぜ合わせたドレッシングを上からかけましょう。
    ドレッシングはシンプルですが、黒にんにくが加わることでフルーティーな味に仕上がります。

    2つ目のレシピは、ネギのパスタ黒にんにく添えです。
    まずはネギと出汁をオリーブオイルで炒めましょう。
    そこに茹でたパスタを和え、最後に黒にんにくを添えます。
    温かいパスタと黒にんにくが馴染んできたら、甘みがアップしてくるでしょう。

    最後に3つ目のレシピは、アイスと黒にんにくを合わせたものです。
    これは意外な組み合わせだと思う方が多いのではないでしょうか。
    市販のアイスに黒にんにくを添えるだけで、いつものアイスが味わい深くなるでしょう。
    バニラアイスやチョコレートアイスがおすすめです。

    □黒にんにくの皮を捨てるのはもったいない!皮のアレンジ方法とは?

    黒にんにくを食べる際に剥いた皮を、そのまま捨ててしまってはいませんか。
    その皮には思いがけない栄養素が多く含まれており、食べずに捨ててしまうのは非常にもったいないです。

    にんにくの皮の主な成分として有名なのは、ペクチンと呼ばれる食物繊維です。
    これは腸内環境を整える効果があり、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の繁殖を抑えてくれるでしょう。
    また、便の排出を促す効果もあるため、便秘でお悩みの方はにんにくの皮を積極的に摂取すると良さそうですね。

    その他にも、にんにくの皮には抗酸化物質のフェルラ酸やヒドロキシケイ皮酸が多く含まれています。
    抗酸化物質は、老化や病気のもととなる活性酸素の活動を抑制する効果が期待されています。

    それでは、この皮をおいしく食べるにはどのようなレシピがおすすめなのでしょうか。
    1番手軽に摂取できる方法は、にんにくの皮をスープにするレシピです。
    野菜の皮をスープにすると、栄養素の高い状態のまま効果を実感できるそうです。

    味付けは和風、洋風、中華のどれでも構いません。
    お好みのものを選択しましょう。
    テイストが決まったら、黒にんにくの皮をコトコト煮て、茶色くなってきたら皮の栄養分がしみ出てきた証拠です。

    皮をこして取り出したら完成です。
    さらにお好みの具材を入れても美味しそうですね。
    このように、黒にんにくの皮は簡単にアレンジして食べられるため、ぜひ気軽に挑戦してみてください。

    □まとめ

    黒にんにくを使ったアレンジレシピを紹介しました。
    黒にんにくの効果効能を最大限生かすために、ぜひ参考にしてみてください。
    当社ではモンドセレクション金賞を受賞した純黒にんにくを製造販売しております。
    新鮮さを重視した産地直送も可能なため、気になる方はお気軽にお問合せください。

  • 2020年08月06日更新

    黒にんにくの食べ方とは?おすすめの量も合わせて解説します!

    「黒にんにくは体に良いから、できるだけたくさん食べた方が良い」「普通のにんにくと違って食べやすいからついつい食べ過ぎてしまう」
    このような方はいらっしゃいませんか。
    実は黒にんにくの食べ過ぎには注意が必要です。
    今回の記事では、黒にんにくの食べ方とその適切な量を紹介します。

    □黒にんにくを摂取する1日の目安量とは?

    黒にんにくとは、通常のにんにくを熟成させた自然食品です。
    そのため薬のように摂取量が規定されているわけではありません。
    また、通常のにんにくと違って強烈なにおいや胃への刺激も少なく、生でも食べやすいと言われているのが大きな特徴でしょう。

    黒にんにくに刺激が少ない理由は、熟成過程によって殺菌成分の「アリシン」が「S-アリルシステイン」へと変化することにあります。
    にんにくのにおいや刺激の直接的原因であるアリシンは、黒にんにくに変化すると含有量が大幅に減少するため、生で食べても大きな問題はないと言われています。

    しかし、だからといって完全ににおいや刺激が消えたわけではありません。
    食べ過ぎてしまうと、その殺菌成分であるアリシンが腸内の悪玉菌と一緒に善玉菌も殺してしまい、胃もたれや胸やけを起こす恐れがあるでしょう。
    特に黒にんにくを食べ始めたばかりの人は、体が慣れていないためか不調を起こしやすいです。

    おすすめは、体調やその日の食事内容に合わせて1日1~3粒ほど食べることです。
    一度に大量摂取すると、過剰分は体の外に出ていってしまうため、せっかくの栄養素が無駄になってしまうでしょう。
    健康や美容効果を実感するためにも、毎日少しずつ気長に続けられると良いですね。

    さらに、ダイエットや美容、疲労回復といった黒にんにくを食べる目的に合わせて時間を変えて食べてみましょう。
    朝食べるとその日1日がエネルギッシュに活動でき、夜に食べると疲労回復に役立つと言われています。

    黒にんにくは、天然のサプリメントと呼ばれるほど栄養が豊富ですが、その中でもタンパク質を構成するアミノ酸がたっぷりと含まれています。
    特にチェックして頂きたい3つのアミノ酸について紹介しましょう。

    1つ目に紹介する「リジン」は、体内で生成できない必須アミノ酸の1つで、体内のたんぱく質の2~10パーセントをこのリジンが占めています。
    リジンには集中力向上や疲労回復効果があると言われており、免疫力のサポートもしているため、非常に重要なアミノ酸だと言えるでしょう。

    2つ目の「シスチン」は、体内で生成できる非必須アミノ酸です。
    しかし、体内で作られる分だけでは不足しがちなため、外から積極的に摂取する必要があります。
    シスチンには美肌や老化防止の効果があり、爪や髪の健康にも影響を与えるため、摂取すれば見た目を若々しく保ってくれるでしょう。

    3つ目に紹介するのは「アルギニン」です。
    アルギニンもシスチンと同じ必須アミノ酸の1つですが、乳幼児や成長期の子ども、筋肉を鍛えている方などは、基本的にアルギニンが不足状態にあると言われています。

    また、筋肉の合成や代謝をアップさせる効果があるため、不足する分を補うように適切な量を摂取しましょう。
    ちなみに黒にんにくは、通常のにんにくの約3倍の量が含まれていることが特徴的です。

    □黒にんにくのおすすめの食べ方とは?

    先述した通り、黒にんにくは熟成されているため、においや刺激が少ないので、生で食べられます。
    黒にんにくの成分をより効果的に摂取するためにも、できるだけ生に近い状態で食べると良いでしょう。

    おすすめは黒にんにくを薄くスライスしてサラダにトッピングする食べ方です。
    黒い色もアクセントになって、いつもとは違うおしゃれな料理に変身するでしょう。
    また、細かく刻んでドレッシングに加えてみても良いですね。
    黒にんにくのドレッシングはサラダだけでなく他の料理ともマッチするでしょう。

    より手軽に使いたい場合は、黒にんにくを醤油に漬けてしばらく置き、黒にんにく醤油を作ってみてはいかがでしょうか。
    お刺身の醤油や炒め物、煮物などにも使えてとても便利です。

    □黒にんにくのレシピを試してみよう

    黒にんにくは生で食べたり、調味料に混ぜたりするだけでなく、料理レシピへの活用もできます。
    ハンバーグや餃子、チャーハンやカレーに入れると、甘みと酸味がアクセントとなって料理の美味しさを引き立ててくれるでしょう。

    その中でも一番のおすすめは、黒にんにくのオムレツです。
    プレーンオムレツを作る途中で黒にんにくの1~2片を細かく刻んで入れ、一緒に焼きましょう。
    黒にんにくは甘みがあるため砂糖を使う必要はありません。
    ヘルシーな黒にんにくオムレツは、お子様にも喜ばれること間違いないです。

    □まとめ

    黒にんにくは生で食べる以外にもたくさんのアレンジ方法があります。
    適切な量を守って、自分好みの食べ方を見つけてみてください。

    当社では日本一の生産量を誇る青森県田子町で熟成された黒にんにくを製造販売しております。
    気になる方はお気軽にご連絡ください。

Information