青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2020年10月26日更新

    疲れた時には黒にんにくを!効果を解説します!

    最近、身体が疲れやすいというお悩みを抱えていらっしゃる方はいませんか。
    時間に追われることの多い現代社会では、疲れをとる余裕がなかなかなく、疲れが抜けない方も多いのでは。
    そんな時には、疲労回復効果が期待される黒にんにくがおすすめです。
    今回は、実際にどのような効果があるのかを詳しく解説します。

    □黒にんにくとにんにくの違い

    にんにくは古くからスタミナをつける食材として、一般的に知られています。
    にんにく自体に豊富な栄養があるため、非常に身体に良い食材と言えるでしょう。
    漢方やサプリメントの中にもよく使われていることからもそのことがよく分かりますね。

    ただ、にんにくは非常に独特な味と臭いをもっているため、そのまま食べることは非常に困難です。
    実際に、そのままにんにくを食べた経験のある方は少ないのではないでしょうか。
    いくら身体に良いと言っても生の状態でそのまま食べるのは美味しくないため、毎日続け辛いですよね。
    また、刺激があるので食べ過ぎると体調不良を起こすことがあり、おすすめできません。

    さらに、にんにくの臭いは食べた後もなかなか消えず、しばらく口や身体が臭くなることがあります。
    口臭は歯磨きで改善されると言われていますが、ニオイの成分が血液中に取り込まれると、体臭がすることもあり、次の日も臭くなることがあります。
    重要なイベントの前にはにんにくの入った料理はなるべく避けたいところですよね。

    一方、黒にんにくのニオイはどうでしょうか。
    黒にんにくという名前や見た目を見ると、にんにくが黒くなっただけで、味やニオイにそれほど違いはないと思われる方が多くいらっしゃいます。
    にんにくを熟成させたものが黒にんにくで、これはにんにくの1種類ではなくほとんど別の食べ物です。
    実際、生にんにくと黒にんにくは見た目も味もニオイも違うのですよ。

    黒にんにくの味は、辛みがなくなり、ドライフルーツのような甘酸っぱい味へと変わります。
    また臭いについても、黒にんにくに熟成させる中で、にんにくのニオイ成分が別の物質に変化しているため、食べた後のニオイを心配する必要はありません。
    そのため、食べる時間帯を気にする必要がなく、いつでも手軽に食べることが可能です。

    生にんにくのニオイが苦手だった方や、口臭や体臭が気になって避けていた方にも黒にんにくはおすすめです。

    □黒にんにくに特有の効果

    もともと栄養のあるにんにくですが、黒にんにくへと変化する過程で栄養が増しています。
    熟成させることで、にんにくにはほとんどなかった栄養も出てきます。
    ここからは、それらの栄養と効果について詳しく解説します。

    *S-アリルシステイン

    にんにくを熟成させることによって、S-アリルシステインが生成されます。
    これは元々にんにく特有の成分ですが、生の状態であるとにんにくにおいても非常に微量な成分です。
    しかし、生にんにくを熟成させることで、この成分が飛躍的に増えるため、黒にんにくが健康に良いと言われる理由の1つとなっているでしょう。

    そして、この成分は血液の流れをよくする効果があるといわれています。
    血液の流れが良くなると、冷え性の症状が改善したり、代謝が良くなったりします。
    その結果として疲れにくい身体ができるため、疲労回復力の向上が期待できますね。

    *ポリフェノール

    ポリフェノールとは植物由来の抗酸化物質であり、黒にんにくに含まれるポリフェノール量は野菜の中では最も多い部類であるといわれています。

    この成分の効果としては、強い抗酸化作用が挙げられ、老化現象の原因となる活性酸素を除去する効果があるとされています。
    人間の身体の中にも、活性酸素を取り除く抗酸化機能が備わっていますが、その機能は40代を過ぎると衰え始めると言われています。

    人間は多くの細胞から構成されており、身体の細胞が酸化すると劣化が起こってしまいますよね。
    この劣化がいわゆる老化現象です。
    年齢を重ねていくたびに衰えていくのは仕方のないことですが、なるべくそのスピードは緩やかにしたいですよね。

    だからこそ、本来もっている抗酸化機能を補助するために、食事でポリフェノールを積極的に摂取したいところです。
    黒にんにくには、味にクセがないのでお料理に加えたりすることで継続して摂取できます。

    *アミノ酸

    アミノ酸はよく知られている栄養素で、人間の身体を維持するために必要不可欠なものです。
    人の身体の2割はたんぱく質で構成されていますが、実はこのたんぱく質の成分がアミノ酸です。
    さらに、体内で生成できない必須アミノ酸というものもあるため、日々の食事でしかとれない栄養素が存在します。
    こうしてみると、この成分が重要な栄養素だということがお分かりいただけたでしょうか。

    そして、黒にんにくには、生にんにくの約1.5倍の成分が含まれており、非常に効率良くアミノ酸を摂取できます。

    黒にんにくに含まれているアミノ酸の一種としてGABAという成分がありますが、このGABAには身体をリラックスさせる効果があるといわれています。
    ストレスによってなかなか睡眠のとれない方は、リラックス効果によって寝つきが良くなる可能性があり、疲労回復効果が期待できます。

    □まとめ

    今回は黒にんにくの効果について詳しく解説しました。
    黒にんにくにはたくさんの栄養素が含まれており疲労回復にも効果が期待できますね。
    この記事で黒にんにくの新たな可能性について知っていただけると幸いです。
    当社では栄養たっぷりの黒にんにくを販売しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

  • 2020年10月22日更新

    黒にんにくの効果をご存知ですか?専門家が解説します!

    最近身体が疲れやすい、という方はいらっしゃいませんか。
    そんな時には、健康食品として注目されている黒にんにくがおすすめです。
    ただ、黒にんにくが健康に良い効果があると聞いたことはあっても、どういった効果があるのかご存知でない方も多いのではないでしょうか。
    そこで今回は、黒にんにくの効果について解説します。

    □黒にんにくの効果

    黒にんにくには、さまざまな栄養素が豊富に含まれており、高い健康効果や美容効果が見込まれています。
    ここでは実際に含まれている栄養素とその効果についてご紹介します。

    *アルギニン

    黒にんにくに含まれるアルギニンは、一般的なにんにくの約3倍といわれています。
    アルギニンは、天然に存在するアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進したり、免疫力を高めたりする効果が見込まれます。
    成長ホルモンは年齢と共に分泌量が減少してしまうため、普段の食事で補う必要があるでしょう。

    成長ホルモンには、代謝を促して筋肉を強化する効果があるため、引き締まった体型作りに非常に有効です。
    アルギニンは、ダイエット中の方や運動中の方、筋肉をつけたい方は注目の栄養素ですね。
    また、筋力トレーニングをされる方が摂取される、サプリメントにもアルギニンが含まれていることが多いです。

    さらに、疲労感の原因物質であるアンモニアを除去する効果や、肌のバリア機能を向上させる可能性もあり、非常に幅広い効果が期待されます。

    *ポリフェノール

    黒にんにくにはポリフェノールが豊富に含まれています。
    ポリフェノールとは植物由来の抗酸化物質であり、黒にんにくに含まれるポリフェノール量は野菜の中でトップクラスの多さです。

    ポリフェノールの効果としては、強い抗酸化作用が挙げられ、老化現象の原因となる活性酸素を除去する効果があるとされています。
    活性酸素は、生活習慣病やシミやソバカスの原因と言われているため、ポリフェノールにはこれらを予防する効果が期待できるでしょう。

    さらに近年では、アレルギーの症状を緩和する抗アレルギー作用があるとの研究もされており、アレルギー予防効果が期待されています。

    *S-アリルシステイン

    S-アリルシステインは、にんにくが黒にんにくへと熟成する過程で生まれます。

    ポリフェノールと同様に、S-アリルシステインにも強い抗酸化作用があり、老化現象の原因となる活性酸素を除去する効果が期待されています。
    また、腸内の悪玉コレステロールと活性酸素が結びつくのを予防する効果もあり、生活習慣病に対しての効果も見込めるでしょう。
    さらに、S−アリルシステインには、リンパ球内の細胞を活性化させる効果もあるとされており、免疫力の向上の可能性があります。

    *その他の栄養素

    その他にもリジンやシスチンといった栄養素が存在します。

    まず、リジンは体内で作れない必須アミノ酸の1種です。
    リジンには、脳が必要とする栄養素であるブドウ糖を、脳に届きやすくする機能があり、集中力のアップや疲労回復の効果が期待できるでしょう。
    その他にも、肝機能を向上させ免疫力のサポートをする、育毛を促進するといった効果も存在します。

    このリジンが不足すると、身体の不調を起こす可能性があるため、積極的に摂取したい栄養素といえるでしょう。

    つぎに、シスチンは体内でも生成できる非必須アミノ酸に分類されます。
    シスチンはリジンと異なり、体内でも作られますが、それだけでは不足しがちなため、積極的に摂取したいアミノ酸です。

    シスチンには強い抗酸化能力と代謝サポート能力があります。
    シスチンの持つ高い美容効果はすでに注目されており、様々なスキンケアサプリメントに含まれています。

    黒にんにくには、先ほどご紹介したポリフェノールやS-アリルシステインも含まれているため、美容に良い食品であると言えますね。

    □黒にんにくの摂取量

    黒にんにくは食品であるため、薬やサプリメントのように1日の摂取量などは特に決まっていません。
    そのため、1日に必ずこの量を摂取しなければならないという決まりもなく、体調やその日の食事内容に合わせて摂取量を変更できます。
    目安量としては1日1粒から3粒程度が良いとされています。

    黒にんにくを食べ過ぎて発生する、重篤な副作用は特に報告されていませんが、数多く食べれば、大きな効果が期待されるというものではありません。
    そのため、1度に大量に食べるのはおすすめしません。
    栄養を摂取しすぎても、余分な栄養は身体の外に排出されるため、無駄にしないためにも目安量を参考にし、適度な分量を摂取されることをおすすめします。

    また黒にんにくには、この時間に食べなければいけないという時間帯の決まりも特にありません。
    ただ、先ほどご紹介した黒にんにくに含まれるアルギニンは代謝を促すため、運動をされる方は、運動の30分から1時間前に食べることで運動の効果向上が期待できます。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの効果についてご紹介しました。
    サプリメントを飲まずに、これだけの栄養素が摂取できるのはうれしいですよね。
    この記事で、黒にんにくに豊富な栄養素があることを知っていただけると幸いです。
    黒にんにくにご興味のある方は、当社までご気軽にご相談ください。

  • 2020年10月18日更新

    黒にんにくと女性ホルモンの関係とは?解説します!

    黒にんにくには、疲労回復や滋養強壮に効果があるとして、近年非常に注目されている健康食品です。
    しかし、この効果であると男性向きの健康食品だと考えられる方も多いのでは。
    実際はそんなことはなく、女性にも魅力的な効果がたくさんあります。
    そこで今回は黒にんにくと女性ホルモンの関係について解説します。

    □黒にんにくの効果

    にんにくには様々な栄養が含まれていますが、代表的なものにS-アリルシステインが挙げられます。
    さらにこのS-アリルシステインはにんにく特有の成分で、にんにくが注目されている理由の1つでしょう。
    また、この成分は、生のにんにくにはほとんど含まれていない抗酸化作用のある成分です。

    S-アリルシステインは腸から吸収されやすく、活性酸素と悪玉コレステロールの結合を予防するという働きがあります。
    活性酸素とは、身体を守るために必要なものですが、細胞を攻撃するため、老化現象の原因になるとも言われています。
    シミが増えてしまうのは嫌ですよね。
    S-アリルシステインは活性酸素の働きを抑えることできるため、お肌のバリア機能を維持し、美容に良い影響を与えるとされています。

    また、血液をサラサラにする効果があり、身体の調子を整える効果があります。
    血液がサラサラになると、免疫力や疲労回復力があがるともいわれているため、良いことづくめですね。

    その他にも、にんにくにはアミノ酸が豊富に含まれています。
    近年、ストレスを抑えてリラックスする効果があると注目されているGABAもアミノ酸の一種です。

    GABAはストレスを抑制する効果だけでなく、快適に眠れるようにリラックスさせる効果があり、質のいい睡眠時間を確保できるといわれています。
    最近、よく寝ているにも関わらず、疲れが取れにくいという方が増えていると話題になっているのをご存知でしょうか。
    ストレスの多い現代社会では、ストレスが原因となって身体に様々な悪影響が出ている方も多いため、GABAは注目されている成分です。

    □黒にんにくと女性ホルモン

    女性ホルモンであるエストロゲンは、年齢を重ねると分泌量が減少する傾向にあります。
    体内のホルモンバランスが乱れると身体のさまざまな箇所で不調がでるため、生活習慣や食事に注意が必要です。

    黒にんにくに含まれているアリアチミンという成分は、ホルモンバランスを調整する機能をもっており、女性ホルモンをはじめとした、ホルモンバランスが乱れがちな更年期の方には効果的だとされています。

    また、更年期になると冷え性でお悩みになる方も多いでしょう。
    冷え性の原因としては、女性ホルモンのバランスの乱れの他にも、血液の巡りが悪くなることも原因となることがあります。
    にんにくには交感神経を刺激する効果があり、その結果として全身の血液の巡りが良くなり、体温が上がるため、冷え性に効果が出ると言われています。

    クーラーでよく冷やした部屋の中や、冬場の寒い時期には手足の先が冷えてしまいがち。
    そんな時、黒にんにくを食べることによって、冷え性の症状を緩和できる効果が期待できるので、冷え性でお悩みの方にはおすすめです。

    その他にも先ほどご紹介した、S-アリルシステインをはじめとした、ポリフェノールやアミノ酸といった成分は、お肌のトラブルを予防する効果があるとされています。
    お肌の状態に不安のある方や、これから何か対策をしたいとお考えの方に非常におすすめです。

    □男性にもおすすめの黒にんにく

    黒にんにくをおすすめするのは女性だけではありません。
    黒にんにくに含まれるアリシンという成分は、血管を広げる作用があり血行を良くする効果があります。
    また、黒にんにくの熟成によって増加するアルギニンという成分もテストステロンの分泌を促進すると考えられています。

    テストステロンは、男性らしい身体をつくるために必要な男性ホルモンの一種です。
    テストステロンは、一般には筋力を増加する働きがあるとされ、運動やトレーニングで身体を鍛えておられる方々には非常に注目されている成分でしょう。
    また、精力増強の効果もあるとも言われており、テストステロンを含んだ健康食品やサプリメントが様々な場所で販売されています。

    実際には、黒にんにくにはテストステロンの成分そのものが含まれているわけではありません。
    ただ、黒にんにくに含まれるアリシンは、血管を広げる作用があり血行を良くします。
    他にも、黒にんにくの熟成によって増加するアルギニンという成分もテストステロンの分泌を促進すると考えられています。
    こうした作用はテストステロンの働きを活性化させるため、体内のテストステロンの量を増やすことに繋がるとされています。

    加齢による衰えと感じていたことも、テストステロンの不足によるものであるケースもあるでしょう。
    これからも元気いっぱいに活動したい男性には黒にんにくは非常におすすめの食べ物であるといえます。

    □まとめ

    今回は黒にんにくと女性ホルモンの関係について解説しました。
    黒にんにくには男性だけでなく、女性にも嬉しい効果がたくさんありますね。
    この記事で、黒にんにくの魅力について知っていただけると幸いです。
    当社においても、栄養豊富の黒にんにくを販売しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 2020年10月14日更新

    黒にんにくって臭いの?臭いについて専門家が解説します!

    近年、健康食品として注目されている黒にんにく。
    しかし、にんにくのように臭いが気になって、黒にんにくの購入をためらっている方も多いのではないでしょうか。
    実は黒にんにくでは、にんにくとは違い、ほとんど嫌な臭いがしません。
    そこで今回は、黒にんにくが臭わない理由について詳しく解説します。

    □なぜにんにくは臭うのか

    食欲をそそるにんにくは様々な料理に使われています。
    とても美味しいのですが、にんにくの気になる点といえば、あの特有の臭いですよね。
    ここでは、にんにくの臭いの原因の成分について解説します。

    にんにくの臭いは、アリシンという物質が主な原因となっています。
    にんにくを調理したり、口の中で噛んだりすることで、にんにくの細胞が傷つき、アリシンという成分が発生します。

    そのアリシンが酵素であるアリナーゼに分解されると、特有の臭いを放ちます。
    にんにくを細かくする程アリシンはたくさん発生するため、細かく砕いたり、すり潰したりすると、にんにくの臭いがより強くなるでしょう。
    血液中にアリシンの成分が取り込まれると、肺を通しても息から臭いが排出され、しばらく口の中がにんにく臭くなります。
    その特有の臭いが口の中に残ることで、強い口臭の原因になってしまうわけですね。

    さらに、血液中の成分が汗となって排出されることで、汗からも特有の臭いがすることがあります。
    血液中に入ると体外に排出されるまで、体の色々な箇所からにんにくの臭いがしてしまうため、にんにくを食べる際には、食事の後や翌日のことを考えながら食べる必要があります。
    大事なイベントの前にはにんにくを食べるのは控えたほうがいいかもしれませんね。

    □にんにくの臭いを抑えるための方法

    先ほどご紹介したように、にんにくの影響で身体から出る臭いには大きく分けて、口臭と体臭の二種類があります。
    にんにくは様々な料理に使用されているため、うっかり食べてしまうこともありますよね。
    そんな時のために、ここでは食べる前、食べた後にできるにんにくの臭いを抑える方法をご紹介いたします。

    口臭については、よく歯磨きをすれば約3時間で消えてしまうそうです。
    そのため、にんにくを食べた後によく歯磨きすれば、口臭はそれほど気にする必要はないでしょう。

    一方、体臭によるにんにくの臭いは約16時間残るといわれています。
    にんにくが体の中で消化・吸収されたあと、血液によって臭いの成分が全身に運ばれて成分が体内に残ってしまうためでしょう。
    血液を通して全身に運ばれている分、口臭に比べて臭いが消えるまでに時間がかかります。

    体臭については主に汗を通して臭いが排出されるため、なるべく早く臭いを消したい方は、運動をしたり、お風呂やサウナに入ったりすることで汗の排出を促し、臭いを軽減できるといわれています。
    ただ、体臭については体質や汗の出る量によって左右されるため、完全に臭いが消えるまで48時間程度かかる可能性もあるでしょう。

    他にも、にんにくの臭いを抑えるには、にんにく料理を食べる前に緑茶や牛乳といった、にんにくの臭い成分を抑える飲み物を飲んでおくこともおすすめです。
    食べた後には、ブラックコーヒーを飲んだり、口臭対策用のガムやカプセルを使用したりすることで、臭いが軽減できます。

    にんにくを食べる際にはぜひ参考にしてみてください。

    □黒にんにくには臭くない

    黒にんにくは、生のにんにくを長期間一定の温度で熟成させてできたものです。
    熟成させることで、白かったにんにくは黒く色が変化しますが、変化するのは見た目だけではありません。
    長期間にんにくを熟成させることにより、特有の臭いの原因であるアリシンは取り除かれるのです。

    アリシンが取り除かれても、食べる時に甘酸っぱい匂いはします。
    ただ、熟成前のにんにくのような口臭や体臭につながるような嫌な臭いは放ちません。
    また、黒にんにくの味は、ドライフルーツの味によく似ているといわれており、熟成前のにんにく特有の風味も薄れています。

    にんにく特有の臭いや味が変化するため継続して食べやすく、毎日食べても口臭や体臭を気にする必要はありません。

    そして、黒にんにくを熟成させることによって、生にんにくには含まれていない新成分S-アリルシステインがうまれます。
    このS-アリルシステインは健康成分として現在注目されており、老化現象の原因となる活性酸素を除去する効果が期待されています。

    また、腸内の悪玉コレステロールと活性酸素が結びつくのを予防する効果もあり、生活習慣病に対しての効果が見込まれます。
    さらに、S−アリルシステインには、リンパ球内の細胞を活性化させる効果もあるとされており、免疫力の向上が期待できるでしょう。

    健康成分が増加し、熟成前のにんにくがもっていた味や臭いが変化するため、黒にんにくは別の食べ物になったといっても過言ではないでしょう。
    健康食品として黒にんにくが注目される理由がよく分かりますね。

    □まとめ

    今回は黒にんにくの臭いについて解説しました。
    熟成前のにんにくとは違い、黒にんにくでは嫌な臭いはしないため、毎日食べても口臭・体臭の心配はありません。
    この記事で、黒にんにくの良さについて知っていただけると嬉しいです。
    当社においても黒にんにくを販売しておりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

  • 2020年10月10日更新

    黒にんにくのおすすめの食べ方を紹介します!

    近年、豊富な栄養素を含んでいることから、健康食品として注目されている黒にんにく。
    黒にんにくという名前は聞いたことがあっても、その食べ方はご存知でない方も多いのではないでしょうか。
    また、通常のにんにくと何が違うのかも気になりますよね。
    そこで今回は、黒にんにくの基本とおすすめの食べ方をご紹介します。

    □黒にんにくの基本

    黒にんにくという食べ物は知っているが、どうして健康食品といわれているのかと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    食べ方をご紹介する前に、黒にんにくとは何かについて説明します。

    *黒にんにくとは

    黒にんにくとは、にんにくを材料とした加工食品のことで、にんにくを一定の温度で熟成させ、製造したものです。
    熟成後のにんにくは、熟成前に比べて栄養素が高まることから、健康食品として注目されるようになりました。

    熟成前のにんにくは白いですが、熟成後の見た目は黒く変化するため、黒にんにくと呼ばれています。
    黒にんにくでは、にんにく特有の辛味がなくなり、ドライフルーツのような甘みと食感に変化しています。
    また、にんにく特有の強い香りもなくなり、食後の臭いを気にする必要がないため、にんにくに比べ、非常に食べやすくなっています。

    つまり、元より豊富な栄養素をもつにんにくの効果を更に高め、いつでも気軽に摂れるようになったのが、黒にんにくと言えるでしょう。

    *黒にんにくの効果

    黒にんにくにはアルギニンいう栄養素が豊富に含まれています。
    黒にんにくに含まれるアルギニンは、一般的なにんにくの約3倍といわれています。
    アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進し、免疫の効果を高める機能があります。

    筋力トレーニングをされる方が摂取されるサプリメントにも、アルギニンが含まれていることが多く、疲労感の回復やトレーニングの効果向上が期待できるでしょう。
    また、アルギニンにはコラーゲンの生成を促す効果もあるため、お肌のバリア機能を向上させる可能性があります。

    その他にも、黒にんにくにはポリフェノールという栄養素も含まれています。
    にんにくに含まれるポリフェノールの量は野菜の中でも非常に多いです。
    ポリフェノールが豊富に含まれた食品はそれほどないため、黒にんにくは貴重な栄養源となるでしょう。

    ポリフェノールには、体内の活性酸素の働きを抑える機能があります。
    活性酸素は老化現象を引き起こし、生活習慣病やシミ・ソバカスの原因となることがあります。
    黒にんにくにはポリフェノールが多く含まれているため、これらの症状を抑える効果が期待できますね。

    □黒にんにくのおすすめの食べ方

    黒にんにくはサプリメントや薬とは異なり、分量に特に決まりはありません。
    また、黒にんにくは胃への刺激も少なく、食べることによって引き起こされる重篤な副作用もほとんどありません。
    つまり、お好きな時間にお好きな分だけ食べられます。

    ただ、副作用があまりないといっても、一度にたくさんの量を食べ過ぎるのはおすすめしません。
    なぜなら、食べれば食べるほど良い効果が出るわけではなく、身体にとって余分な栄養は体外に排出されてしまうからです。
    1日に1片から3片程度が適量とされているため、黒にんにくを無駄なく楽しむためにもこの量を参考にして食べるようにしましょう。

    時間の指定も特にありませんが、運動をされる方におすすめの時間帯は、運動の30分から1時間前といわれています。
    アルギニンの働きにより身体の代謝が促されることで、トレーニングの効果向上が期待できるからです。
    トレーニングや運動の前にぜひ試してみてください。

    *そのまま食べる

    ここからは具体的な食べ方をご紹介します。

    黒にんにくの食べ方として最もシンプルなのが、皮を剥いてそのまま食べるという、食べ方です。
    通常のにんにくとは異なり、特徴的な味や臭いはしないため、この食べ方が可能でしょう。
    乾いた硬い薄茶色の皮を剥き外し、黒い中身をそのままパクリと食べます。
    黒にんにくは柔らかいため、潰さないように取り出すのが美味しくいただくためのポイントです。

    最も手軽に食べられる食べ方で、黒にんにくの味を楽しめるため、非常におすすめです。

    *様々な料理に使用

    黒にんにくは味にクセがないため、様々な料理に使用できます。
    例えば、黒にんにくを適度な大きさにカットし、サラダやパスタに添えることで、トッピングとして美味しくいただけます。
    黒色が加わることで、お料理の見た目の印象も変えられますよね。

    他にも、ステーキの洋風料理のソースとして使用したり、おにぎりの具として使用したりする食べ方もおすすめです。
    食生活の一部に黒にんにくを取り入れるためにも、様々な料理に黒にんにくを加えてみるのもいいですね。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの食べ方についてご紹介しました。
    色々な食べ方ができることは、毎日継続して食べる上で非常に嬉しいですよね。
    この記事を参考にして、ぜひ色々な料理に黒にんにくを活用してみてください。
    また、当社においても黒にんにくを取り扱っておりますので、ご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

Information