青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2021年10月18日更新

    黒にんにくは食べ過ぎ注意!摂取量を正しく守って健康に!

    黒にんにくは「天然のサプリメント」と言われるほど栄養価が高く、健康面での効果を期待できる食品ですが、食べ過ぎには注意が必要です。
    健康になるために摂取したとしても、もしそれで体調を崩していては元も子もありませんよね。

    そこで今回は、黒にんにくの適切な摂取量について解説します。
    ぜひ参考にしてください。

    □黒にんにくの安全な摂取量について解説します!

    黒にんにくは加熱・熟成を行なっているので、生のにんにくよりも低刺激であり、生の状態より多く食べても安心だと言えます。
    体質によって人それぞれではありますが、にんにくは1日5粒くらいであれば体調に問題ない方もいらっしゃるので、黒にんにくの場合は1日5粒以上食べても大丈夫だと言えますね。

    しかし、それより少ない1日1〜2粒で黒にんにくの効果を実感する方も多くいらっしゃるので、たくさん食べれば良いというわけではないでしょう。
    多く食べたいという方であれば、1日3〜5粒程度であれば安全に食べられるでしょう。

    同じ時間に食べなければならないといった、効果的な食べ方やタイミングの決まりはありませんが、朝に黒にんにくを食べるとその日はアクティブに活動でき、夜に食べるとその日の疲労回復効果が期待できる場合もあります。
    代謝や血流が上がることで、運動のパフォーマンス向上につながるので、運動をする場合はその30分〜1時間程度前に食べると効果を実感できるかもしれません。

    最大どれくらい食べて良いかというと、1日10粒以上食べても、健康状態よく保って効果を実感している方もいらっしゃいます。
    もちろん、黒にんにくを最大どれくらいの量食べられるかに関して個人差はありますが、それくらいは食べても安全性に問題はないと言えますね。

    □食べ過ぎは避けた方が良い理由を解説します!

    たくさん食べても問題がない可能性が高いですが、カロリーについては注意が必要です。
    1粒あたり10キロカロリー前後なので、それほど気にする必要はないとお考えかもしれませんが、食べ過ぎれば当然カロリーの取りすぎになることもあります。

    使い切れなかったカロリーは脂肪として蓄えられるため、太る原因になります。
    もし「黒にんにくをたくさん食べたい」とお考えならば、運動前や朝食時に食べるなど、対策をした方が良いですね。
    黒にんにくから摂取した糖分が、活動のエネルギーとして消費されるので、それらのタイミングで食べるのをオススメします。

    また、白にんにくに含まれるようなアリシンは、大量に撮ると腸内環境を乱して体調不良を招く可能性がありますが、黒にんにくにはほとんどないために心配する必要はなく、目立った副作用もないとされています。
    しかし、食べ過ぎによっては胃の調子が悪くなり、下痢などの悪影響を招く方もいらっしゃるので、体調を崩しやすいという方は、特に食べ過ぎは避けた方が良いでしょう。

    せっかく黒にんにくから栄養をとったとしても、過剰に摂取した分は効果的に働かない可能性があります。
    これから黒にんにくを食べ始める方は、まずは少量から初めてみて、慣れたら量を増やしていくなど、気長に続けていくと良いでしょう。

    □黒にんにくを食べてはいけない人について解説します!

    黒にんにくを食べることで健康になる方も多くいらっしゃいますが、食べてはいけない人もいるので注意が必要です。
    具体的には、特定の処方箋を服用している方やアレルギー反応が出る可能性がある方、医師からにんにくの摂取を止められている方などがいらっしゃいます。
    普段から薬を服用している方は、特に飲み合わせに注意が必要ですね。

    糖尿病の薬や経口避妊薬など、飲み合わせの悪い薬がいくつかあります。
    作用が過剰に働いたり、効果を薄めてしまったりと様々な悪影響を引き起こすので、薬を日常的に服用している方は、ご自身で一度お調べになった上で安全に黒にんにくを摂取できると良いでしょう。

    また、過去ににんにくを食べてアレルギー反応が出た方も、黒にんにくは食べない方が良いですね。
    同じようなアレルギー反応を引き起こす可能性があります。
    にんにくアレルギーの症状としてはアナフィラキシーショックや蕁麻疹、アトピー性皮膚炎などを引き起こす危険があるので、注意が必要です。

    医師から黒にんにくを止められている方も摂取しない方が良いですね。
    そのほかにも、治療中の疾患がある場合やにんにくを食べて体調を崩したことがある方、健康面の問題から食事制限を行なっている方には摂取はオススメしません。
    何か気になることがある場合は、担当医に必ず確認・相談をした上で、安全に黒にんにくを摂取しましょう。

    □まとめ

    黒にんにくの適切な摂取量について解説しました。
    健康に過ごすためにも、食べてはいけない方に関してはしっかりと注意をして、安全に黒にんにくを摂取できると良いですね。
    当社では、家庭用から贈答用まで幅広いジャンルのにんにくを取り扱っています。
    購入をお考えの方は、ぜひご利用ください。

  • 2021年10月14日更新

    黒にんにくは美容に良い?気になる効果について紹介します!

    黒にんにくは健康に過ごすための効果が期待できるだけでなく、美容にも良いとされています。
    今回の記事では、そんな黒にんにくの気になる効果について詳しく解説します。
    健康や美容にお悩みの方は、是非参考にしてください。

    □黒にんにくについて詳しく解説します!

    黒にんにくとは、生のにんにくを熟成発酵させたものを指します。
    化学薬品や添加物は一切使用しない完全自然食品であり、高温・高湿という一定の管理された環境の中で、三週間ほど自己発酵させて作ります。
    手間と時間をかけて熟成発酵させることで、白かったにんにくは柔らかく弾力のある、黒いにんにくに変化するのです。

    黒にんにくは、抗酸化作用のある「ポリフェノール」や「S-アリルシステイン」、健康維持に一役買ってくれる「アミノ酸」など、体に良い効果をもたらす成分が生のにんにくよりも豊富に含まれています。
    見た目の変化だけでなく、発酵・熟成を経て健康成分もアップしているというわけです。
    にんにくの代表的な栄養成分であり、滋養強壮や疲労回復に効果抜群な「アリシン」や「スコルジニン」を黒にんにくが補ってくれます。

    研究結果によって、黒にんにくの効果の検証は期待できるものとされており、薬感覚で健康に過ごすために毎日摂取している方も多くいらっしゃいます。
    継続的に黒にんにくを摂取することで、様々な効果が期待できるかもしれませんね。

    にんにくのイメージとして、強烈なニオイする方が多くいらっしゃるでしょう。
    そのような一般的なイメージとは裏腹に、黒にんにくは発酵を経て強いニオイが抑えられ、マイルドな味わいで食べた後でもニオイがあまり気にならないのが特徴です。

    干しぶどうや干し柿のような甘酸っぱい味わいが特徴なので、もし生のにんにくが得意でない方でも食べられるかもしれませんし、子供から大人まで幅広い世代に美味しく食べられる食品になっています。

    黒にんにくは長時間塾生によって、通常よりも強力な抗酸化作用と抗がん作用が期待できる「S-アリルシステイン」や、動脈硬化にも効果があるとされる「ポリフェノール」や「シクロアリイン」などがアップされており、それは数倍〜数十倍までも増加していると分析結果から明らかになっています。

    通常のにんにくよりも約10倍の抗酸化作用が期待できるため、美容な健康にも良い影響を及ぼすとされており、その圧倒的な抗酸化パワーから注目されています。

    もちろん健康維持のためにはバランスの良い食事や体を動かすことが重要ですが、黒にんにくによって免疫力の向上や抗酸化力、代謝の3つを高めることができる可能性があるので、アンチエイジングにも直結でき期待できる食品なのです。

    □黒にんにくのお肌や髪への効果を紹介します!

    抗酸化作用によって、体が老いていく原因になる活性酸素を除去してくれる役割を持つだけでなく、美容効果も期待できます。
    活性酸素は、不規則な生活やバランスの悪い食事、日々の生活で蓄積されたストレスなど、様々な要因から増えていきます。

    生きていく上で避けては通れない物質ではありますが、そんな物質も排除してくれる効果が期待できるのが、黒にんにくという食品なのです。

    研究結果によると、体内の50%の活性酸素を除去するために必要な成分を摂取するために必要なニンニクの量は、生の場合であれば114.9mgなのに対して、黒にんにくは7.3mg とかなり少ない量を摂取すれば良いでしょう。
    「あまり多くの量を食べる自信がない」という方でも、黒にんにくであれば継続して食べられるのでオススメです。

    また、活性酸素を除去することで、加齢にもアプローチできるのは嬉しい点です。
    活性酸素は、細菌やウイルスを分解する役割を持ち、血液の循環をサポートするなど良い面もありますが、余分な活性酸素は、血液や血管をはじめとして、肌のハリの低下やシワを増やすなどの老化現象をもたらします。

    しかし、黒にんにくのような抗酸化作用があるものを積極的に摂取すれば、このような悪い効果を防げるのです。
    健康に過ごせるだけでなく、綺麗な自分を保つためにも、これらの効果が期待できる黒にんにくはもってこいの食品なのです。

    このほかの効果としては、自律神経を調整する「アリアチミン」も含まれており、体を常にベストな状態で保つ効果が期待できます。
    「風邪をひきやすい」「疲れがなかなか取れない」という方にも、免疫力や活力アップによって効果が期待できる食品です。
    また、更年期や冷え性に日々悩まされている方にも、改善できる場合があるので、黒にんにくを購入して試してみるのをオススメします。

    □まとめ

    黒にんにくの気になる効果について詳しく解説しました。
    うまく日々の食事に取り入れ、おやつ感覚で食べれば、効果が期待できる食品なので、健康に過ごしたいとお考えの方は一度購入することをオススメします。
    当社では、家庭用から贈答用、量に関しても幅広くにんにくを取り扱っているので、ご利用ください。

  • 2021年10月10日更新

    黒にんにくって本当に健康に良いの?気になる効果について紹介します!

    黒にんにくを摂取すると、様々な健康効果が期待できるのをご存知でしょうか。
    日頃の健康維持のためにも、少量からでも摂取することをオススメしています。
    今回の記事では、そんな黒にんにくの健康効果について詳しく解説します。
    美容・健康面でお悩みの方は是非参考にしてください。

    □黒にんにくの詳しい概要について紹介します!

    にんにくと言えば白いものを想像するのが普通ですが、その白い状態から3週間〜4週間程度、高温・高湿という一定の環境下にて熟成発酵させると黒にんにくが出来上がります。
    化学薬品や添加物は一切使用せずに、手間と時間をかけて熟成発酵させることで、通常のにんにくとは見違えるほど柔らかく、弾力もある黒にんにくになります。

    「なぜ黒色になるのか」と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょうが、これは熟成発酵させることで引き起こるメイラード反応が関係しています。
    生のにんにくのアミノ酸と糖が反応して変化が起きるもので、始めは白色から薄い茶色へ変化し、濃い茶色になって最終的には真っ黒のにんにくが完成します。
    これは、食パンの耳や味噌、チュコレートなどと同じメイラード反応だと考えられていますね。

    にんにくをイメージしたときに一番最初に思い浮かぶものは、強烈なニオイと刺激のある味でしょう。
    しかし、そのイメージとは反対に、黒にんにくは時間をかけて熟成することで柔らかく、甘みのある味わいが実現するので、ドライフルーツのような甘みや食感になります。
    そのため、おやつ感覚で食べられる食品になっています。

    生の状態のにんにくを食べると、胃腸が荒れて下痢などの体調不良を引き起こし、腸内の悪玉菌とともに善玉菌も殺してしまうなどの悪影響がある場合があります。
    ご存知の通り、にんにくは少し刺激の強い食材なので、その分強力な殺菌効果も兼ね備えているのです。
    このような副作用を引き起こす原因になっているのが、「アリシン」という殺菌成分の存在です。

    黒にんにくの場合は、この「アリシン」が熟成の過程で「S-アリルシステイン」という成分に変化します。
    通常のにんにくよりも「アリシン」の含有量が圧倒的に少なくなることで、前述したようなにんにくの副作用はほとんど引き起こさないとされています。
    そのため、安心して生の状態でも黒にんにくを食べられます。

    刺激が少ないというのは、たくさんの量を食べても問題がないことを意味します。
    黒にんにくは、子供からお年寄りまで幅広い年代で愛していただける食品になっています。
    しかし、大量に摂取したからといって、薬と同様にプラスの効果が期待できるわけではないので、体にはあまり問題はないですが、適度な量を継続的に摂取すると効果的でしょう。

    □黒にんにくに含まれる栄養素と効果について解説します!

    黒にんにくは、通常のにんにくよりも栄養分を豊富に含んでいます。
    そのため、幅広い健康・美容効果が期待できるのです。

    まず、黒にんにくに含まれるアミノ酸の一種「アルギニン」という成分は、生の状態のにんにくより約3倍もあります。
    疲労感の原因になるアンモニアを除去することで、疲労回復効果があったり、インスリンの分泌を促すなど、様々な効果が期待できます。
    主な健康効果としては、血管の老化を防ぐことや免疫力の向上、血糖値の上昇を抑えるなどがあります。

    次に、豊富に含まれている「アミノ酸」と「ポリフェノール」です。
    ポリフェノールは、野菜の中でもトップの含有量を誇っており、この成分は強い抗酸化作用があります。
    釘が茶色く錆びるのと同様に、人間のカラダも酸化現象が起こります。
    カラダが酸化すると血管の老化が進んだり、シミやシワといった肌トラブルの原因になります。

    抗酸化作用は、これらの老化現象のものになる活性酸素を除去する役割を果たします。
    活性酸素は、免疫力の向上や代謝の調節といった良い面もありますが、過剰に摂取すると老化や動脈硬化などの原因にもなります。
    生きていく上で活性酸化が多く発生する原因は様々なので、黒にんにくを摂取することで体を健康に保つことが重要でしょう。

    さらに、近年花粉症などを抑制する、抗アレルギー作用があることもわかりました。
    アレルギー改善以外にも、冷え性改善や風邪・生活習慣病の予防にも効果が期待できる食品です。

    また、熟成する過程で発生する「S-アリルシステイン」にも強い抗酸化作用があり、活性酸素と腸内の悪玉コレステロールとが結びつくのを防ぐ役割を持ちます。
    抗がん作用があることが確認されており、現在も様々な効果の究明が進められています。
    他の健康効果としては、血液をサラサラにして血流を良くしたり、アンチエイジング効果も期待できます。

    □まとめ

    黒にんにくの健康面での気になる効果について解説しました。
    とても栄養価が高く健康に体を保つために活躍する商品なので、是非一度効果を実感していただけると良いでしょう。
    当社では、サイズや量に関して幅広く取り扱っていおり、お試しキットも販売しているので、気になる方は是非ご購入ください。

  • 2021年10月06日更新

    黒にんにくの血圧を下げる効果について紹介します!

    「血圧を下げたい」とお考えの方は多数いらっしゃるかと存じます。
    今、血圧を下げる効果があると言われており、注目されている黒にんにくというものがあるのをご存じでしょうか。
    今回は、その黒にんにくの良い点についてと、どういった成分が血圧を下げるのに役立っているのかについてご紹介いたします。

    □黒にんにくの良い点を4つご紹介!

    日本の伝統食品である納豆や味噌と同様に、熟成黒にんにくは、にんにくそのものの持つ本来の栄養素とは別の、新たな栄養素が生み出されると言われています。

    黒にんにくの良さについて、以下の4つをご紹介します。

    まず1つ目は、含有成分の変化についてでしょう。
    滋養強壮効果が発揮される食材の1つとして認知されているにんにくですが、熟成させることによってさらに有効成分がアップしています。

    例えば、S-アリルシステインやポリフェノール、その他の抗酸化物質は、 生のニンニクと比べると黒ニンニクになることで物質量が大幅に増加すると言われています。

    皆さんの健康増進や健康維持のために大活躍できるほど、大幅に増加していると言えるでしょう。

    2つ目は、匂いや刺激がないことでしょう。
    それだけでなく、通常の見た目の白いニンニクと比べると、黒にんにくは臭いや刺激があまり気になりません。
    味に関しても、白いニンニクと比較すると、野菜というよりドライフルーツのようにフルーティーになるので、人によってはこちらの方が非常に食べやすいでしょう。

    体に良いということを耳にし、食べたいけれどニンニクの臭さや味が合わないために食べることを敬遠してきた方にとっても安心して食べられるようになった方が多数いらっしゃいます。

    3つ目は、成分の良質変化についてでしょう。
    生ニンニクは通常であれば乳白色ですが、熟成黒にんにくの場合はその名の通り色が真っ黒になります。
    色が黒色に変化するのは、熟成させたことによって生まれた酵素の力によるものです。
    これは熟成したことにより成分の良質変化が起こったことを示していると言われております。

    熟成黒にんにくは、最適温度と湿度を調節することで科学的にニンニクを上手く熟成させたものです。
    最適な条件を探し、見つけた条件を装置によって実現させ、ゆっくりとニンニクを熟成し、黒にんにくにすることでニンニク成分により良質な変化をもたらせている言われています。

    4つ目は、生のニンニクに比べて熟成することで大幅にパワーアップしていることでしょう。
    例えば、生のニンニクよりもポリフェノールの含量量が増し、また生のニンニクには含まれないS-アリルシステインと呼ばれる、健康維持に多面的に役に立つ成分である水溶性含硫アミノ酸の一種が生成されています。

    また、生のニンニクの強烈なにおいと刺激ですが、ニンニクを熟成させ黒にんにくになると、臭いの原因である揮発性イオウ化合物が減少するため、臭いが抑えられ、食後の不快臭がないことが特長でしょう。

    古代エジプトでは、ピラミッドの建築に従事し、重労働をこなしていた労働者が耐えられるようにニンニクを支給されていたという、記録が残っております。
    また、古代ローマでも戦闘時や協議の際に食べるの食品とみなされていたそうです。
    熟成黒にんにくは、このニンニク凄まじいパワーを、熟成という技法によって、さらに高められた自然食品なのです。

    □黒にんにくに含まれるポリフェノールとS-アリルシステインが高血圧に効果がある?

    毎日が多忙で生活リズムなかなかを変えられない方や高血圧を継続して予防したい方におすすめなのが、おいしく食べるだけで血圧を手軽に整えられる黒にんにくです。

    黒にんにくには、動脈硬化を抑えられる成分や、血管の状態を正常に保てる成分が含まれているため、高血圧を予防したり改善したりするために食べられる方が多数いらっしゃいます。

    効果があると言われているのが以下の2つの成分です。

    1つ目はポリフェノールです。
    ポリフェノールに含まれている抗酸化作用が、皆さんの血管活性酸素を取り除くことで、血液循環の状態を正常にしてくれるはたらきがあると言われています。
    この効果によって、動脈硬化を予防し、高血圧を抑制できる効果が期待できるでしょう。

    2つ目は、S-アリルシステインです。
    黒にんにくを作る過程である熟成により、 S-アリルシステインは生成されます。
    この成分には、悪玉コレステロールを減少させるはたらきと、サラサラな血液にすることによって血栓や動脈硬化を防ぐはたらきがあると言われています。
    そのため、心筋梗塞や脳梗塞を予防するのに効果がある可能性が高いです。

    □まとめ

    今回は、その黒にんにくの良い点についてと、血圧を下げられる成分についてご紹介いたしました。
    効果には個人差がありますが、なかなか忙しくて食事に気を遣うことが難しい方や、ニンニクが苦手だけれど食べられるようになりたい方は、黒にんにくを試してみてはいかがでしょうか。
    黒にんにくで健康な体を取り戻しましょう。

  • 2021年10月04日更新

    黒にんにくはうつ病に効果的?健康効果についてご紹介!

    この記事をご覧の皆さんは
    「黒にんにくはうつ病に効果があるのだろうか」「黒にんにくの効能を詳しく知りたい」
    このようなお悩みを抱えているかもしれません。
    そこで、今回はうつ病と黒にんにくの関係性について解説します。

    □うつ病って何?

    そもそもうつ病とはどのような病気なのでしょうか。
    なんとなくは知っていても具体的な原因や症状についていまいちピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。
    そこで、ここではうつ病の概要について詳しく解説します。

    うつ病とは一言でいえば身体と心のバランスを崩してしまった状態のことです。
    例えばしなければならないことがあるのに身体が思うように動かなかったり、食欲がない、頭が働かないなどの日常に支障をきたす症状を発症します。

    またうつ病とよく似た心の病の中に自律神経失調症という病気もありますが、これら2つの違いは日常の会話ではあいまいなことが多いです。
    1つ言えることは、うつ病の方が自律神経失調症よりも症状が深刻で長引くものだと言うことです。

    残念ながらうつ病がどうして起こるのかについては未だ明らかではありません。
    原因としては生活環境やストレスの重さなどと言われています。
    職場や家庭などでストレスを常に抱え込んでしまったり、結婚や引っ越しなど大きなイベントを経験したりなど、ストレスやショックを大きく受けることでうつ病になることも考えられます。

    脳科学の側面から見ると、うつ病にはノルアドレナリンとセロトニンという物質がかかわっているとされています。
    ノルアドレナリンはストレスを感じたときに放出される物質です。
    適度な量だと集中力を上げるのに効果的かもしれませんが、これが常に放出されている状態だと精神に大きく負荷をかけることになります。

    またセロトニンは感情を調節する物質です。
    これが増えると心身をリラックスさせ、またノルアドレナリンの量も抑制してくれます。

    □うつ病と食事の関係性をご紹介!

    うつ病の予防や改善として効果的な方法の1つに食事にこだわることがあります。
    これさえ食べればうつ病が改善されるという食材はないですが、普段から食事にこだわることでうつ病の予防にもつながるでしょう。

    うつ病の予防や改善におすすめの食事は一汁三菜のバランスが整った和食です。
    また最近の研究では、ねばねばした食品に予防効果があることが分かりました。
    うつ病になるとビタミンB1やB2、葉酸、亜鉛、アミノ酸などが不足しがちになります。
    つまりうつ病には豊富な栄養素を持つ食品が効果的だということです。

    またコレステロールはセロトニンの原料となるので、心の調子を良くする働きがあります。
    極度なダイエットをするとコレステロールが低下し、結果セロトニンの放出量が減ってうつ病になりやすくなるので、必ず避けましょう。

    次に具体的なうつ病に効果的な食べ物についてご紹介しましょう。
    1つ目はバナナです。
    上記で紹介したノルアドレナリンを抑制するセロトニンの材料となるトリプトファンを多く含みます。
    単体でもおいしく食べれますし、調理を特にしなくても良いというメリットがありますね。

    2つ目は大豆などの豆類です。
    タンパク質が多く含まれますがカロリーが控えめなので、健康的に体重を落としたい方にもおすすめです。
    玄米などのビタミンB6と炭水化物を含む食品と食べるとより効果があります。

    3つ目はにんにくです。
    にんにくにもトリプトファンが豊富に含まれており、黒にんにくにも同等の量が含まれるといわれています。
    また食欲を増進させる特徴もあります。

    □黒にんにくやにんにくの効能についてご紹介!

    ここまでうつ病やうつ病と食事について解説しましたが、ご理解いただけましたか。
    最後は黒にんにくの効能についてご紹介します。

    1つ目は体力を増やし疲労を回復させる効果が期待できることです。
    エネルギー代謝に欠かせないビタミンB1を含みます。
    身体を常にエネルギー補給してくれる可能性があるのです。

    2つ目は冷えを改善してくれる場合があることです。
    特に冷え性は若い女性に多く、これにより免疫力が下がったり代謝が悪くなったりしますよね。
    また冷え性によって血液の流れが悪くなり、身体の色々な部分に悪影響を及ぼします。

    にんにくや黒にんにくは交感神経を刺激したり、血管を広げたりする働きがあるので、身体の内側からあたたまることが可能だといわれています。
    この効能は特に女性に嬉しいですね。

    3つ目は美肌になる場合があることです。
    肌の質感を左右する皮膚の表面の皮は外からの異物を守り、また水分が逃げるのを防ぎます。
    にんにくを食べた後肌がスベスベすると感じるかもしれませんが、これはにんにくに含まれる成分が血液の循環を良くしたからと考えられています。
    美肌のためにも積極的に摂取したい食材です。

    □まとめ

    この記事では、うつ病と黒にんにくの関係性を解説しました。
    うつ病とは身体と心のバランスを崩してしまった状態のことです。
    また黒にんにくには体力を増強し疲労を回復させる効果があります。
    この記事を黒にんにくを購入する際の参考にしていただけると幸いです。

Information