青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2018年05月25日更新

    純黒にんにくパワーで健康に!おすすめポイントをご紹介

    今話題になっている「黒にんにく」。
    どうして人気なのでしょうか?

    年齢を重ねると、健康や美容など様々な面で問題が出てきますよね。
    病院に行ったり、高い化粧品でケアをしたりするのは、時間もお金も負担になってきてしまいます。

    黒にんにくは体に関する問題を手軽に内側から改善していくことができます。

    今回は、黒にんにくとはどんなものか、そしてその良いところについてご紹介します。

    ■黒にんにくってどういうもの?

    黒にんにくは、通常のにんにくを熟成させて作る加工食品です。
    ある一定の温度で40日間じっくり熟成することで、にんにくがもともと持っていた有効成分が何倍にも増えるため、様々なことに効果があります。

    ・黒にんにくでより健康に

    黒にんにくには体の中を酸化させ、様々な病気の原因になっている活性化酵素を取り除くS‐アリルシステインや、ポリフェノールが多く含まれています。
    そのため、健康増進の効果が高いです。

    ・疲労回復

    アルギニンは、血管を拡張し、より早く体にエネルギーを働かせる力があるため、疲れた体に効果的です。

    アルギニンは体内で生成しづらく、黒にんにくでは通常のにんにくの約三倍の388mg含まれており、効果的に摂取することができます。

    ・黒にんにくは美容・アンチエイジングにも効果が!

    前述した活性酵素は、活性化脂質を作り出して細胞をサビ付かせるため、しみやしわの原因にもなります。活性化酵素を取り除くことで、より若々しい肌になることができるのです。

    ■黒にんにくは美味しい

    にんにくというとにおいが気になるというイメージがあるかもしれませんが、黒にんにくはほとんどにおいが気になりません。
    また、フルーティな味わいで、皮をむくだけでおやつ感覚で手軽に食べることができます。
    サラダやヨーグルトに入れても美味しく、サプリメントと違って楽しんで摂取することができます。

    ■黒にんにくは安全!

    純黒にんにくは、モンドセレクション金賞を受賞しており、それだけでなく、ITQI(国際味覚審査機構)の審査でも、4年連続三ツ星金賞を受賞しております。

    無添加かつ熟練の職人によって丁寧に作られており、FSSCという食品の安全基準を世界で最初にクリアしているため、安全性も保証されています。

    ■まとめ

    黒にんにくの良さ、おわかりいただけたでしょうか。

    手軽に健康を保持増進することができるのが黒にんにくの強みです。
    特に、美容と健康両方に効果があるのは嬉しいですね。

    ぜひ、日々の生活習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 2018年05月21日更新

    熟成黒にんにくの特徴とは?効果と副作用もご紹介

    最近話題の健康食品「黒にんにく」。
    「手軽に健康のために摂取できるらしいけど実際どんなものなんだろう?」

    このような疑問をお持ちの方は多いでしょう。
    そこで今回は、黒にんにくの特徴や効果を、わかりやすく解説します。

    ■黒にんにくは普通のにんにくと何が違うの?

    通常のにんにくを高温で熟成させることで生じる化学反応で、黒く変色したにんにくが黒にんにくです。
    岡崎屋独自の温度管理により、にんにくにもともと存在していた有効成分が大幅に増えるため、健康に対する効果が見込めます。

    通常のにんにくに比べて、S‐アリルシステインは16倍、アルギニンは3倍、ポリフェノールは6倍です。
    加えて、通常のにんにくのにおいの原因であるアリシンはなくなってしまうため、においを気にせずお召し上がりいただけるという大きなメリットがあります。

    ■黒にんにくの効果は?

    では、前述したような有効成分が増えていることで、どのような効果が見込めるのでしょうか。

    ・黒にんにくでより健康に

    黒にんにくには体の中を酸化させ、様々な病気の原因になっている活性化酵素を取り除くS‐アリルシステインや、ポリフェノールが多く含まれています。

    特に、S‐アリルシステインはにんにくにしか含まれていない成分で、強い抗酸化作用で免疫力を高め、病気を予防します。

    ・黒にんにくで疲労回復

    アルギニンは、血管を拡張し、より早く体にエネルギーを働かせる力があるため、疲れた体に効果的です。

    アルギニンは体内で生成しづらく、黒にんにくでは通常のにんにくの約3倍の388mg含まれており、効果的に摂取することができます。

    ・黒にんにくは美容・アンチエイジングにも効果が!

    前述した活性酵素は、活性化脂質を作り出して細胞をさび付かせるため、しみやしわの原因にもなります。
    活性化酵素を取り除くことは、健康・美容両面に効果があります。

    ■黒にんにくの副作用は?

    黒にんにくには、大きな副作用はありません。

    お腹の緩い方は下してしまう可能性があるので、摂取量には十分お気をつけ下さい。

    摂取量は1日に1~3片ほどを目安にして、お子様がお召し上がりになる場合は0.5粒以下~1片程度に抑えましょう。

    ■まとめ
    黒にんにくの特徴、様々なメリットを理解していただけたでしょうか。

    ・においがない
    ・にんにくが持っている有効成分が増えているため健康や美容に効果がある
    ・副作用もなく安心

    要点としてはこの3つです。
    手軽に健康や美容の問題を解決したい方は、ぜひ一度黒にんにくをお試しください。

  • 2018年05月17日更新

    熟成黒にんにくには美肌効果も!その理由とは

    しみやしわのために、効果の高い化粧品を使ったり、サプリメントを飲んだりして努力していらっしゃる方は多いですよね。

    それらに加えて、さらに手軽にアンチエイジングに働きかけることができる「黒にんにく」をご存知でしょうか。

    通常のにんにくを高温で熟成させたものが黒にんにくで、熟成の過程で健康に良い成分がより増えているため、健康食品として、近年人気になっています。

    黒にんにくをご存知の方もいらっしゃると思いますが、黒にんにくは免疫力を高めて体の中から健康にアプローチできるだけではないのです。

    ■黒にんにくが老化防止に効果的なわけ

    肌の老化に拍車をかけているのは、体の中にある活性酵素です。
    ある程度の量は体を最近から守るために必要ですが、増えすぎると体の中で酸化し、しみやしわなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

    この活性酵素の量を減らすための成分が、黒にんにくに多く含まれるS‐アリルシステインとポリフェノールです。

    ・S‐アリルシステイン

    にんにくのみが持つ有効成分であり、黒にんにくは通常のにんにくに比べてその含有量が16倍になっています。
    S‐アリルシステインは水溶性なので吸収されやすく、主に血管内で働きます。

    ・ポリフェノール

    抗酸化作用のある成分で、赤ワインやコーヒー、緑茶などにも含まれています。
    ポリフェノールは一日に1000~1500mgほどを一日4,5回に分けて摂取することが望ましいです。

    黒にんにくには通常のにんにくの6倍、約215mg含まれており、コーヒー1杯や赤ワインなどと同じくらいです。好きなものと組み合わせて効果的に摂取することができます。

    ■黒にんにくは顔色を明るくする

    にんにくにはアリシンという成分が含まれており、加熱して黒にんにくになることで、スコルジニンという成分に変化します。このスコルジニンには血行を良くする働きがあります。

    加えて、前述のS‐アリルシステインは血液の中の活性酵素を倒すため、血液をサラサラにします。
    血の巡りをよくし、血行や新陳代謝を促進しています。

    また、血液の色は肌の色ともいわれます。これは皮膚に毛細血管が張り巡らせているためです。
    血行が良くなることで顔色が明るくなり、また女性にうれしい冷え性改善にもつながります。

    ■まとめ

    黒にんにくは健康や美容など様々なことに効果があるうえに、手軽に摂取することができます。

    フルーツ感覚で皮をむくだけでお召し上がりいただけるというのも嬉しいポイントです。

    ヨーグルトやアイスクリーム、サラダに入れたりと、健康や美容に効果があるだけでなく、楽しんで摂取していただけるのが特徴です。

    楽しく続けられる熟成黒にんにくで、美肌効果を実感しましょう!

  • 2018年05月13日更新

    熟成した黒にんにくの効果がすごい!健康に良い「ポリフェノール」の効能とは

    最近話題の健康食品である「黒にんにく」。
    CMなどで、聞いたことがある方は多いと思います。

    黒にんにくは、通常のにんにくを高温で熟成させることで作られています。そうすることで、健康に良い効果をもたらす様々な成分が増加していることが研究により分かっています。

    黒にんにくに含まれる健康に良い成分の中から、今回は、通常のにんにくに比べて黒にんにくでは約6倍含有されている、「ポリフェノール」の効能について解説していきます。

    ■ポリフェノールとは

    ポリフェノールは、主に植物に含まれている成分で、強い抗酸化作用を持っているというのが特徴です。

    呼吸で取り入れた酸素の一部は、体を酸化させ細胞を傷つける活性化酵素になります。この活性酵素は老化の元とも言われており、様々な病気の原因になります。

    ポリフェノールはこれを除去する働きを持っているため健康のためには重要な成分なのです。
    加えて最近では、アレルギーや感染症に対しても強い効果があると証明されつつあります。

    ■ポリフェノールをどのように摂取すればいい?

    研究によると、1日に約1000~1500mgのポリフェノールを摂取することが望ましいとされています。
    ポリフェノールは水溶性であり、体に蓄積されないため3時間に1回程度、こまめにわけて摂取するのがよいでしょう。

    ポリフェノールはコーヒーや緑茶、チョコレートなどにも含まれていますので、意識せずともある程度は摂取しています。
    それらに含まれるポリフェノールは、だいたいの目安ですが、コーヒー一杯(100ml)に約200mg、緑茶は115mg、赤ワインは100~230mgほどです。
    つまり、日常的に摂取する飲み物や食べ物からだけは、1日に必要なポリフェノール量を摂取できていないのです。
    ポリフェノールを摂取するために、飲む量自体を多くしようとしても、コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用がありますし、赤ワインをずっと飲んでいるわけにもいきません。

    今回ご紹介している黒にんにく1片に含まれるポリフェノールは、約215mgです。

    黒にんにくは1日に1片から3片ほどを食べることが推奨されています。そのため、前述したコーヒーなどと組み合わせつつ摂取することで、簡単に1日に摂取するべきポリフェノールの量を摂取できます。

    黒にんにくは、通常のにんにくと違ってにおいもほとんどありませんし、フルーティな味わいで、皮をむくだけで気軽に食べることができます。

    黒にんにくを食べることで、簡単に、健康に良いポリフェノールを摂取することができるのです。

    ■まとめ

    黒にんにくは、ポリフェノールを摂取するのに最適な食材の一つです。

    このほかにも黒にんにくは、私たちの体を作る元となるアミノ酸、高血圧やがん予防に効果があるといわれているS‐アリルシステインなどが豊富に含まれており、体内からより健康になるようにアプローチしていくことができます。

    日々を健やかに過ごすための新たな食習慣として、黒にんにくをはじめてみませんか。

  • 2018年05月09日更新

    なぜ純黒にんにくは健康・美容・老化防止の万能薬なのか

    健康食品として有名である黒にんにく。

    美肌や老化防止、にも効果があることをご存知でしたか。

    これは、黒にんにくが持っている抗酸化作用が働いているためです。

    今回は、様々な効果を発揮する抗酸化作用について解説していきます。

    ■抗酸化作用と活性化酵素とは

    ・抗酸化作用とは

    人間の体が酸化することが、ほとんどの病気の原因であるといわれています。
    これを防ぐための働きが、抗酸化作用です。
    抗酸化作用は、活性酵素を取り除くことで体の酸化を防いでいます。

    ・活性化酵素とは

    人は呼吸で酸素を取り入れていますが、その過程で一部の酸素は化学変化を起こし活性酸素に変化します。
    活性化酵素はある程度の量なら体内に侵入した細菌を排除したり、良い働きをしますが、増えすぎると体を酸化させる働きがあるのです。

    活性化酵素を増やさないためには、ストレスをためないことや添加物を取らないこと、睡眠をしっかりとることが挙げられます。
    ですが、活性化酵素が増えるのは抗いきれない老化という要因もあります。
    そこで、活性化酵素を効果的に取り除く必要があります。

    ■黒にんにくが強い抗酸化作用を持つ理由

    黒にんにくが強い抗酸化作用を持っているのは、抗酸化作用を持っている成分が豊富に含まれているためです。
    にんにくの成分が、黒にんにくを製造する過程で増えているため、より強い効果を発揮します。
    抗酸化作用を持っている成分として代表的なものを2つ紹介します。

    ・S‐アリルシステイン

    にんにくにのみ含まれている成分です。黒にんにくのS‐アリルシステインの含有量は、通常のにんにくの16倍にもなります。
    最近は世界中でも注目されており、悪玉コレステロールを減少させて血液をサラサラにする、神経細胞の寿命を延ばすと言った様々な効果を持っています。

    ・ポリフェノール

    ポリフェノールはコーヒーや緑茶、チョコレートなどにも含まれている成分です。
    ポリフェノールは一日4,5回に分けて摂取するのが望ましく、摂取量の目安は約1000~1500mgです。
    黒にんにく一片に含まれるのは約215mgで、効率よくポリフェノールを摂取する手助けになります。

    ■黒にんにくはいろんなことに効果がある!

    このように、黒にんにくがもつ成分の抗酸化作用のおかげで、私たちの健康や美容は増進、老化は防止されているのです。

    他にも黒にんにくは、アルギニンという成分のおかげで疲労回復にも効果があります。

    様々な効果のある黒にんにく、日々の習慣として取り入れてみるのはいかがでしょうか。

Information