青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2019年01月22日更新

    にんにくが持つ嬉しい美容効果とは?一挙ご紹介

    にんにくには美容と健康に役立つ効果があります。

    昔から国内外で香辛料や強壮食品として使用され、中枢神経と脂質代謝に働きかけます。

    血液を拡張するので血液の流れが活発になります。

    血管内の疲労因子が取り除かれることで、ストレスからくる神経性の胃痛や便秘、肩こりの解消が期待できます。

    悪玉コレステロールを低下させて血管を強化し、血管を詰まらないようにします。

    筋肉の血行をよくして体を温めることができ、冬は風邪の予防に使われることも多いです。

    □血管の老化による悪影響

    血管の老化は体に様々な悪影響を及ぼします。

    血管細胞の新陳代謝が促され若々しい弾力を持つようになると血液がきれいになります。

    血行がよくなり血液がきれいになると肌にも良い影響を与えます。

    また、昔から知られているのが疲労回復効果です。

    疲労原因のひとつはビタミンB群の不足で、ビタミンB群が足りないとエネルギー源になる糖質が十分に燃焼しないので体が疲れやすくなります。

    ビタミンB群を多く含む食品を摂取することで疲れにくい体を作れます。

    □女性にうれしい美容効果

    女性に嬉しいのが美容効果で、美肌美人が多い韓国では1人あたりのにんにく消費量が約7kgと日本の20倍もあります。

    にんにくを別の食材と一緒に調理すると、よりパワーアップできます。

    にんにくの美容効果は古代エジプト時代から知られています。

    皮膚細胞を活性化させるので美肌の維持にも役立ちます。

    年齢を重ねた女性の中にはホルモンバランスの乱れで肌トラブルが発生し悩んでいる人もいますが、ホルモン分泌を促し調整する作用がある食品は、肌荒れにも効果的です。

    自律神経の働きを正常にするのでストレスから生じるニキビを防ぐこともできます。

    また、日本では美白ケア化粧品が売れていますが、体の内側から美白を目指したい人は野菜と一緒に食べることでビタミンEとビタミンCを摂取できます。

    ビタミンEは血行を促し、ビタミンCは透明感のある肌をサポートします。

    ビタミンEもビタミンCも抗酸化作用が強く、活性酸素の害から体を守ってくれます。

    活性酸素は老化や病気の原因になるので、活性酸素の害を防ぐことはアンチエイジング対策になります。

    活性酸素が原因でシミなどの色素沈着やシワができると回復するまでに時間がかかります。

    □美肌維持に効果的

    毎日食べる食事に抗酸化食品を加えることで、活性酸素に負けない体を作ることができます。

    にんにく卵黄は昔から風邪の予防に使われている食品ですが、美容にも良い影響があります。

    卵黄には強い抗酸化作用を持つビタミンEに加えて皮膚の細胞を活性化させるレシチンが豊富に含まれているので、美肌の維持に役立ちます。

    にんにくには美容と健康に役立つ効果があります。

    昔から国内外で香辛料や強壮食品として使用され、中枢神経と脂質代謝に働きかけます。

    血液を拡張するので血液の流れが活発になります。

    血管内の疲労因子が取り除かれることで、ストレスからくる神経性の胃痛や便秘、肩こりの解消が期待できます。

    悪玉コレステロールを低下させて血管を強化し、血管を詰まらないようにします。

    筋肉の血行をよくして体を温めることができ、冬は風邪の予防に使われることも多いです。

    □血管の老化による悪影響

    血管の老化は体に様々な悪影響を及ぼします。

    血管細胞の新陳代謝が促され若々しい弾力を持つようになると血液がきれいになります。

    血行がよくなり血液がきれいになると肌にも良い影響を与えます。

    また、昔から知られているのが疲労回復効果です。

    疲労原因のひとつはビタミンB群の不足で、ビタミンB群が足りないとエネルギー源になる糖質が十分に燃焼しないので体が疲れやすくなります。

    ビタミンB群を多く含む食品を摂取することで疲れにくい体を作れます。

    □女性にうれしい美容効果

    女性に嬉しいのが美容効果で、美肌美人が多い韓国では1人あたりのにんにく消費量が約7kgと日本の20倍もあります。

    にんにくを別の食材と一緒に調理すると、よりパワーアップできます。

    にんにくの美容効果は古代エジプト時代から知られています。

    皮膚細胞を活性化させるので美肌の維持にも役立ちます。

    年齢を重ねた女性の中にはホルモンバランスの乱れで肌トラブルが発生し悩んでいる人もいますが、ホルモン分泌を促し調整する作用がある食品は、肌荒れにも効果的です。

    自律神経の働きを正常にするのでストレスから生じるニキビを防ぐこともできます。

    また、日本では美白ケア化粧品が売れていますが、体の内側から美白を目指したい人は野菜と一緒に食べることでビタミンEとビタミンCを摂取できます。

    ビタミンEは血行を促し、ビタミンCは透明感のある肌をサポートします。

    ビタミンEもビタミンCも抗酸化作用が強く、活性酸素の害から体を守ってくれます。

    活性酸素は老化や病気の原因になるので、活性酸素の害を防ぐことはアンチエイジング対策になります。

    活性酸素が原因でシミなどの色素沈着やシワができると回復するまでに時間がかかります。

    □美肌維持に効果的

    毎日食べる食事に抗酸化食品を加えることで、活性酸素に負けない体を作ることができます。

    にんにく卵黄は昔から風邪の予防に使われている食品ですが、美容にも良い影響があります。

    卵黄には強い抗酸化作用を持つビタミンEに加えて皮膚の細胞を活性化させるレシチンが豊富に含まれているので、美肌の維持に役立ちます。

  • 2019年01月20日更新

    ダイエットに役立つ!にんにくの脂肪燃焼効果とは

    にんにくはいろいろな料理の味付けやアクセントとして使われています。

    健康に良い食材であることはよく知られていますが、実は脂肪燃焼効果もあるということです。

    そのためダイエットをしている人にもおすすめの食材だという事を知っておきましょう。

    □にんにくの栄養素の効能

    ビタミンB1は糖代謝を高めてくれる成分ですが、水溶性なので体内に吸収しにくいという特徴があります。

    にんにくの有効成分であるアリシンはデリケートなビタミンB1と結合するとアリチアミンという成分に変化します。

    このアリチアミンは脂溶性なので腸から吸収されて体内に入ることができます。

    結果として糖をエネルギーへ変換できるようになります。

    そのため痩せやすい体質になるということです。

    □にんにくでダイエット効果?

    にんにくに含まれるアリチアミンはノルアドレナリンの分泌を促すという作用もあります。

    ノルアドレナリンの血中濃度が上がることにより、体内の余分なエネルギーを燃焼できるようになります。

    代謝がアップすることで脂肪を燃焼しやすくなりますし、ダイエット効果が期待できるということです。

    にんにくに含まれるスコルジニンには善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすという効果があります。

    また、油と一緒に加熱するとアホエンという成分が発生します。

    このアホエンには血栓を作りにくくする働きや脂肪分解酵素の働きを抑制し、脂肪の分解を抑えるという働きがあります。

    また、肝臓でコレステロールが作られる酵素の働きを抑えてくれますし、悪玉コレステロールが作られるのを阻止してくれるます。

    □食べすぎには注意

    にんにくはダイエットに役立つ食材ですが、摂取する際には注意点もあります。この食材に含まれるアリシンは強力な殺菌成分であり、腸内の悪玉菌だけでなく善玉菌も殺菌してしまいます。

    そのため食べ過ぎると胃痛や腹痛といった副作用が出てしまうこともあるので注意しましょう。

    □目安の摂取量

    ダイエットのために摂取する場合、1日1欠片を目安にするのがおすすめです。

    過剰摂取すると血中のヘモグロビンが溶けてしまうこともあります。

    貧血や血が止まりにくいといった症状が出てしまうこともあるため、摂取量に気をつけてダイエットをしていきましょう。

    健康的に痩せるためには毎日摂取を続けることが大切です。

    □加熱するとにおいは軽減

    独特の臭いはアリシンによって発生するものですが、加熱することで減少します。

    ダイエットしたいけれど臭いが気になる場合は加熱してから食べると良いでしょう。

    食後に臭いが気になる場合、りんごを食べることで臭いをすぐに消すことができます。 また、牛乳などの乳製品にも消臭効果が期待できます。

  • 2019年01月18日更新

    にんにくの芽が出た!食べても大丈夫なの?

    にんにくを購入してストックしておくと、料理などで使い切ってしまう前にいつのまにやら芽が出てしまって、対応に苦慮した経験をお持ちでは無いでしょうか。

    これが仮にジャガイモなら、有毒な物質が含まれているのでそのまま廃棄、と言う流れになりますが、ことにんにくになるとその性質はあまり知られていないので、食べることが出来るのか、それとも廃棄するべきなのか判断に迷ってしまうものです。

    そこで今回は発芽してしまったにんにくを食べることができるのか、周辺事項もあわせてご紹介しましょう。

    □芽を食べても問題はなし?

    結論から先にいうと、伸びてしまった部分を食べることは特に問題ありません。

    ジャガイモのように食べると毒になるような物質は含まれていないので、ねぎなどの食材の延長線上で調理して食べることが出来ます。

    スーパーの生鮮食材売り場で並んでいるにんにくの芽と同じなので、食材として利用することに問題はないわけです。

    □普段食べてるのはどの部分?

    普段、すり下ろしたりスライスして使用しているのは「リンペン」と呼ばれる部分です。

    このリンペンに含まれる栄養分を元に、茎が伸びてくるわけです。

    リンペンをカットすると、根元にある茎になる部分が硬く、調理すると食感に影響するので、料理のレシピでは事前に包丁で取り除くように指示されている場合が多いものの、そのまま食べてしまっても栄養学的には特に支障はないのです。

    それどころか、芽の部分は実は豊富な栄養分が含まれているという点については、本体である「リンペン」と同様なのです。

    食物繊維やビタミン・ミネラルなどが各種豊富に含まれています。

    とはいっても長期間放置することで初めて生じる現象なので、出来ればはやめに使い切ってしまうことがベターです。

    茎が伸びるというのは、成長を始めてしまうことに他ならないので、リンペンに含まれている栄養素も成長のために消費されてしまいます。

    本来のおいしさを堪能したい人は、賞味期限内で使い切るのがおすすめです。

    □賞味期限切れのにんにくの使用は避けよう

    そのため、芽が出てしまったにんにくを取り扱うときには注意が必要です。

    それと言うのも、賞味期限を過ぎてしまっていることが多いため、同時に警戒するべき状況でもあるからです。

    中身がすかすかしている・異臭がしたり水分が出てベタつきを感じるときには料理に使用するべきではありません。

    これほどの顕著な異変が無い場合でも、ニンニクの鮮度を調べるには皮の色合いをチェックするのが一番簡単です。

    白い皮が時間経過に従って黄色く変化していきます。

    白くみずみずしかった外見が黄ばんでいるようなら、いっそのこと破棄してしまった方が良いでしょう。

  • 2019年01月16日更新

    しわを解消したい!にんにくがおすすめな理由をご紹介

    年齢と共に肌の老化が目立ちやすくなってきたと感じている女性は非常に多く、特にしわ対策のために普段からエイジングケアが行えるスキンケア化粧品を利用している女性は増えてきています。

    しかしエイジングケア化粧品でお手入れを行うのは限度がありますし、やはり体の内側からも美容ケアを行わないと高い効果を期待することは難しくなります。

    □にんにくの利用方法

    そこで普段の食生活で美容によい食べ物を取り入れたいと考える方が増えており、数多くの食材の中でも注目されているのが「にんにく」を利用する方法です。

    にんにくは昔から体に良い食べ物として有名ですがニオイが独特で、女性の場合このニオイが原因で敬遠しがちです。

    しかしこの食材は健康に良いだけではなく、女性に非常に嬉しい美容効果も多く持っているので、しわを解消したいなら出来るだけ普段の食事に取り入れることをおすすめします。

    □にんにくの持つ力

    そもそもにんにくが持っているパワーの中で美容に良い点として挙げられるのが、抗酸化作用がとても高い点です。

    この抗酸化作用とは、活性酸素を除去して肌の老化を防ぐ事ができるので、若々しい素肌を維持するために必要不可欠な要素です。

    にんにくをうまく食事に取り入れることで、体内の活性酸素を除去することができれば、美肌を作りしわ対策のサポートをしてくれるのです。

    なぜ効果が高いのかというと、ビタミンEやアリシン、アホエンなどの抗酸化作用のある栄養素が実に15種類以上も含まれているためです。

    普段の食事に取り入れることで、強力なアンチエイジング作用が期待できるでしょう。

    □冷え性の改善も?

    また、女性の悩みの一つとして挙げられるのが、体の冷え性です。

    これは体の血行不良が大きく影響しているのですが、この状況が長期間続いてしまうと肩こりや腰痛、関節痛やむくみ、便秘や肌のくすみなど健康だけではなく美容にも大きく影響があります。

    しかしにんにくに含まれているアリシンは、加熱をすることでスコルジニンと呼ばれる成分に変化するため、この成分が体の血行を改善する働きを持っており、冷え性を改善出来るメリットがあります。

    □おわりに

    肌のターンオーバーを促すことが出来るため、脂肪の燃焼や便秘の改善を促すことが出来るので、軽い運動を生活に取り入れるだけで脂肪が燃焼しやすい痩せやすい体を維持出来るだけではなく、肌を綺麗に整えて透明感のある状態に仕上げることが可能です。 このように豊富な栄養素や美容成分が含まれているので、年齢と共に増えてしまっているしわを少しでも解消したいと思っている方や、スリムな体型を維持したいと思っている方に非常に魅力的な食材となっています。

  • 2019年01月14日更新

    シミができる原因とは?にんにくで改善しよう

    健康対策に欠かせない食材の一つににんにくがあります。

    しかしながら匂いが強いため、女性や子供の中には積極的に摂ることに抵抗があるという方も少なくありません。

    ですが、にんにくは、健康に良いのはもちろんのこと、美容にも嬉しい効果を発揮してくれます。

    効率良く健康対策や美容対策ができるので、積極的に毎日の食事に摂り入れてみることをおすすめします。

    □シミの原因とは

    多くの女性の悩みになってしまっているシミは、紫外線から肌を守るメラニン色素によって発生します。

    紫外線を浴びるとチロシナーゼという酵素が活発になり、メラニン色素が大量に発生してしまうのです。

    肌は通常28日周期で新しい肌に生まれ変わりますが、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうとメラニン色素が沈着してシミになってしまいます。

    また、紫外線だけがシミの原因になっているのではなく、不規則な生活や過労なども肌トラブルを引き起こしてしまうので注意しましょう。

    □にんにくでシミも改善?

    シミの改善に高い効果を期待できるのが、にんにくです。

    抗酸化作用があるのはもちろん、ビタミンEやアリシン、アホエンなど、驚くことに抗酸化作用のある栄養素が15種類も含まれています。

    そのため、アンチエイジングを効率良く行いたい方にも進んで摂り入れて欲しい食材と言えます。

    抗酸化作用があることで活性酸素を除去して美肌へと導いてくれることは間違いありません。

    □肌のトラブルは冷え性が原因?

    シミの他にも肌のくすみで悩んでいる方も少なくありませんが、これらの肌トラブルは冷え性が原因になっていることも考えられます。

    冷え性を何の対策もせずに放置してしまうと様々な肌トラブルに悩まされてしまうだけでなく、肩こりや腰痛、便秘、むくみなど、辛い症状に見舞われてしまう可能性も否定できません。

    にんにくにはアリシンが含まれており、加熱するとスコルジニンという成分に変化します。

    スコルジニンは、血行を良くする効果を期待できます。

    効率良く冷え性を改善できるのはもちろん、美肌づくりにも役立つので、肌トラブルを効果的に解消したいという方必見です。

    □最後に

    肌トラブルの原因は様々ありますが、短期間で美しい肌を取り戻すには、新陳代謝を高めることも大切です。

    抗酸化作用だけでなく血行促進になる食材を進んで摂取することで新陳代謝がスムーズになり、身体の巡りを良くしてくれます。

    さらに腸内環境も整えてくれることから便秘解消にも繋がり、無理なく肌トラブルの対策を行うことが可能です。 現在、そのまま摂取するだけでなくサプリメントなどでも効率良く摂ることができるので、積極的ににんにくを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Information