青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2020年11月26日更新

    黒にんにくは毎日食べるべき?健康的な生活を目指しましょう!

    「黒にんにくって毎日食べても大丈夫なの」
    「黒にんにくをアレンジして食べる方法を知りたい」
    このようなお考えをお持ちの方もいるのではないでしょうか。
    そこで今回は、黒にんにくの特徴やおすすめの食べ方について解説します。

    □国内外から健康食品として注目されている黒にんにくとは?

    今や健康食品としてスーパーでも目にするほど一般的なものとなりましたが、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

    黒にんにくとは、にんにくを一定の温度や湿度を保った状態で1ヶ月ほど熟成させたものです。
    普通のにんにくは白っぽい色をしていますが、黒にんにくは言葉の通り熟成のおかげで黒っぽい色をしています。
    製造過程で添加物などは一切加えていないですが、メイラード反応によって真っ黒になると考えられます。
    熟成することによって、にんにくのタンパク質が分解されてアミノ酸に変化するので味や栄養価にも変化があるでしょう。

    通常のにんにくは、味や香りともに刺激が強く、たくさん食べると匂いが気になりますよね。
    しかし熟成された黒にんにくは、特有の強い匂いが少なく、甘酸っぱい香りがします。
    熟成することによって新しいにんにくの味や香りを楽しめますね。

    また、実は2006年に黒にんにくの驚くほどの栄養価の高さが明らかになりました。
    にんにくを超える高い栄養価が健康食品として脚光を浴びるようになり、現在では健康食品として世界へと広がりを見せています。

    □適度な摂取目安は?食べすぎるとやばい?

    黒にんにくは体に良いということがわかりましたが、どれくらいの量を摂取すればいいのか気になりますよね。
    そこで次に適度な摂取量や食べ過ぎに起こる副作用について見ていきましょう。

    黒にんにくは薬ではないので、1日にどれくらい食べないといけないということはありません。
    しかし、個人の体調や食事内容に合わせて1日1粒から3粒ほどがおすすめです。
    食べるタイミングは、1日の始まりである朝や運動をする30分から1時間前が良いでしょう。
    1日のエネルギー源になり、代謝が上がって運動のパフォーマンスも向上する場合があります。

    このように黒にんにくの摂取は健康に良いと評判ですが、注意点として過剰摂取が挙げられます。
    過剰な摂取による重篤な副作用はありませんが、人によっては胃の不快感などの悪影響が出る可能性もあるでしょう。
    まだ慣れていないはじめのうちは少量で食べることをおすすめします。

    また一度にたくさん食べても過剰分は体の外に出て行ってしまうため、あまり意味がないかもしれません。
    健康や美容効果を実感するために、長期的に少しずつ食べるようにしましょう。

    □黒にんにくによく合う食べ物をご紹介!

    黒にんにくの良さや食べる際の適度な量について紹介しました。
    しかし、「黒にんにくはどうやって食べたらいいの」と悩む方も多いでしょう。
    そこで、黒にんにくのおいしい食べ方をいくつかご紹介します。

    *サラダやパスタなどのトッピングに

    包丁で刻んで、サラダオイルや塩、胡椒、ごま油などのドレッシングに組み合わせ、サラダやパスタのトッピングにすることがおすすめです。
    黒にんにくを薄くスライスして、サラダやパスタに乗せるのもよし、ドレッシングに混ぜるのもよし、 ご自身の好きなようにトッピングしてみてください。
    黒にんにくは、ドレッシングや調味料などと組み合わせやすいので、味に飽きたときに新しいドレッシングを作るのも良いですね。

    実は、黒にんにくは、普通のにんにくの刺激の強い匂いがほとんどしません。
    熟成のおかげでアミノ酸が増えたため、甘酸っぱくて新しい味を楽しめます。
    見た目や味にアクセントを付け足したいときに加えるのも良いでしょう。

    *チーズや生ハムなどと合わせておつまみに

    お酒のおつまみの定番であるチーズや生ハムなどにもピッタリ合います。
    チーズと黒にんにくを用意して、それぞれで食べたりするのも良いですし、一手間加えてお洒落なおつまみにしたりしても良いですね。
    そんなおつまみには、渋みが柔らかいメルロー主体の赤ワインがおすすめでしょう。
    ご自身の大好きなお酒との相性も一度試してみても良いですね。

    *チャーハンやカレーなどの隠し味に

    黒にんにくは、にんにくの強い匂いはありませんがにんにくが熟成して発生した酸味や甘味があります。
    そこで、チャーハンやカレーなどさまざまな料理に隠し味として入れると、独特な酸味や甘みがアクセントとなって、料理がさらにおいしくなります。
    和え物やチャーハン、カレー、オムライス等と相性が抜群に良いのでおすすめでしょう。

    より手軽に使いたい場合は、醤油に漬け込んでおくと、黒にんにく醤油を作れます。
    お刺身の醤油や炒め物や煮物などの簡単な隠し味としてアクセントが欲しいときに便利ですね。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの特徴やおすすめの食べ方について解説しました。
    黒にんにくは、栄養価が高く、少量ずつ食べることがおすすめです。
    そのまま食べるのも良いですが、ドレッシングやおつまみ、隠し味として新しい味を楽しむのも良いでしょう。
    この記事が黒にんにくについての参考になれば幸いです。

  • 2020年11月22日更新

    黒にんにくはなぜ黒い?その理由を徹底解説します!

    「白いにんにくと違って黒にんにくはなぜ黒いの」
    「白いにんにくだと刺激の強い匂いがするけど黒にんにくは大丈夫なの」
    このように黒にんにくについて気になる方もいるのではないでしょうか。
    そこで今回は、黒にんにくがなぜ黒いのか徹底解説します。

    □黒にんにくはなぜ黒い?気になる匂いは?

    黒にんにくはそもそもどうやってできているかご存知でしょうか。
    黒にんにくは、白いにんにくに特殊な方法で熟成させて製造されています。
    白いにんにくを高温、高湿という一定の環境に1ヶ月ほどおくことで熟成して身が黒くなるのです。
    これは肉を焼くと褐変したり、チョコレートが黒っぽい色をしていたりすることに似ているでしょう。

    これらの色の変化は発酵によるものではなく、メイラード反応によるものと言われています。
    メイラード反応とは、還元糖とアミノ化合物を加熱したときなどに見られる褐色物質を生み出す反応のことです。
    黒にんにくは、製造過程で決して化学的な食品添加物を一切使っておりませんので、安心ですね。

    次に、誰しもが白いにんにくを食べると匂いが気になりますが、黒にんにくはどうなのでしょうか。
    熟成して黒くなったにんにくは、メイラード反応によって元の独特なにんにくの渋みや苦味成分は飛んでいき、糖度が上がります。
    まるでドライフルーツのような甘さをしています。
    玉ねぎを焼いてきつね色になると甘くなることやパンケーキの白い生地を焼くときつね色に変わることも同じ現象と言えるでしょう。

    □黒にんにくと一般的な白いにんにくの違いとは?

    黒にんにくと白いにんにくにはどのような違いがあるかご存知でしょうか。
    上記でも少し述べましたが大きな違いは主に3つあります。

    1つ目は、見て分かる通り色の違いですね。
    色の違いは熟成によるメイラード反応によるものでしたね。
    褐変により白色から真っ黒へと変化します。

    2つ目は、正反対に異なるほどの味の違いですね。
    白いにんにくを生で食べる機会はあまりありませんが、辛い味がします。
    にんにくの辛味は、硫化アリルの一種である、アリシンという成分によるものでしょう。
    アリシンは、加熱することで分解するので、料理ではよく加熱して使われることが多いです。

    反対に黒にんにくは、熟成されたことによって、プルーンやドライフルーツのような甘みや食感がします。
    にんにくの独特な辛いイメージを持ちながら、黒にんにくを食べると味の違いにびっくりするでしょう。
    熟成するだけで全く別物のように感じるほどの変貌を遂げるのです。

    最後は、にんにく特有の香りの違いです。
    にんにくといえば、独特な刺激の強い香りを持っている、一般的な家庭でもよく使われる食べ物です。
    食べた後の口臭が気になり、食べるのを控える人もいれば、独特な香りがやみつきになり大好きで良く食べる人もいるでしょう。
    またオリーブオイルが引かれた冷めたフライパンにスライスしたにんにくを入れて、弱火で加熱していくと、香ばしいニンニクの香りをより引き出せます。

    このように香りに癖がある白いにんにくに対して、黒にんにくはどのような香りがするのか気になりますよね。
    実は、黒にんにくは、ほとんど無臭に近く、ほんの少し甘酸っぱい香りがします。
    餃子や焼肉を食べたときのようなにんにく臭さはしないでしょう。

    熟成中ににんにくの匂い成分はほとんど飛ばされます。
    そのため、にんにくの匂いが完全にゼロというわけではありませんが、毎朝少量の黒にんにくを食べても周りに迷惑をかけることはないでしょう。

    □おすすめの食べ方をご紹介!

    黒にんにくと白いにんにくの違いをご紹介してきましたが、最後に黒にんにくの美味しい食べ方をご紹介します。
    まず黒にんにくは刺激が少なく、甘酸っぱさが特徴的なので生のまま食べることをおすすめしています。
    みかんの皮を剥くように皮を剥いて、そのままデザート感覚でも食べられます。
    しかし、刺激が少ないとは言え、食べすぎると胸焼けや胃もたれを引き起こす可能性があるため、1日1片から2片を目安に摂取しましょう。

    他におすすめの食べ方は、料理に加えて食べることです。
    黒にんにくを薄くスライスしてサラダやドレッシングに加えてみたり、ハンバーグやカレーなどの隠し味として混ぜたりするのも良いですね。
    また調味料と組み合わせて新しい調味料を作り置きしておくと便利でしょう。
    黒にんにくは醤油や酢などと相性がよく、黒にんにくを漬け置きしておくだけで、料理を作るときに簡単に使えます。

    黒にんにくは、味や香りがマイルドなのでとても食べやすいのが特徴です。
    そのまま食べられ、トッピングや料理の隠し味にまで幅広くさらっと使えるのも人気の理由です。
    ワンランクアップの味を目指して、黒にんにくの様々な活用の仕方を取り入れて挑戦してみるのも良いですね。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくがなぜ黒いのか徹底解説しました。
    黒さの要因は、熟成の際に起こるメイラード反応によるものでした。
    メイラード反応によって、色だけでなく、味や香りにも大きな変化があります。
    これを機会に甘酸っぱい黒にんにくを試しに召し上がってみてはいかがでしょうか。

  • 2020年11月18日更新

    黒にんにくは犬に食べさせられる?可能かどうかを説明いたします!

    黒にんにくは、普通のにんにくと違って辛くなく甘酸っぱいから犬に与えても大丈夫かなと気になる方もいるでしょう。
    健康食品として知られている黒にんにくですが、果たしてどうなのでしょうか。
    今回は、黒にんにくは、犬や妊婦、赤ちゃんに食べさせられるのか解説します。

    □黒にんにくは、犬に与えてはいけない?

    結論からお伝えすると、黒にんにくは犬に与えてはいけません。
    万が一、少量与えてしまっても何も症状が出ないかもしれません。
    また頻度や量に気をつけておけば、中毒を起こすことは稀であると述べる方もいるでしょう。

    しかし黒にんにくは、犬にとって禁忌と言われている玉ねぎと同じユリ科ネギ類に属する食材です。
    玉ねぎと同じ仲間である以上、その成分は赤血球を溶かし、特に小型犬の場合、少量でも十分中毒になる可能性があります。
    たとえそれが数万分の一の確率でも、死に至る危険性が高まることには変わらないでしょう。
    そのことを考えると、やはり黒にんにくは与えないことが得策と言えます。

    次に万が一、犬が黒にんにくを食べて何かしらの症状が出てしまった時の対処法を見ていきましょう。

    1つ目は、すぐに病院へ連れて行くことです。
    黒にんにくを食べてしまった時は、できるだけ早めに動物病院へ連れて診断してもらうことが大事です。
    玉ねぎほどの中毒を起こす可能性は低いですが、玉ねぎの仲間である限り、十分に中毒を引き起こす可能性があります。
    何か犬に違和感を感じた場合だけでなく、食べてしまったらなるべく早く獣医師に連絡して適切な処置を受けましょう。

    2つ目は、オキシドールを使った応急処置です。
    前提としてですが、素人が以下の応急処置を行うことは大変危険のためおすすめはできません。
    しかし、大量ににんにくを食べてしまった時間帯が病院の営業時間外であったり、長期の休みだったりして、緊急で自分の力でどうにかしなければならない場合もあります。
    基本的に獣医師に指示を受けるべきですが、できない場合は下記の方法を試してみましょう。

    未開封の3パーセントのオキシドールを、体重5キログラムに対して11ミリリットルをスポイトに取り、飲ませます。
    15分ほど待ち吐いたなら応急処置は完了です。
    もし吐かなければ20分以上は時間を空けて再度オキシドールを飲ませます。

    これは緊急時の対処法であり、素人が行うと気管支を傷つけたり、体調不良を引き起こす場合もあるので緊急時以外ではしないでください。

    □妊婦さんの疲労回復におすすめ!

    妊娠中は、妊婦さんや胎児に影響を与えるビタミンAを多く含む食べ物や、カフェインを含むコーヒーやお茶など、制限されているものが多くあり、食べ物に気を付ける必要がありますよね。
    しかし、妊娠中や授乳中は、ビタミンB1不足で疲れが溜まりやすいです。
    特に夏場の妊娠や授乳は体力を消耗しやすいので気を付けましょう。

    そんなときにおすすめなのが黒にんにくです。
    黒にんにくには、ビタミンB1が多く含まれています。
    ビタミンB1とアリシンが結合してアリチアミンになると、ビタミンB1の吸収率が10倍以上になり、糖分をエネルギーに変えてくれます。
    スタミナをつけることが大事な妊娠や授乳期間を乗り切るために、黒にんにくを毎日少しずつ摂取すると良いかもしれません。

    出産後のホルモンバランスの崩れや免疫低下を起こす妊婦さんもいるでしょう。
    そんな時に黒にんにくを食べると、早期に体の状態を回復へと導けるかもしれません。
    黒にんにくの場合は、母乳への臭いもほとんど影響はありませんが、もし赤ちゃんが母乳を嫌がる場合は、食べる量を減らすか控えることをおすすめします。
    また、黒にんにくを選ぶ際に、無農薬や減農薬の記載のないものは、胎児に影響がないとも言い切れないので注意が必要でしょう。

    □子供や赤ちゃんは食べても大丈夫?

    妊娠や授乳期間に摂取することはおすすめしましたが、赤ちゃんや子供はどうなのでしょうか。
    結論からお伝えすると、赤ちゃんには控えた方が良いでしょう。
    赤ちゃんは消化機能がまだ未熟で、肝機能の働きも弱いので、赤ちゃんが食べる食材には細心の注意が必要です。
    大きくなったらなんでも食べられるようになるので、赤ちゃんのうちに刺激があるものや消化の悪そうなものを無理に食べさせないほうが良いです。

    6歳くらいから12歳の子供になると食べさせても大丈夫かもしれませんが、大量の摂取や大人と同じ量の摂取は控えた方が良いかもしれません。
    小さな子供も刺激が強すぎるといけないので、1片の3分の1から2分の1の量を子供にわからないように、ハンバーグやカレーなどに少しずつ混ぜて食べさせると良いでしょう。

    黒にんにくは、滋養強壮や殺菌効果があると言われているので少量でも体に良い効果が出る可能性があります。
    無理せずに少しずつ摂取する意識が大切です。
    いくら栄養価が高いからと言っても、刺激には細心の注意をしましょう。

    □まとめ

    黒にんにくは、犬や妊婦、赤ちゃんに食べさせられるのか解説しました。
    犬や赤ちゃんに食べさせることは控え、子供には注意を払いながら少量ずつあげましょう。
    妊婦さんは、食べると体調の回復につながりますが、食べすぎには注意する必要があります。

  • 2020年11月14日更新

    黒にんにくの売り場はどこ?わかりやすく解説いたします!

    「黒にんにくに興味があるけどどこで買えるのかわからない」
    このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    よく利用するスーパーマーケットで探しても見当たらないということがよくあります。
    そこで今回は、黒にんにくの売り場について詳しく解説します。

    □黒にんにくはどこで売られている?

    近年、健康食品として注目を浴びている黒にんにくですが、どこで販売されているかご存知でしょうか。
    日頃よく利用するスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの場所では、基本的に見当たりません。
    催事場や期間限定のキャンペーンなどではありますが、それ以外で売っているのは稀かもしれません。
    ではどこで黒にんにくを買えるのかということですが、実は買う手段が2つあります。

    1つ目は、高島屋や大丸などの百貨店や道の駅、地方のお土産屋です。
    百貨店には高い確率で販売されているのを見かけます。
    上記のような百貨店以外でも販売されているかもしれませんので、実際に店舗へ訪れて確認してみましょう。

    道の駅やお土産屋さんでもにんにくの生産地の地域ではよく見かけます。
    しかし、にんにくの生産地以外の地域で見つけるのは少し難しいかもしれません。

    2つ目は、通販やネットショッピングを使って買う方法です。
    確実にあるかどうかわからない店舗に買いに行くより、お家で手軽に購入できる通販やインターネットショッピングが簡単に手に入れられます。
    インターネットを使って購入した場合、探したけど黒にんにくが売ってなかったということはありません。
    反対に、黒にんにくの種類がたくさん見つかり、どれを購入するか悩む方もいるかもしれません。

    □黒にんにくの保存方法とは?

    美味しくて栄養たっぷりな黒にんにくは、保存が利きます。
    しかし、保存する際に気をつけなければならないことがあります。
    そこで黒にんにくの保存方法を注意点もあわせて見ていきましょう。

    *常温で保存する場合

    常温で保存をする場合は、高温多湿な場所で保存することは避けてください。
    高温多湿な場所で保存すると、カビが生えたり、黒にんにくが傷んだりしてしまいます。
    黒にんにくの保存の適温は15度から25度くらいなので、夏は、冷蔵庫に入れるのがおすすめです。
    常温保存する場合は、涼しくて風通しの良い、日の当たらない場所で保存してください。

    また黒にんにくを密閉容器で保存すると、黒にんにくの含まれている水分が蒸発して湿気が溜まりやすいです。
    新聞紙やキッチンペーパーなどの水分を吸収してくれるもので黒にんにくを包んで保存しておくと、カビや傷みを防いでくれます。
    定期的に新聞紙やキッチンペーパーを取り替えてあげると、長期間の保存が利くでしょう。

    *冷蔵保存する場合

    季節に関係なく一定の温度で長期保存できるのは、冷蔵保存です。
    気温が高い夏場や、湿度の高い梅雨に常温保存していると、カビが生えたりや実が傷んでしまったりします。
    冷蔵での保存では、一定の温度で保存できるので温度の調整や外気の湿度を気にしなくて済みます。

    しかし、冷蔵で保存する時に注意したいポイントは、冷蔵空間の湿気と結露でしょう。
    冷蔵庫での保存は、結露による傷みや湿気によるカビが発生する場合があります。
    そのため常温保存の時と同様に、冷蔵で保存する時も新聞紙やキッチンペーパーで包んで保存すると良いです。

    □黒にんにくが持つ効果をご紹介!

    黒にんにくには、女性にも男性にもその他の方にも嬉しい効果があると言われています。
    そこで、黒にんにくが持つ嬉しい効果をいくつかご紹介します。
    これから紹介する効果についてぜひ参考にしてみてください。

    1つ目は、体力増強や疲労回復効果です。
    疲労回復や体力増強には、コンスタントにエネルギー補給をする必要があるでしょう。

    エネルギー代謝にはビタミンB1が欠かせませんが、ビタミンB1は水溶性のため、体の吸収率が低いです。
    その吸収を助けるのが黒にんにくに含まれているアリシンという栄養素です。
    アリシンはビタミンB1と結合すると、油に溶ける性質に変化して、体に吸収されるようになり、エネルギー代謝を助けてくれるでしょう。

    2つ目は、血液をさらさらにしてくれる効果です。
    にんにくを食べることで交感神経を刺激して末梢の血管を拡張することがあります。
    血液が全身に流れ、手や足の先から首元まで温まります。
    血液がさらさらになることで、免疫力の向上や代謝も良くなるかもしれませんね。

    3つ目は、美肌を取り戻す効果です。
    肌のハリやなめらかさなど、質感を左右するのは一番外側の表皮です。
    その表皮が外からの異物や刺激から守ってくれ、体内の水分が蒸発するのも防いでくれるでしょう。

    黒にんにくを食べるとにんにくの成分が血液循環をよくするため、お肌にスベスベ感がでます。
    にんにくを食べたときにこのような経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。
    美肌を保つためには、毎日タンパク質と摂りながら、抗酸化成分を含む緑黄色野菜とともに黒にんにくを食べることがおすすめでしょう。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの売り場について詳しく解説しました。
    黒にんにくは、探せば百貨店や道の駅で見つけられるかもしれません。
    しかし、インターネットを使って探した方が楽に買い物ができるのでおすすめでしょう。

  • 2020年11月10日更新

    黒にんにくにはアミノ酸が豊富!どのような栄養素が含まれている?

    「黒にんにくは栄養価が高いとよく聞くが実際はどうなの」
    このように黒にんにくの栄養価について気になる方も多いでしょう。
    実は、アミノ酸が豊富に含まれていて、健康への効果が非常に高いと言われています。
    今回は、黒にんにくに含まれている栄養分について解説します。

    □黒にんにくの栄養分についてご紹介!

    黒にんにくには、様々な栄養分が豊富に含まれています。
    栄養分の幅が広く、健康や美容に効果があると言われています。
    そこで、期待できる効果を持つ黒にんにくの栄養分についてご紹介します。
    人によっては下記の効果が出るとは限りませんので、参考程度に見ていきましょう。

    1つ目は、アミノ酸の1種であるアルギニンという栄養分です。
    黒ニンニクには、アルギニンが通常のニンニクより3倍の量も含まれています。
    そんなアルギニンには、疲労回復やインスリン分泌、コラーゲン生成の促進、血管の老化防止などの効果がある可能性が高いと言われています。
    年齢を重ねると共に体内での生成量が減るため、年齢を重ねると共にアルギニンを摂ることを意識すると良いでしょう。

    2つ目は、含有量が多いアミノ酸とポリフェノールです。
    ポリフェノールの強い抗酸化作用は、老化現象のもととなる活性酸素を除去する働きを持っていると言われています。
    さらに体調を崩しにくい体づくりのサポートやアレルギー改善もしてくれる場合もあります。
    アミノ酸と同様に、さまざまな健康効果を期待できるでしょう。

    3つ目は、にんにくから黒にんにくへと熟成する過程で生まれるSアリルシステインです。
    Sアリルシステインはアミノ酸の1種であり、体に欠かせないものです。
    ポリフェノールと同じように抗酸化作用が強く、老化現象を引き起こす活性酸素と腸内の悪玉コレステロールが結びつくのを防ぎます。
    活性酸素による細胞へのダメージは、放置しておくと体に様々悪影響を与えるでしょう。

    □抗酸化作用の効果について解説!

    ポリフェノールやSアリルシステインの効果である抗酸化作用について詳しく解説します。
    抗酸化作用には、老化を阻止する役割があると説明しましたが、そもそも人はなぜ老化するのかご存知でしょうか。
    老化とは、ただ歳を重ねたら老化であるというわけではなく、成熟期以降に起こる生理機能の衰退を一般的に意味しています。

    同じ年代の人でも、見た目や行動が若々しい人や、年齢よりも老けて見える人もいますよね。
    このように老化には、個人差があると言えます。
    老化のスピードは40歳代から加速すると言われているのですが、その理由は、活性酸素を取り除く抗酸化物質の働きの急激な低下です。
    40歳代になると抗酸化物質の働きが低下するのはごく普通の現象であるため、老化を阻止するためには、ポリフェノールやSアリルシステインなどの抗酸化作用がある栄養分を摂取する必要があるでしょう。

    反対に、老化の原因である活性酸素を増やさないためにはどうすればいいでしょうか。
    活性酸素を増やさないためには、生活習慣を見直す必要があります。
    例えば、喫煙やアルコール摂取の多い方は量を減らすことや、ストレスを溜めないように定期的にストレス発散をするというようなケアを取り入れることが重要です。
    他にも過度の紫外線や過度の運動に気を付けましょう。

    □黒にんにくの保存方法とは?

    黒にんにくは、一般的なにんにくと保存方法が違うと言われています。
    そこで黒にんにくの保存方法についてもチェックしておきましょう。
    比較的日持ちしやすいため、常温、冷蔵、冷凍のいずれの方法でも保存ができます。

    *常温で保存する方法

    黒にんにくは、気温と湿度が低く、風通しが良くて日の当たらない場所で保存しましょう。
    ビニール袋やプラスチックの密閉容器に入れておくと、黒ニンニクから出る水分で湿気が溜まってしまうので注意が必要です。
    まるごとの黒ニンニクは新聞紙で包んでおくと、余計な水分を新聞紙が吸収してくれるので、カビの発生や傷みを防げます。

    *冷蔵で保存する方法

    もっと長く保存したいときや夏の暑い時期に冷蔵保存はおすすめです。
    常温で保存する時と同様に新聞紙やキッチンペーパーなどで包んで冷蔵庫へ入れましょう。
    湿ってきたら、その度に新しい新聞紙やキッチンペーパーに交換すると、より良い状態で保存できます。
    冷蔵するとおよそ半年ほどはもつと言われています。

    *冷凍で保存する方法

    さらに長期で保存したい場合は、冷凍で保存することをおすすめします。
    密閉できる保存袋に入れて冷凍庫に入れるだけで大丈夫です。
    黒にんにくは実がカチカチになることはないです。
    そのため皮付きでも冷凍できますが、皮を剥いて冷凍しておくといつでも取り出して食べられるので便利でしょう。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくに含まれている栄養分について解説しました。
    黒にんにくには、老化を阻止してくれる効果や体を元気にしてくれる効果があると言われています。
    これを機に老化防止を意識して、いつまでも元気でいられる体づくりを始めてみるのも良いですね。

Information