青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2020年02月14日更新

    黒にんにくを食べると頭が良くなる?その理由と言える2つの成分を紹介します!

    「黒にんにくを食べると記憶力があがるのか知りたい。」
    「頭の回転力を向上させるものってないの?」
    このように、黒にんにくの購入を考えている方で、黒にんにくを毎日摂取し続けることで、頭がよくなるのかについてやその理由を詳しく知りたい方はいらっしゃいませんか?
    実は、黒にんにくは、脳に良いと言われてるんです!
    頭がよくなると言われている大きな理由は脳に良い成分が多く含まれているからです。
    以下で詳しく説明していきます。

    □黒にんにくとは

    黒にんにくとは、通常の生の白いにんにくを高温で多湿の環境に置いて約1か月間熟成させた状態のものです。
    もともと黒いわけではなく、熟成させることで色が変化します。
    通常の生にんにくに、栄養成分が多く含まれていることは周知の事実ですが、黒にんにくは、それを熟成させることによって、免疫力を強化する効果、がん予防、風邪予防、脂肪消費量が上がる効果などが期待できます。
    その中でも、今回解説するのは、脳に良いとされる成分についてです。

    □黒にんにくのS-アリルシステインが脳に良い成分と言われている

    S-アリルシステインとは、生のにんにくが熟成される段階で生まれる成分です。
    この成分が、通常の生にんにくに比較すると約16倍含まれており、血行を促進してくれる働きがあります。
    脳の活動低下が引き起こされる大きな要因の一つに脳血流の低下があります。
    慢性的に脳の血流が悪くなってしまうと、酸素が十分に行き渡らなくなり、長期的に、脳梗塞や脳卒中を引き起こす可能性があります。
    そのため、血行を促進することで、脳の活動を活発化させることが大切です。
    S-アリルシステインは、血管の機能を正常に戻す働きがあるので、血液がサラサラになり、血行を促進します。
    また、私たちのからだは、外部から得られる酸素を使って日々エネルギーを産出していますが、この酸素を使っていくと同時に活性酸素というものが体内に発生します。
    この活性酸素は細胞を傷つけ、血管内部に炎症を起こす場合があります。
    S-アリルシステインは、この活性酸素を無害なものに変え、除去する抗酸化作用が強い成分です。
    抗酸化作用の働きは、悪玉コレステロールを減らしてくれ、血液をさらさらにするので脳の血流がより促進されるのです。

    □黒にんにくに含まれるアホエンは頭の回転を早くする成分

    アホエンとは、黒にんにくに多く含まれる栄養成分です。
    黒にんにくは、通常の生の白いにんにくを1ヶ月間熟成させたものでした。
    この熟成過程において、にんにくの強い臭い成分である「アリシン」が「アホエン」に変わります。
    「アホエン」は黒にんにくのみに含まれています。
    この「アホエン」にこそ、頭が良くなる理由があります。

    *頭の回転が良くなる

    「アホエン」は、血流を増加させるはたらきがあり、脳の血流を促進してくれます。
    外部から入ってくる情報を整理したり、記憶したりしてくれるのが、細胞内にあるシナプスです。
    脳が血流促進されると、シナプスが活性化し、多くの情報の行き交いがスムーズになり、頭の回転が速くなるのです。

    *脳を健康に保ってくれる

    脳の血流促進によって、頭の回転が速くなり、記憶力も増強します。
    しかし、血液がドロドロになっていたり、血管が細くなっていたりしては、脳卒中や脳梗塞を引き起こしてしまい、大変危険です。
    「アホエン」は、血管が詰まる要因となる、コレステロールを下げてくれます。
    血栓ができるのを防ぎ、血液をサラサラに保ってくれる作用があるのです。
    そのため、脳の健康を保ちつつ、血行の働きを良くしてくれます。

    □アホエンはどのようにして取り入れる?

    「アホエン」を摂取するとき、生のにんにくを加熱消毒後に自宅で熟成し、黒にんにくを作る方もいらっしゃるかもしれません。
    しかし、ここで注意したいことは、「アホエン」は、100度以上の温度に熱されると、消滅してしまいます。
    そのため、効率的に「アホエン」を摂取するには、黒にんにくを購入してそのまま召し上がる方がより効果を期待できるでしょう。
    また、サラダやスープにふりかけて召し上がることもおすすめです。

    □黒にんにくには毎日継続して食べられる理由がある

    上記に示した成分は、長時間体内に保存されるわけではありませんので、毎日継続して取り入れることがおすすめです。
    黒にんにくは、通常の生にんにくのイメージから臭いがきつく、味もにんにく特有の強い酸味を想像されるかもしれません。
    にんにくには、アリシンという成分が含まれており、これが臭いを発生する要因となっています。
    黒にんにくは、熟成過程において、アリシンが消失するため、臭いがほとんど気にならない程度まで減少します。
    さらに、味もドライフルーツのような甘みのある味に変化するため、毎日お手軽に食べられます。

    □まとめ

    今回は、なぜ黒にんにくは頭が良くなると言われているのかご説明しました。
    黒にんにくに含まれる「アホエン」は、脳細胞を活性化し血流を促進してくれるので、頭の回転が速くなり、記憶力アップにもつながります。
    また、脳の健康状態を保ってくれるので、お年寄りや子供でも召し上がり続けられます。
    当社の黒にんにくは、青森県産の高級にんにくを使用しており、その品質と味は、世界において認められたものです。
    ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

  • 2020年02月10日更新

    現在、愛用者が増えている魅力のつまった黒にんにくの気になる歴史とは?

    「黒にんにくはいつからあるの?」
    「黒にんにくの歴史について興味がある。」
    黒にんにくの愛用者の中には、このように黒にんにくの発祥や歴史について知りたいという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
    黒にんにくには、栄養成分が多く含まれており、生のにんにくからは想像できないほどの食べやすさから、注目度が上がってきています。
    今回は、にんにくの歴史や黒にんにくの発祥から現在に至るまでの歴史をご紹介します。

    □にんにくっていつ日本に入ってきたの?

    はじめに、にんにくの歴史についてご紹介します。

    *にんにくの歴史

    人々とにんにくとの関わりは、さかのぼること紀元3000年とされています。
    紀元3000年と言うと、どれほど前か想像しにくいかもしれません。
    エジプトにピラミッドが完成した頃と言うとわかりやすいのではないでしょうか。
    当時、ピラミッドを完成するにあたっての原動力は、人々の手による労働力でした。
    そこで役に立ったとされているのが、にんにくでした。
    にんにくの持つ疲労回復効果は、万能薬として使われていたのです。

    *日本にはいつ入ってきたの?

    にんにくが日本に入ってきたのは、4世紀ごろとされています。
    約1600年〜1700年前でしょう。
    農耕社会から弥生時代後半に入ると、朝鮮半島との交易が盛んになり、その時に入ってきたと言われています。
    後に、夏バテ防止としてにんにくが「源氏物語」でも登場します。
    日本との関わりも古くからあることがわかります。

    □黒にんにくの発祥はいつ?

    古代から、にんにくのもつ滋養強壮力は万能薬として広まっており、近代になると、にんにくに関する研究が進みました。
    黒にんにくの開発は、近代になってからとされています。
    しかし、発祥がいつかは明確になっていません。

    □黒にんにくの発祥はどこ?

    日本で著名な黒にんにくの研究者である佐々木教授は、「黒にんにくの開発は、2002年に三重県で始まり2年後の2004年には完成していた。」と発言されています。
    黒にんにくは三重県で開発され、有名な生産地としては青森県が挙げられます。
    海外では、韓国産の黒にんにくが広まっており、韓国が発祥地という説もあります。

    □黒にんにくを食べる

    *黒にんにくとは

    黒にんにくとは、通常の生にんにくを高温多湿な環境で1か月ほど熟成させたものです。
    もともと黒いわけではなく、熟成させることで色が変化します。
    黒にんにくは、生のにんにくを熟成させることによって、本来よりも栄養成分が何倍も増えます。
    増えた栄養成分によって、免疫力の強化、脂肪消費量が上がる効果、脳の活動低下を抑制する働き、疲労回復など多くの効果が期待できます。

    *S-アリルシステインの魅力

    中でも生にんにくの熟成過程において生成されるS-アリルシステインという成分は、通常の生にんにくに比べて約16倍含まれており、血行を促進してくれる働きがあります。
    血行を促進することで、脳血流の低下を防ぎ、認知症の予防や、体温上昇を図り、免疫力の強化につながるでしょう。

    *抗酸化作用が強い成分が多く含まれている

    抗酸化作用とは、活性酸素のような有害物質を無害物質に変え、除去する働きのことです。
    私たちのからだは、酸素を利用してエネルギーを生み出しています。
    また、酸素を利用すると同時に活性酸素が体内に生じます。
    この活性酸素は細胞を傷つけ、血管内部に炎症を起こす場合があるでしょう。
    黒にんにくには、抗酸化作用の強い成分がたくさん含まれています。
    抗酸化作用は、老化現象のもととなる活性酸素を除去する働きがあるとされています。
    アミノ酸も含まれており、さまざまな健康効果を期待できるでしょう。

    □黒にんにくは毎日継続して食べられる

    上記の成分は、長時間体内に保存されるわけではありませんので、毎日継続して取り入れることがおすすめです。
    黒にんにくは、通常の生にんにくのイメージから臭いがきつく、味もにんにく特有の強い酸味を想像されるかもしれません。
    にんにくには、アリシンという成分が含まれており、これが臭いを発する要因です。
    黒にんにくは、熟成過程において、アリシンがなくなるため、臭いが全く気にならなくなります。
    さらに、味もドライフルーツのような甘みのある味に変化するため、毎日お手軽に食べられます。

    □まとめ

    にんにくは、ピラミッド完成の時代から強力な疲労回復効果のある食品として、人々と密接な関係にありました。
    近代になるにつれて、にんにくに関する研究が広まり、発祥地は明確にはなっておりませんが、日本では2002年に三重県で開発されたと言われています。
    黒にんにくは、栄養価の高さと其の食べやすさから健康食品として愛用者が増えてきています。
    当社の黒にんにくは、有名生産地である青森県産のものを使っており、モンドセレクション12年連続金賞を受賞しています。
    また、食品安全管理を実践するためのマネジメントシステムの規格を世界で初めて取得しています。
    全国的に配送を取り扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 2020年02月06日更新

    黒にんにくは風邪予防に良いの?気になるその効果や成分は?

    「黒にんにくの効果ってどんなものがあるの?」
    「継続的に取り入れらる風邪対策に効果が期待できるものはないか知りたい。」
    黒にんにくの購入を考えている方で、これらのように黒にんにくと風邪の関係性について知りたい方がいらっしゃるかと思われます。
    風邪対策には、バランスの良い食事、質の良い睡眠、適度な運動がよくあげられます。
    しかし、忙しい日々の中で、生活リズムを継続して変えることが難しい方や、より手軽に風邪対策できる方法を探している方は多いと思います。
    近年、生のにんにくが風邪予防に効果的というのは、よく耳にしますが、強烈な臭いと強い酸味のある生にんにくを毎日食べるのは抵抗があると思います。
    日頃から、風邪対策をするには、負担なく継続して取り入れられるものが良いですよね。
    そこで、今回は、毎日負担なく続けられる健康食品として黒にんにくについてご紹介していきます!

    □風邪予防には免疫力の向上が第一

    そもそも風邪を予防するためには、何に気を付けるとよいのでしょうか。
    風邪と一言で言っても、出てくる症状は、咳、倦怠感、喉の痛み、鼻水などたくさんあります。
    それは、ウイルスや細菌の種類が多く、炎症や感染する箇所が異なるために、様々な症状が出るからです。
    私たちは、常に、多くのウイルスや細菌にさらされています。
    外部からのウイルスや細菌によって、風邪が引き起こされるか否かの分岐点は、免疫力がどれくらい強いかによって左右されます。
    つまり、風邪予防には、免疫力を上げることが何よりも大切です。

    □黒にんにくは免疫力を上げてくれるって本当?

    黒にんにくは、近年、その栄養価の高さから中高年を中心に注目を集めています。

    *黒にんにくとは

    黒にんにくとは、通常の生の白いにんにくを高温で多湿な環境に約1か月間置いて熟成させたものです。
    もともと黒いわけではなく、熟成させることで色が変化します。
    通常の生にんにくに、栄養成分が多く含まれていることは周知の事実ですが、黒にんにくは、それを熟成させることによって、本来よりも栄養成分が何倍も増えます。
    増強した栄養成分の中に、風邪を予防する免疫力を強化する成分がいくつか含まれており、風邪対策の効果が期待できるとされています。

    *S-アリルシステイン

    S-アリルシステインは、生にんにくが熟成されている間で、生み出される成分です。
    この成分は、通常の生にんにくと比較すると約16倍含まれており、血行を促進します。
    偏った生活習慣などが続くと、血管の柔軟性が落ちます。
    柔軟性が落ちてしまうと、血管内部に負荷がかかり、傷がつく可能性が高くなります。
    S-アリルシステインは、血管の機能を正常に戻す働きがあるので、血液がサラサラになり、血行を促進します。
    そして、血行が促進されると、体温が上昇するので、免疫力の増強につながるのです。
    体温が1度あがるだけで免疫力は5〜6倍に上がるため、S-アリルシステインは、免疫力強化の効果が期待できます。

    *ポリフェノール

    私たちのからだは、外部から得られる酸素を使って日々エネルギーを産出していますが、この酸素を使っていくと同時に活性酸素というものが体内に発生します。
    この活性酸素は細胞を傷つけ、免疫を下げる要因の一つです。
    ポリフェノールは、この活性酸素のような有害物質を無害物質に変え、除去する抗酸化作用の強い成分です。
    活性酸素は、別名、からだのサビと言われており、この活性酸素を除去することで免疫力強化だけでなく、脂肪の消費量を上げてくれたり、高血圧を予防したりする効果があります。
    ポリフェノールは、健康を促進する効果が期待できます。

    □子供のときから食べることでスタミナをつけていける!

    通常の生のにんにくは強烈な臭いとにんにく特有の酸味があり、懸念されるかもしれません。
    一方で、黒にんにくは、強い臭いを発している「アリシン」が熟成される途中で減少するため、臭いが激変します。
    さらに、酸味がなくなり、甘みが強くなるので、ドライフルーツのような味わいです。
    柔らかい食感ですので、子供からお年寄りまでおやつ感覚としてお召し上がりいただけます。
    子供のときから、毎日体内に取り入れ続けることによって、免疫力の増加が期待できます。
    皮を向いてそのまま召し上がれますので、お忙しい方でも負担なく召し上がれます。
    1日の中で明確に食べるタイミングは決められてはいませんが、朝食前の空腹時に食べることで1日の初めの栄養素として最適です。
    また、運動前の30分~1時間前に食べることで、脂肪燃焼に効果的に働き、夜の摂取では、疲労回復効果が期待できます。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくと風邪予防のつながりについてご紹介しました。
    黒にんにくは、通常の生にんにくと比較して、免疫力向上の効果を期待できるS-アリルシステインが約16倍増強されます。
    子供からお年寄りの方までお召し上がりいただけますので、毎日継続して召し上がり続けることによって、風邪予防効果が期待できます。
    当社の黒にんにくは、12年連続してモンドセレクションを受賞しており、世界に認められた品質と味を兼ね揃えています。
    ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

  • 2020年02月03日更新

    血圧が下がる効果が期待できる!今話題の黒にんにくとは!

    「毎日健康でいたい。」
    「高血圧が気になる。」
    「血圧が下がる何かいい方法ないの?」
    高血圧対策をご検討中の方で、どんなものが高血圧に効果があるのか迷う方は多いです。
    近年、生活習慣病への対策が多く話題に出ており、中でも日本人に多いのが高血圧と言われています。
    インターネットやメディアでは様々な情報が錯綜しているため、結局どれがおすすめなのか迷うのは当然です。
    高血圧は、自覚症状が出にくいですが、突然心筋梗塞や脳卒中を起こす危険な生活習慣病の一つです。
    そのため高血圧を予防・改善するための、毎日の生活習慣の見直しが大切です。
    しかし、忙しい日々の中で、生活リズムを継続して変えることが難しい方や、より手軽に健康を維持できる方法を探している方は多いのではないでしょうか。
    そんな方におすすめなのが、今回ご紹介する「黒にんにく」です!

    □黒にんにくとは

    黒にんにくは、通常の生にんにくを高温多湿な環境で1か月間ほど熟成させたものです。
    もともと黒いわけではなく、熟成させることで色が変化します。
    通常の生にんにくに、栄養成分が多く含まれていることは周知の事実です。
    黒にんにくは、それを熟成させることによって、本来よりも栄養成分が何倍も増強するのです。
    増強した栄養成分の中に、血圧を下げてくれる成分がいくつか含まれており、高血圧に効果が期待できるとされています。

    □高血圧とはどのような状態か

    そもそも高血圧とはどのような状態なのか少し触れておきます。
    私たちの心臓は、外部から取り込んだ酸素を身体の細部までを循環させるために、圧力をかけて血液を送っています。
    酸素の通り道である血管は、圧力による収縮・拡張に耐えられるように柔軟なつくりになっています。
    この血管が、ストレスや飲酒、喫煙、偏食や睡眠不足などによって、柔軟性がなくなってしまうと、心臓が圧力をさらにかけなくてはいけません。
    これが高血圧の状態です。

    □血圧を下げるためには

    高血圧とは、偏った生活習慣によって血管の柔軟性機能が落ちることによって、心臓が血液を送り出すときの圧力が高い状態のことをさします。
    圧力が一定値よりも高くなってしまうと、血管内部にも負荷がかかり、傷がついてしまう確率が高いです。
    そのため、血圧を正常にするためには、血管内部の傷を抑え、血液をサラサラにすることで心臓が負荷なく一定に圧力をかけられるようにする必要があります。

    □黒にんにくの血圧を下げてくれる成分とは

    黒にんにくには、血管の機能を正常にし、高くなった血圧を下げてくれる成分が多く含まれています。

    *ポリフェノール

    ポリフェノールは、高血圧対策の代表成分です。
    カラダのサビと言われている活性酸素を除去してくれるはたらきがあり、活性酸素を除去する抗酸化作用がとりわけ強いです。
    血管内部の有害物質を無害物質に変えてくれるため、内部に傷がついて炎症が起きた場合でも、それらを修復し、血管が狭くなるのを防いでくれます。
    そして、このポリフェノールは、熟成によって通常の生にんにくの約6倍含まれています。

    *S-アリルシステイン

    S-アリルシステインは、熟成段階において生成される成分です。
    ポリフェノールと同様、強い抗酸化作用があり、血管内部の炎症を抑えるはたらきがあります。
    さらに、悪玉コレステロールを減らす機能があり、血液をサラサラにしてくれます。
    これらのような高血圧にはたらく成分が豊富に含まれています。

    □毎日手軽に健康維持できる

    上記の成分は、長期間体内に温存されるわけではありませんので、毎日継続して取り入れることがおすすめです。
    黒にんにくは、通常の生にんにくのイメージから臭いがきつく、味もにんにく特有の酸味が強いものを想像されるかもしれません。
    にんにくには、アリシンという成分が含まれており、これが臭いを発する原因です。
    黒にんにくは、熟成過程において、アリシンがなくなるため、臭いが全く気にならなくなります。
    さらに、味もドライフルーツのような甘みのある味に変化するため、毎日手軽に食べられます。

    □黒にんにくの容量

    黒にんにくの容量は、きちんと定められているわけではありませんが、1日2〜4粒を目安にお召し上がりください。
    通常のにんにくとは異なり、臭い成分が抑えられているので、そのままでも、料理の隠し味としてでもお召し上がりいただけます。

    □まとめ

    今回は、生活習慣病の一つである高血圧対策に黒にんにくの効果をご紹介しました。
    黒にんにくは、毎日簡単に継続して、高血圧に効果が期待できる栄養成分を摂取できるので、お忙しい方にもおすすめです。
    当社が提供している青森県産の黒にんにくは、独自のやり方で熟成させ、数々の名高い賞を受賞しています。
    通常のにんにくと比べると、栄養価が非常に高く胃にも優しい大人気のにんにくです!
    精度の高いお試し用のセットもございますので、健康維持を手軽にしたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

  • 2020年01月30日更新

    ダイエット効果に黒にんにく?その4つの理由とは!

    「ダイエットをしたいけど、運動する時間が取れない。」
    「毎日継続してできるダイエット方法を知りたい。」
    「代謝を上げて痩せたい。」
    ダイエット方法をお探しの方で、このように、継続して健康的に痩せられる方法を知りたい方は多いかと思われます。
    ダイエットと一言で言っても、たくさんの方法がありますが、根本的に必要不可欠なものとして、運動・食事・睡眠の3つの質を上げることが大切です。
    しかし、毎日、ダイエットのことを考えながら生活リズムを保つことは、難しいですよね。
    仕事がお忙しい方ならなおさらです。
    そこで今回は、ダイエット効果が期待できる黒にんにくについてご紹介します。

    □黒にんにくのダイエットへの効果

    黒にんにくは、生のにんにくを高温かつ多湿な環境で1か月ほど熟成させたものです。
    もともと黒いわけではなく、熟成させることで色が変化します。
    生のにんにくに、栄養成分が多く含まれていることは周知の事実です。
    黒にんにくは、それを熟成させることによって、本来よりも栄養成分が何倍も増強する優れものです。
    健康かつ美容にも特化した黒にんにくを4つの特徴と合わせてご紹介していきます。

    □脂肪を溜め込めず代謝アップ

    黒にんにくは、生のにんにくを加熱し熟成させたものです。
    にんにくには、アドレナリンの分泌を促進させる働きがあります。
    アドレナリンには、脂肪を燃焼し、余分な体脂肪をエネルギーとして放出してくれる作用があるので、効率的に脂肪を落としてくれます。
    黒にんにくには、血行を促進してくれる効果が高く、体温も上昇しやすいです。
    脂肪を燃焼し、基礎代謝上がるため、太りにくく痩せやすい体質に変わる効果が期待できます。
    1年間、毎朝黒にんにくを摂取し続けた女性の経験談によると、特別な運動はしていないが、冷え性が改善され体温の上昇や代謝アップが見られ、太りにくい体になったと実感しているそうです。
    また、にんにくに脂肪燃焼の効果があることは、ラットを使った実験で証明されています。

    □筋肉のエネルギー源

    私たちのカラダの約20%はタンパク質が占めています。
    タンパク質の最小単位がアミノ酸です。
    このアミノ酸は、体内で合成できない必須アミノ酸と、合成できる非必須アミノ酸の2つに分けられます。
    必須アミノ酸は、体内では作られないため、体外から食べ物として摂取されます。
    黒にんにくには、必須アミノ酸が多く含まれており、そのうち、筋力増強効果が期待できる要素がバリン・ロイシン・イソロイシンの3つの栄養要素です。
    これらの3つの要素は、同じ分子構造をしているため、BBCA(Branched Chain Amino Acid ; 分岐鎖アミノ酸)と呼ばれています。

    *BBCAの効果

    BBCAは、筋肉にとって非常に重要なアミノ酸です。
    筋トレ中にプロテインを飲んだり、ボクサーが減量中にささみを食べたりしているように、タンパク質の摂取は、運動時には欠かせません。
    BBCAは、このタンパク質をしっかりと消化・吸収する働きがあるので、筋肉量が増え、健康的に綺麗に痩せることが期待できるのです。
    黒にんにくは、BBCAが豊富に含まれているため、運動時の効率的なダイエットにコミットしてくれます。

    □美容にも効果あり

    ダイエットで最もリバウンドする理由の一つが、急激に食事を制限してしまうことです。
    食事制限によって、必要な栄養が摂取されないことは、美容に大敵です。
    黒にんにくは、多くの栄養成分が含まれており、中でもポリフェノールやS-アリルシステインは、美容に作用する成分です。

    *ポリフェノール

    ポリフェノールには、カラダのサビと言われている活性酸素を除去してくれる働きがあり、活性酸素を除去する抗酸化作用がとりわけ強いです。
    シワやニキビの原因である活性酵素を無害物質に変えてくれる働きがあります。
    そして、このポリフェノールは、熟成によって通常の生にんにくの約6倍含まれています。

    *S-アリルシステイン

    S-アリルシステインは、生のにんにくには、ほとんど含まれていません。
    熟成される段階で、生成される成分です。
    この成分は、抗酸化作用の強いアミノ酸物質で、血液をサラサラにしてくれます。
    血液がサラサラになることで、血行が良くなり、美容に効果が期待できると言われています。

    □臭いと味は?

    黒にんにくは、通常の生にんにくのイメージから臭いがきつく、味もにんにく特有の酸味が強いものを想像されるかもしれません。
    にんにくには、アリシンという成分が含まれており、これが臭いを発する原因です。
    黒にんにくは、熟成過程において、アリシンがなくなるため、臭いが全く気にならなくなります。
    さらに、味もドライフルーツのような甘みのある味に変化するため、毎日手軽に食べられます。
    黒にんにくを1年間食べ続けたことによって、睡眠の質も上がったと実感されている方もいらっしゃいます。

    □まとめ

    急激に、過度な運動や食事制限をしてしまうと、脂肪を燃焼しにくい体になったり、基礎代謝が低下したりする可能性があります。
    健康にも美容にもよくありません。
    健康的なダイエットの味方として、黒にんにくをご検討されてみてはいかがでしょうか?
    当社の黒にんにくは、モンドセレクションで12年連続金賞を受賞しており、世界で認められた品質と味覚を兼ね揃えています。
    手間を取られず、お手軽にダイエット効果をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

Information