青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2020年08月06日更新

    黒にんにくの食べ方とは?おすすめの量も合わせて解説します!

    「黒にんにくは体に良いから、できるだけたくさん食べた方が良い」「普通のにんにくと違って食べやすいからついつい食べ過ぎてしまう」
    このような方はいらっしゃいませんか。
    実は黒にんにくの食べ過ぎには注意が必要です。
    今回の記事では、黒にんにくの食べ方とその適切な量を紹介します。

    □黒にんにくを摂取する1日の目安量とは?

    黒にんにくとは、通常のにんにくを熟成させた自然食品です。
    そのため薬のように摂取量が規定されているわけではありません。
    また、通常のにんにくと違って強烈なにおいや胃への刺激も少なく、生でも食べやすいと言われているのが大きな特徴でしょう。

    黒にんにくに刺激が少ない理由は、熟成過程によって殺菌成分の「アリシン」が「S-アリルシステイン」へと変化することにあります。
    にんにくのにおいや刺激の直接的原因であるアリシンは、黒にんにくに変化すると含有量が大幅に減少するため、生で食べても大きな問題はないと言われています。

    しかし、だからといって完全ににおいや刺激が消えたわけではありません。
    食べ過ぎてしまうと、その殺菌成分であるアリシンが腸内の悪玉菌と一緒に善玉菌も殺してしまい、胃もたれや胸やけを起こす恐れがあるでしょう。
    特に黒にんにくを食べ始めたばかりの人は、体が慣れていないためか不調を起こしやすいです。

    おすすめは、体調やその日の食事内容に合わせて1日1~3粒ほど食べることです。
    一度に大量摂取すると、過剰分は体の外に出ていってしまうため、せっかくの栄養素が無駄になってしまうでしょう。
    健康や美容効果を実感するためにも、毎日少しずつ気長に続けられると良いですね。

    さらに、ダイエットや美容、疲労回復といった黒にんにくを食べる目的に合わせて時間を変えて食べてみましょう。
    朝食べるとその日1日がエネルギッシュに活動でき、夜に食べると疲労回復に役立つと言われています。

    黒にんにくは、天然のサプリメントと呼ばれるほど栄養が豊富ですが、その中でもタンパク質を構成するアミノ酸がたっぷりと含まれています。
    特にチェックして頂きたい3つのアミノ酸について紹介しましょう。

    1つ目に紹介する「リジン」は、体内で生成できない必須アミノ酸の1つで、体内のたんぱく質の2~10パーセントをこのリジンが占めています。
    リジンには集中力向上や疲労回復効果があると言われており、免疫力のサポートもしているため、非常に重要なアミノ酸だと言えるでしょう。

    2つ目の「シスチン」は、体内で生成できる非必須アミノ酸です。
    しかし、体内で作られる分だけでは不足しがちなため、外から積極的に摂取する必要があります。
    シスチンには美肌や老化防止の効果があり、爪や髪の健康にも影響を与えるため、摂取すれば見た目を若々しく保ってくれるでしょう。

    3つ目に紹介するのは「アルギニン」です。
    アルギニンもシスチンと同じ必須アミノ酸の1つですが、乳幼児や成長期の子ども、筋肉を鍛えている方などは、基本的にアルギニンが不足状態にあると言われています。

    また、筋肉の合成や代謝をアップさせる効果があるため、不足する分を補うように適切な量を摂取しましょう。
    ちなみに黒にんにくは、通常のにんにくの約3倍の量が含まれていることが特徴的です。

    □黒にんにくのおすすめの食べ方とは?

    先述した通り、黒にんにくは熟成されているため、においや刺激が少ないので、生で食べられます。
    黒にんにくの成分をより効果的に摂取するためにも、できるだけ生に近い状態で食べると良いでしょう。

    おすすめは黒にんにくを薄くスライスしてサラダにトッピングする食べ方です。
    黒い色もアクセントになって、いつもとは違うおしゃれな料理に変身するでしょう。
    また、細かく刻んでドレッシングに加えてみても良いですね。
    黒にんにくのドレッシングはサラダだけでなく他の料理ともマッチするでしょう。

    より手軽に使いたい場合は、黒にんにくを醤油に漬けてしばらく置き、黒にんにく醤油を作ってみてはいかがでしょうか。
    お刺身の醤油や炒め物、煮物などにも使えてとても便利です。

    □黒にんにくのレシピを試してみよう

    黒にんにくは生で食べたり、調味料に混ぜたりするだけでなく、料理レシピへの活用もできます。
    ハンバーグや餃子、チャーハンやカレーに入れると、甘みと酸味がアクセントとなって料理の美味しさを引き立ててくれるでしょう。

    その中でも一番のおすすめは、黒にんにくのオムレツです。
    プレーンオムレツを作る途中で黒にんにくの1~2片を細かく刻んで入れ、一緒に焼きましょう。
    黒にんにくは甘みがあるため砂糖を使う必要はありません。
    ヘルシーな黒にんにくオムレツは、お子様にも喜ばれること間違いないです。

    □まとめ

    黒にんにくは生で食べる以外にもたくさんのアレンジ方法があります。
    適切な量を守って、自分好みの食べ方を見つけてみてください。

    当社では日本一の生産量を誇る青森県田子町で熟成された黒にんにくを製造販売しております。
    気になる方はお気軽にご連絡ください。

  • 2020年08月03日更新

    黒にんにくはおつまみとして人気がある?おすすめの調理法とは?

    黒にんにくは、おつまみとしても人気があることをご存知でしょうか。
    手軽に食べられる上に栄養素も抜群なので、多くの方からの人気を集めています。
    そこで今回は黒にんにくのおすすめの食べ方についてご紹介します。

    □黒にんにくのおすすめの食べ方とは?

    黒にんにくを食べるときの、おすすめの食べ方とは何でしょうか。
    今回は2つのポイントに分けてご紹介します。
    手軽においしく食べられますので、購入後にチャレンジしてみてください。

    1点目は、料理に使う方法です。
    メイン料理に、黒にんにくを材料として使うと良いでしょう。
    味を壊さずに、美味しくいただけます。
    例えば、チャーハンやカレー、パスタなど炭水化物の食べ物にも活用できるので、おすすめです。

    さらに、もともと白にんにくを使っていた料理に黒にんにくを代用する方法もおすすめです。
    例えば、餃子や唐揚げなどが挙げられます。
    黒にんにくで代用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
    大きな違いとして、匂いが少ないと言われています。
    それゆえ、口臭や衣類に匂いが付着するリスクが少ないので、料理に活用してみると良いでしょう。

    このように、料理に使うことで、料理のバリエーションがグッと広がります。
    食生活の栄養バランスが改善される上に、クセが少ないので、とてもおすすめです。
    ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

    2点目は、そのまま食べる方法です。
    黒にんにくをそのまま食べることに、抵抗がある方もいらっしゃることでしょう。
    なぜなら見た目が黒っぽく、匂いが強いイメージを持つ方が多いからです。

    しかし、心配する必要はありません。
    なぜなら、味のクセがあまり強くないので、食べやすいためです。
    疲労を回復させる栄養素も多く含まれているので、毎日の仕事や育児をサポートしてくれるでしょう。
    そのまま食べてもクセが少ないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

    黒にんにくをそのまま食べるとき、どの時間帯が良いのでしょうか。
    黒にんにくを食べるおすすめの時間は、起床後の朝です。
    なぜなら朝は、多くの方が空腹状態で、栄養素の吸収率が高いと言われているからです。
    栄養素を効率よく取ることで、栄養素が無駄にならないことはうれしいですよね。

    □黒にんにくのアレンジレシピとは?

    黒にんにくのアレンジレシピには、どのような料理があるのでしょうか。
    今回は、2つのアレンジレシピをご紹介していきます。
    1点目は、黒にんにくのリゾットです。
    リゾットの材料は、ウインナーや余った野菜を使って簡単に調理できるので、おすすめです。
    そこに黒にんにくをプラスすることで、味のアクセントとして一役買ってくれるでしょう。

    作り方は簡単です。
    野菜と米を炒め、コンソメスープを加えます。
    そこに、潰した黒にんにくを混ぜながら投入しましょう。
    あとは、お好みの米の硬さになるまで混ぜるとリゾットのできあがりです。
    最後に、塩やコショウで味付けして食べてみると良いですね。

    2点目は、黒にんにくのおにぎりです。
    こちらも作り方はとても簡単です。
    マヨネーズや味噌、黒にんにくをおにぎりに塗ってからオーブンに入れて温めるだけでできあがります。

    オーブンを活用することで、部屋いっぱいに黒にんにくの香りが広がるので、食欲がそそられるでしょう。
    さらに、誰でも簡単に調理できるのでアレンジレシピとしてとてもおすすめです。
    さらに、おにぎりに辛味を加えたい方には、唐辛子を加えてみると良いでしょう。

    今回は、リゾットとおにぎりの2点についてご紹介していいきました。
    これらの料理以外にも、たくさんのアレンジレシピがあるので、興味がある方は詳しく調べてみると良いでしょう。
    また、自身のオリジナルレシピを考えてみると良いかもしれません。
    あなたのアイデアを発信することで、黒にんにくの良さを広めてみてはいかがでしょうか。

    黒にんにくをお買い求めの方は、当社までお気軽にご連絡ください。
    安全で栄養価の高い黒にんにくを厳選しているので、ぜひ検討してみてください。

    □黒にんにくはサブ料理だけでなく、メイン料理としても使える。

    おにぎりやリゾットのように、味のアクセントとしても活用できますが、メイン料理にしても良いでしょう。
    黒にんにくをメインにして調理するレシピとして、「皮茶」をご紹介します。

    皮茶とは、黒にんにくの皮を使ったお茶のことです。
    皮をむいてそのまま捨ててしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、とてももったいないです。
    黒にんにくの皮にはポリフェノールが大量に含まれているので、美容効果も期待できるでしょう。

    皮茶は、皮を茶こしに入れて上から熱湯を注いで、約5分待てばできあがりです。
    このように、食べ物だけでなく飲み物のメインとしても活躍します。

    □まとめ

    今回は、おつまみとして食べる方法についてご紹介しました。
    ぜひこれらのレシピを活用していただければと思います。
    お困りの方は、実績の豊富な当社までご相談ください。

  • 2020年07月30日更新

    黒にんにくはそのまま食べられる?おすすめの食べ方も紹介!

    黒にんにくをそのまま食べることは、一般的なのでしょうか。
    今回は、黒にんにくを食べる時期と一日の摂取量についてご紹介します。

    □黒にんにくをそのまま食べる際の二つのポイントとは?

    黒にんにくをそのまま食べている方は、案外とても多くいらっしゃいます。
    料理に混ぜて、自身のオリジナルレシピを開発することも良いかもしれません。
    しかし、黒にんにくを買い始めたばかりの人からすると少しハードルが高いですよね。

    こんなとき、そのまま食べるときのポイントをしっかり意識すれば、手軽に美味しく摂取できるようになります。
    そのため、今回は黒にんにくをそのまま食べるときのポイントを2つに分けて解説していきます。

    1点目は、冷蔵庫で冷やした後に黒にんにくを食べる方法です。
    黒にんにくの見た目は黒っぽいので、食べたことがない方にとって、少し抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。
    しかし、通常の白にんにくと異なって、味は甘酸っぱくて美味しいです。
    まるでフルーツのような味わいを楽しめます。
    また、冷蔵庫で冷やすことでより美味しくなると言われています。
    冷凍ミカンのようにシャキシャキした味わいを堪能できるので、メニューにお困りの方は試してみてください。

    2点目は、黒にんにくをそのまま食べるときに調味料を活用することです。
    料理に黒にんにくを混ぜて調理する方法も良いかもしれません。
    しかし、料理によっては少し時間がかかってしまうので、面倒だと感じる方もいらっしゃいます。
    そのため、醤油やみそ、塩を付けてそのまま黒にんにくを食べる方法がおすすめでしょう。
    この方法はシンプルにも関わらず、黒にんにくの甘酸っぱい味のアクセントにもなり得るので、試してみてはいかがでしょうか。

    その上、黒にんにくの皮も同時に食べることもおすすめです。
    皮にはポリフェノールが大量に含まれているので、黒にんにくの皮をむいてそのまま捨ててしまうことはもったいないです。
    そのまま食べる方法もシンプルですが、とても美味しいと言われています。

    □黒にんにくを食べるためのちょうど良い時間とは?

    今回は、黒にんにくを食べるおすすめの時間をご紹介していきます。
    1点目は、睡眠不足や疲労が溜まっている状態です。
    黒にんにくは、疲労を回復させる栄養素がたくさん含まれていると言われています。
    例えば、「アリシン」が代表的な栄養素として挙げられるでしょう。
    体内のエネルギーを効率よく生成してくれるので、毎日の仕事や育児に疲れてしまったとき、ぜひ黒にんにくを試してみてはいかがでしょうか。

    2点目は、肌をきれいにしたいと考えたときです。
    黒にんにくの代表的な効能として、美肌効果がよく挙げられるでしょう。
    なぜなら、ポリフェノールの働きによって肌の古くなった細胞を軽減すると言われているからです。
    例えば、異性とのデート前に肌をきれいにしていきたい方は多いのではないでしょうか。
    できることなら、肌をきれいにして相手に良い印象を与えたいですよね。
    このようなお悩みを無くすために、数週間前から食べるようにすると良いでしょう。

    また、栄養素の吸収のしやすさを考えた場合には、黒にんにくはいつ食べるのがおすすめなのでしょうか。
    結論から言うと、どの時間に黒にんにくを摂取しても栄養素の吸収に大きな差があるわけではありません。
    しかし、自身の健康状態や体調に合わせて食べることで、不足しがちな栄養素を吸収できるでしょう。

    □黒にんにくの一日の摂取量とは?

    たくさん食べすぎると副作用が起こってしまうのでしょうか。
    副作用に関して言えば、黒にんにくを食べすぎても副作用が起こることはほとんどありません。
    しかし、食べすぎることによる体調不良が起こる可能性はあるかもしれません。

    また、一日の適切な摂取量はどのくらいが望ましいのでしょうか。
    結論から言うと、一日の摂取量は多くて二片程度で十分と言われています。
    少し物足りないと感じられるかも知れませんが、これには理由があります。
    なぜなら、黒にんにく1片でも多量の栄養素が含まれているので、少量で栄養素もかなり摂取できるからです。

    しかし、料理に混ぜる方は一日に2片以上食べる方もいらっしゃるでしょう。
    あくまでこの数字は目安なので、きっちり守る必要はありません。
    2片以上食べすぎることがなければ、体調を崩す心配はないと考えて良いでしょう。

    さらに、赤ちゃんに食べさせることは避けておきましょう。
    肝機能、消化機能が未発達なので、刺激が強いにんにく類はできるだけ食べさせないように注意してください。

    また、賞味期限も長いので、長期間保存できます。
    なぜなら、黒にんにくは抗菌効果を持っているので、腐敗が起こりにくいと言われているからです。
    余ったときに、急いで食べる必要がないことは、とても便利ですよね。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくをそのまま食べられる方法とタイミング、摂取量についてご紹介しました。
    黒にんにくの購入をお求めの方は、新鮮な黒にんにくを提供している当社までご相談ください。

  • 2020年07月26日更新

    黒にんにくはどのようなビタミンが含まれている?摂取量とオススメの食べ方と合わせて紹介!

    「黒にんにくの購入を検討しているが、どのような栄養素が含まれているかわからない。」
    このようなお悩みをお持ちではありませんか。
    黒にんにくを定期的に摂取することで、健康への第一歩につながるかもしれません。

    □足りない栄養素を手軽に摂取できる

    あなたは「黒にんにく」にどのようなイメージを持っていますか。
    臭くて、苦い食べ物だとイメージしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    しかし、黒にんにくは白にんにくと比べて臭いも軽減され、さっぱりとした味わいで、手軽に摂取できる魅力的な食べ物です。

    それゆえ、食べ過ぎのリスクはあるものの、用法や容量をしっかり守っていれば、あなたの健康生活に大きく貢献してくれるでしょう。
    そんな黒にんにくですが、いったいどのような栄養素が含まれているのでしょうか。
    今回は、4つの栄養素をご紹介します。

    1つ目は、ビタミンの一種であるビタミンB1です。
    主な特徴は、疲労回復につながると言われていることです。
    しかし、ビタミンB1は大きな弱点を持っているので、注意しましょう。
    それは、体内への吸収率が悪いことです。
    それゆえ、体内への吸収率を上げる栄養素も同時に摂取する必要があります。

    では、黒にんにくには吸収率を上げる栄養素が、含まれているのでしょうか。
    もちろん含まれているので、ご安心ください。
    アリシンが、ビタミンB1の吸収率を大きく上げてくれると言われています。

    2つ目は、アルギニンです。
    アミノ酸の一種として、疲労回復につながる物質として大きな効果が期待できます。
    毎日の家事・育児や仕事、趣味など、毎日の生活をエネルギッシュに過ごせると、人生がもっと楽しくなりますよね。
    また、学生の方であれば、部活動や文化祭、体育祭などの行事で、疲労がいつの間にか、積み重なっているかもしれません。

    このように、老若男女問わず、幅広い世代の方に効果があるため人気があると言えるでしょう。
    さらに、熟成された黒にんにくは、通常の白にんにくと比べて、含有量がかなり増加しているので、より大きな効果が期待できるでしょう。

    3つ目は、ポリフェノールです。
    主な特徴は抗酸化作用があることでしょう。
    抗酸化作用とは、老化につながる酵素を体内から除去する働きのことです。
    それゆえ、美容にも良いと言われているので、女性の方にも大変おすすめです。

    美容でお悩みの女性は大変多くいらっしゃいます。
    しかし、美容のために、きつい運動や食事制限を続けることは難しいですよね。
    その上、美容を追求しすぎることで、ストレスにつながるので、むしろ美容に悪影響をもたらす可能性もあります。
    黒にんにくは、このようなお悩みの手助けにつながるかもしれません。

    4つ目は、S-アリルシステインです。
    こちらの栄養素も、抗酸化作用の働きを持っています。
    知名度の低い栄養素にも関わらず、S-アリルシステインの果たす役割はとても大きいです。
    例えば、病気の予防や改善、血液循環の促進につながると言われています。
    ここまで4つの栄養素について、ご紹介しました。
    この4つの栄養素は、多くの方が不足しがちな栄養素です。

    □その他にどのような効果が期待される?

    1点目は、免疫を強くする効果が期待されています。
    免疫力が弱っていると、病気にかかりやすくなってしまうので、健康にも良くありません。
    さらに、体内に毒素が溜まってしまう原因にもつながります。
    それゆえ、免疫力を上げることが健康にとってとても重要です。

    2点目は、エネルギー代謝の効率を上げると言われています。
    毎日の生活で、私たちは大量のエネルギーを消費します。
    ただ立っているだけでも、エネルギーを消費するので、食事の栄養をエネルギーに変えることは必要不可欠です。
    黒にんにくを摂取すると、エネルギーを生み出しやすくなると言われています。
    エネルギーを効率よく生み出すサポートを行うアスパラギン酸が大量に含まれているので、趣味や部活などのスポーツ習慣がある方にとって、おすすめと言えるでしょう。

    □一日にどのくらい摂取すれば良い?

    栄養素が大量に含まれていたとしても、一日の摂取量を守る必要があります。
    食べ過ぎは、健康に悪影響を与えたり、副作用をもたらしたりするかもしれません。
    黒にんにくの一日の摂取量はどのくらいが適切なのでしょうか。

    結論から言うと、一日で2粒〜3粒までにしておくことをおすすめします。
    少ないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、黒にんにくは、少量でかなりの栄養素が摂取できます。
    しかし、パクパク食べやすいので、食べ過ぎで栄養過多になってしまう恐れもあります。

    黒にんにくを食べすぎると、軽い副作用のような症状が出てしまうかもしれません。
    食べすぎてしまうと、ごく稀に胃腸の調子が悪くなる方もいらっしゃいます。
    それゆえ、食べやすく感じられても、最小限の摂取に留めておき、健康に悪影響を与えないようにしましょう。

    □まとめ

    黒にんにくに含まれているビタミンや、アミノ酸についてご紹介しました。
    手軽に摂取できるので、まだ食べたことがない方は、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。
    購入をお求めの際には、当社までご連絡ください。

  • 2020年07月22日更新

    黒にんにくの消費期限はどのくらい?腐っているかを見分ける方法とは?

    「黒にんにくの消費期限がどのくらいかわからない。」
    このようなお悩みを、お持ちの方は多いでしょう。
    黒にんにくが腐ると、もったいないですよね。
    そこで、黒にんにくの消費期限について、ご紹介します。

    □黒にんにくは開封前と開封後でどのように変わるの?

    結論から言うと、黒にんにくが腐る可能性は少ないとされています。
    なぜなら抗菌力が優れているので、数年以上持つと言われているからです。
    しかし、数年以上も放置すると、風味が著しく減少します。
    その上、カビの発生につながるかもしれません。
    さらに、食感がいつもと異なったり、変な臭いがしたりするケースも考えられます。
    それゆえ、黒にんにくが不味くなってしまうでしょう。

    美味しくいただく期間の目安として、「開封前」と「開封後」の2点に分けてご紹介します。
    開封前であれば、日当たりが少ないところに保存することで、約1年間は保存できると言われています。
    それゆえ、夏場では日差しが当たらないところで保管することを心がけましょう。
    万が一、黒にんにくが日光にさらされてしまうと、風味が著しく落ちる恐れがあります。

    なぜ開封前の黒にんにくは約1年間保存できるのでしょうか。
    それは、黒にんにくが持っている抗菌力のおかげです。
    抗菌力とは、細菌の繁殖を防ぐことを指しているので、細菌が黒にんにくを腐敗させるリスクが少ないです。

    その上、開封前の黒にんにくを保存することで、時が経つにつれ、熟成度が増していきます。
    そのため、栄養価が豊富になると言われています。
    黒にんにくを大量に買いだめしておく方法も良いかもしれませんね。

    開封後の黒にんにくはどのくらい保存できるのでしょうか。
    黒にんにくを開封してしまうと、日の当たらないところで保存しても約1ヶ月が限界だと言えるでしょう。
    しかし、これは季節によって前後します。
    開封後はより一層腐敗の進行が早くなるので、注意しましょう。
    開封後はどのように保存する必要があるのでしょうか。
    例えば、紙に包んで保存する方法や、瓶の中に投入して保存する方法が考えられます。

    さらに冷蔵庫を活用しましょう。
    開封後でも黒にんにくの長持ちにつながるので、おすすめです。
    冷蔵庫に入れた場合は、開封後でも約半年間、黒にんにくが長持ちすると言われています。
    冷蔵庫に白にんにくを保存した場合、半年以内で表面が乾燥してしまいますが、黒にんにくはこのようなことが起こりません。
    時が経つにつれ、黒にんにくが熟成するようになり、風味も豊かになると言われています。
    その上、冷蔵庫に保存しても臭いが移る心配もありません。
    調理後のニンニクでなければ、冷蔵庫の中に臭いが充満する恐れもないので、安心です。

    □黒にんにくの保存方法の注意点とは?

    黒にんにくに関してよくある失敗として、保管方法が雑になってしまうことが挙げられます。
    例えば、ジメジメしたところで保存してしまうと、カビが生える原因にもつながります。
    しかし、黒にんにくで気をつけるポイントはそこまで難しくありません。
    大きく分けて2点だけです。

    1点目は、黒にんにくを高温多湿で保存しないことです。
    ジメジメした環境を避けて保存するようにしましょう。
    おすすめは、ジップロックを使って黒にんにくを保存する方法です。
    ジップロックに入れてから冷蔵庫の中に入れて保存することで、黒にんにくの乾燥を軽減すると言われています。
    パサパサした黒にんにくを食べたい方はいらっしゃらないと思います。
    調理前の一工夫で、黒にんにくを美味しくいただけるかが決まると言っても過言ではありません。

    2点目は、気温差が少ないところに保存することです。
    気温差が激しいところに保管してしまうと、消費期限が短くなる原因につながります。
    風味が少なくなり、黒にんにくを美味しくいただけなくなるのはいやですよね。
    常温を意識するだけでも、かなり風味が異なります。

    □季節別の黒にんにくの保存方法とは?

    「夏」と「冬」で保存方法を変えると良いでしょう。
    夏は開封前だとしても、冷蔵庫で保存することが良いでしょう。
    夏に、黒にんにくを開封してしまった場合は、すでに空気に触れているので冷蔵庫で保存することを強くおすすめします。
    夏の日差しで地面の温度が50度を超える可能性もあります。
    油断せず、冷蔵庫でしっかり保存しておきましょう。

    冬は気温が低くなるので、黒にんにくが傷みにくくなると言われています。
    対策として、調理後の残った黒にんにくを紙に包んで保管すると良いでしょう。
    しかし、注意点が1つあります。
    それは暖房の暖気を、黒にんにくに当てないようにすることです。
    また、暖房から避けられないのであれば、迷わず黒にんにくを冷蔵庫に入れるようにしましょう。

    このように、季節や気温、時間によって黒にんにくの消費期限は大きく異なります。
    冷蔵庫を効率よく活用することで、長期保存ができるようになります。

    □まとめ

    黒にんにくを毎日定期的に食べることで、健康への第一歩につながるかもしれません。
    毎日の生活を健康的に過ごせるようになると気分が明るくなります。
    お困りの方は当社までご相談ください。

Information