青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2019年04月24日更新

    にんにくに含まれている健康への効果を徹底解説します

    みなさんはにんにくのもつ健康への効果はどのようなものがあるかをご存知ですか?
    「にんにくは健康に良いとよく聞くけど、実際はどのような効果があるんだろう」
    このように、お考えの方は多いと思います。

    しかし、そのようなお考えを解決する方法があります。
    それは、にんにくです。
    実は、にんにくにはかなりたくさん効用があるのです。
    そこで今回は「にんにくの効果」についてお伝えします。

    □にんにくがもつ効果を徹底解説します

    にんにくはかなり昔から滋養強壮や元気が出る食べ物として知られています。
    夏になるとパワーをつけるために、にんにくを使った料理を食べる方も多くなると思います。
    では、にんにくにはどのような効果があるのか見ていきましょう。

    *冷え性が改善される

    体の主要な臓器を適切に動かすためには、36度近くの体温が必要なのですが、寒い部屋や冬には体が冷えてしまい、36度を保てなくなってしまいます。
    すると、体温調節機能が働き、体の中心に血液を集めて温度を保ちます。
    そのため、冷え性は体の内側から温めてあげることが改善できます。
    にんにくには、交感神経を活発にさせ、末端の血管を拡張させる働きがあるので、全身に血液が行き渡り体を温めることができます。

    *免疫力が高くなる

    にんにくにはウィルスを食べる成分や、ウィルスから体内を守る抗体を作る成分が含まれているので、かなり免疫力を向上させることができます。
    ただ、消化器官がかなり弱っているときに、にんにくを大量に食べてしまうと、腹痛や体調不良を引き起こしてしまうので注意しましょう。

    *疲労回復につながる

    疲労回復するためには、体にしっかりとエネルギーを供給する必要があります。
    エネルギーを作るために、ビタミンB1という栄養素が必要なのです。
    しかし、ビタミンB1は吸収されにくいため、なかなか体内に取り込めないという問題点があります。
    一方、にんにくに含まれているアリシンという成分には、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるので、より早く疲労を回復することができます。

    *抗菌・殺菌効果がある

    にんにくに含まれているアリシンは、消化吸収を助けるだけでなく、抗菌・殺菌作用も持っています。
    そのため、風邪やインフルエンザが流行っている時期には、食事ににんにくを取り入れることで菌を体の中に増やさないようにすると良いでしょう。

    *老化を防止できる

    老化には活性酸素が大きく関わっています。
    その活性酸素の発生を防ぐ働きを、抗酸化作用と言います。
    にんにくには抗酸化作用がある成分が含まれているため、血流をサラサラにし、血液を細部まで届かせることができます。
    溜まった二酸化炭素や老廃物をしっかりと回収できるので、血管が衰える原因を少なくできます。

    *美肌効果がある

    先述したように、にんにくには血液をサラサラにするという成分があるので、血液の循環がよくなります。
    その結果、肌などの外側の方の細胞にまでしっかりと栄養が行き届くため、肌にハリが生まれることがあります。

    □まとめ

    今回は「にんにくの効果」についてお伝えしました。
    このように、にんにくには老化防止や疲労回復などの効果があるので、あまり力が湧いてこない方は、日々の食事ににんにくを使ってみてはいかがでしょうか?

  • 2019年04月22日更新

    にんにくの持つ疲労回復効果を栄養素の面から解説します

    「にんにくには本当に疲労回復効果があるの?さらに効果を高めるために一緒に食べたほうがいい食材とかもあるのだろうか」
    このように、疲労回復にはにんにくがおすすめだと聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    社会人になり、仕事を始めるとストレスや疲労が溜まることが多いと思います。
    そこで今回は「疲労回復に役立つにんにく」についてご紹介します。

    □疲労回復に役立つビタミンB1の特徴を知ろう

    まずは、疲労回復効果のある栄養素のビタミンB1の特徴をご紹介します。
    ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する際に必要な栄養素の1つで、不足してしまうことが多いため、うまくエネルギーが作られなくなってしまうことがあります。
    エネルギーが補充されない結果、疲労感がたまってしまうので、ビタミンB1不足には注意しましょう。

    *体内に貯蔵できない

    ビタミンB1は体内に吸収されにくいといった特徴もあります。
    必要な量以外は尿となって排出されてしまいます。
    つまり、必要な分だけ毎回取り入れる必要があるのです。

    さらに、ビタミンB1は水に溶けやすく、熱に弱い弱点もあるので、摂取するのが難しいです。
    そのため、不足しやすい栄養素なので注意して取り入れましょう。

    *どのような食品に含まれているか

    ・豚肉
    ・うなぎ
    ・豆腐
    ビタミンB1はこのような食品に含まれています。
    熱に弱いという性質があるため、豆腐を冷奴で食べるのもおすすめですよ。

    □にんにくはビタミンB1の吸収を促進させてくれる

    実は、にんにくのアリシンという成分は、吸収されにくいビタミンB1の吸収をサポートしてくれます。
    アリシンは体内でビタミンB1と結びついて、アリチアミンという成分に変わります。
    アリチアミンになると、腸への吸収がスムーズに行われるため、体内に吸収されやすくなります。
    そのため、効率よくビタミンB1を吸収するのであれば、ステーキの上にガーリックチップをのせたり、ガーリックオイルを使って豚肉を焼くなど、調理を工夫すると良いでしょう。

    *消化器官を活性化させる

    さらに、アリシンは交感神経を刺激するので、代謝が上がり、消化器官を活性化させる効果があります。
    そのため、消化液が出やすくなり、より分解・吸収が活発に行われるため、疲労回復効果が期待できるでしょう。

    □まとめ

    今回は「疲労回復に役立つにんにく」についてご紹介しました。
    にんにくには、疲労を回復する事ができるビタミンB1の吸収を促進させるアリシンが豊富に含まれています。
    そのため、ビタミンB1を豊富に含む食材と一緒ににんにくを食べると、より効果的に疲労回復する事ができますよ。
    この記事を参考に、日々の食事ににんにくを取り入れてみてくださいね。

  • 2019年04月20日更新

    にんにくが持つ免疫力を高める効果を徹底解説します

    「にんにくには免疫力を高める効果があるって聞いたけど本当なのだろうか?」
    このように、にんにくが健康にもたらす効果を知りたい方は多くいらっしゃると思います。
    免疫力を高めることができると体調を崩さなくて済むので良いですよね。
    そこで今回は「にんにくが持つ免疫力を高める効果」をご紹介します。

    □免疫力ってどのようなものなの?

    みなさんの体には、感染症や、ウイルスなどの悪い物質に対して抵抗する力を持っています。
    簡単にいうと、体が良い調子を維持するために必要な力のことです。
    この免疫力は、全ての人が持っているものです。
    しかし、ストレスがたくさんかかったり、低体温の状態が続いてしまったりすると、働きが弱くなってしまいます。
    免疫力が弱くなると、ちょっとしたことで風邪をひいてしまったり、様々な病気が発生してしまったりします。
    そのため、免疫力を高めておくことが、病気を予防することにつながります。

    □にんにくを食べると免疫力を高めることができるの?

    にんにくには、大きく分けて3つの免疫力を高める効果があります。

    *代謝をあげて風邪を引きにくくする

    血液をサラサラにして、血流を増やすことで、細部にまで血液が届くようになり、新陳代謝を活性化させてくれる効果があります。
    さらに、体を温めてくれるという効果もあるので、免疫機能を正常に保つことができます。
    そもそも体が弱っているという状態を作らないことで、風邪を予防できます。

    *スルフィド類がウイルスを食べてくれる

    にんにくにはスルフィド類と呼ばれる成分が含まれています。
    この成分は、ウイルスや菌などの悪い物質を食べてくれる特徴を持っています。
    さらに、元からある抗体の生成を促進させてくれるという効果もあるので、2つの方向から免疫力を高めることができます。

    *消化器官を刺激して消化吸収をしやすくしてくれる

    にんにくが胃の粘膜を刺激して、胃液の分泌を高めることで、消化吸収を促進してくれます。
    さらに、解毒や排泄をしてくれる肝機能の促進もしてくれるので、体の毒素を出しやすくなります。
    その結果、体の中を綺麗に保ち、栄養をしっかりと吸収して体を丈夫に保つことができます。

    □まとめ

    今回は「にんにくが持つ免疫力を高める効果」をご紹介しました。
    免疫力が低下してしまうと、ちょっとした環境の変化で体調を崩して、風邪を引きやすくなってしまいます。
    病気を予防するためには、免疫力を高めることが大切です。
    風邪を引きやすい方は、にんにくを食べて免疫力を高めてみてはいかがでしょうか?

  • 2019年04月18日更新

    にんにくを長持ちさせるための保存方法をご紹介します

    「にんにくは使用頻度が高い訳ではないから、長持ちさせたいけど、どのように保存しておいたらいいのだろう?」
    最近にんにくが健康にいいと聞く方は多いと思います。
    そこで購入してみたはいいものの、一度の料理に大量に使う訳ではないので、保存をすることになると思います。
    鮮度を保つためには、どのような保存方法が適しているのか見ていきましょう。

    □にんにく保存の注意点

    まずは、にんにくを保存する時の注意点を見ていきましょう。
    実は、にんにくはそのまま出荷するとすぐに傷んでしまうため、数週間干してから出荷しています。
    そのため、よく乾燥しているにんにくを選びましょう。

    家で保存する場合は、乾燥した状態を維持するために、湿気が少ないところを選びましょう。
    にんにくは放っておくと芽が出てしまい、実の栄養素が少なくなってしまいます。
    そのため、保存する際は、芽が出ないような環境を作ってあげると良いでしょう。

    □にんにくの保存におすすめの方法

    せっかく購入したにんにくから芽が出て来て、劣化することで使えなくなってしまうと嫌ですよね。
    そこで、にんにくの鮮度を保ったまま保存するのにおすすめの方法をご紹介します。
    大きく分けて3つの方法があるので順番に見ていきましょう。

    *常温保存

    常温で保存する場合は、冷暗所に置きましょう。
    日光が当たると、にんにくの実から芽が出てしまいます。
    さらに、にんにくがカビてしまわないためにも、風通しの良い場所におくと良いでしょう。
    網の袋やカゴに入れて置くのがおすすめです。

    常温で保存した場合、鮮度を保ったまま使用できるのは1ヶ月くらいが目安です。

    *冷蔵保存

    密閉できる保存容器に入れて置くと良いでしょう。
    冷蔵庫で保存する場合は、湿度に要注意です。
    水分を含んでしまうと、室温に戻した時に芽が出やすくなってしまいます。

    冷蔵で保存した場合、鮮度を保ったまま使用できるのは1ヶ月くらいが目安です。

    もし、皮を剥いた状態で保存する場合は、2週間程度で使い切りましょう。
    皮を剥いたにんにくは劣化しやすいので、常温保存は難しいため、必ず冷蔵庫に入れましょう。

    *乾燥させる

    にんにくをスライスしてオーブンで加熱すると、乾燥にんにくを作ることができます。
    乾燥にんにくの状態では数ヶ月保存がきくので、もしにんにくの処理に困った場合にタコライスを作る時にガーリックチップとして使うこともできるのでおすすめです。

    *オイルやお酢に漬け込む

    ガーリックオイルやニンニクのピクルスを作るのもおすすめの保存方法の1つです。
    サラダのドレッシングとして使えますし、ピクルスはサラダに使うこともできます。
    皮を剥いて生のにんにくを漬け込みましょう。
    ただ、ガーリックオイルを作る場合は、2週間程度で使い切るようにしましょう。

    □まとめ

    今回は「にんにくの保存方法」をご紹介しました。
    芽が出ると、にんにくの実自体に栄養が少なくなってしまうので、なるべく芽が出ないうちに使うと良いでしょう。
    また、余ってしまった場合は、ガーリックオイルにして調味料にアクセントをつけるのもおすすめですよ。

  • 2019年04月16日更新

    にんにくを食べ過ぎると体調不良になることもあることを知っておこう

    「にんにくの食べ過ぎで腹痛になったニュースがあったけど、どのような原因だったのだろう?また適切な量はどのくらい何だろうか?」
    このようににんにくの食べる量にお悩みの方はいらっしゃいませんか?
    そこで今回は「にんにくの食べ過ぎで体調不良になる原因と対処法」「にんにくを食べるときの注意点」をご紹介します。

    □にんにくを食べ過ぎるのは良くないの?

    にんにくは疲労回復や血流促進、冷え性改善などの様々な効果があることで有名です。
    しかし、量が多すぎると健康に悪影響が出てしまうことがあります。
    では、にんにくにはどのような栄養素が含まれているのか見ていきましょう。

    *アリシンという殺菌作用が高い成分がある

    アリシンは、にんにくを切ったり、すりおろしたりしたときに発生します。
    とても殺菌作用が高く、にんにくが健康に良いとされる理由の1つである成分です。
    刺激臭の原因となる成分でもあります。
    殺菌作用が高いため、大量に摂取すると、胃の内側の細胞や腸内環境を悪化させてしまうので注意が必要です。
    アリシンは熱を加えると、成分が弱くなるため、加熱処理がされていない生のにんにくをたくさん食べてしまうと、腹痛や体調不良が起こりやすくなります。

    □にんにくを食べるときの注意点

    では、どのくらい食べても良いのか、また、食べるときにはどのような注意点があるのかを見ていきましょう。

    *にんにくを摂取する目安

    先述したように、アリシンは熱に弱いため、加熱処理がしてある料理の場合は、半分程度(5〜6片、20g)、生で食べる場合は、4分の1程度に押さえておくと良いでしょう。
    消化器官を刺激するので、過度に摂取すると消化液が大量に出てしまい、胃壁がダメージを受ける場合があります。
    さらに、血液をサラサラにする効果もあるため、たくさん食べると血圧が下がってしまい、貧血になることもあるので注意しましょう。

    *消化器官が弱っていないときに食べよう

    夏バテ対策として食べるのは良いですが、夏場は消化器官が弱っている可能性が高いです。
    そのため、通常より体調不良が起こりやすくなってしまうため注意しましょう。
    さらに、にんにくに含まれるアリシンは抗菌・殺菌作用があるため、小腸や大腸に共生している善玉菌や日和見菌などを減らしてしまうことがあるので、腸内環境が荒れてしまうことがあります。
    適度な摂取を心がけましょう。

    □にんにくを食べ過ぎたときの対処方法

    *たくさん水を飲む

    腹痛や下痢などが起きてしまった場合、まずはたくさん水を飲みましょう。
    アリシンは水に溶けやすいため、水を飲むと刺激を和らげることができます。
    にんにくをたくさん食べた場合は、早めに水を飲むと良いでしょう。

    *発酵食品を食べる


    腸内環境の悪化が原因で腹痛が起こるため、腸内環境を整える発酵食品を一緒に摂ると良いでしょう。
    ヨーグルトや納豆、キムチ、味噌などがおすすめです。

    □まとめ

    今回は「にんにくの食べ過ぎで体調不良になる原因と対処法」「にんにくを食べるときの注意点」をご紹介しました。
    この記事を参考に、健康を損なわない程度の適切な量を食べて、にんにくの効果を存分に活かしてみてくださいね。

Information