青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2020年06月30日更新

    黒にんにくの特徴は?アレンジレシピも同時に紹介します!

    黒にんにくのご購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
    黒にんにくは、以前から活力の源として多くの方に愛されています。
    しかし、普通のにんにくと黒にんにくの違いを詳しくご存知の方は少ないです。
    そこで今回は、黒にんにくと普通のにんにくの違いやアレンジレシピについて専門家が徹底的にご説明いたします。

    □黒にんにくと普通のにんにくはどこが違うのか

    皆さんはにんにくと聞いてどのようなものを想像しますか。
    おそらく白色のにんにくを想像されるのではないでしょうか。
    まず、第一に黒にんにくは普通のにんにくと色が違います。
    白いにんにくを2か月ほど熟成させることで色が変化するのです。
    また熟成させることにより、色だけでなく味や香りも全く異なるものに変化します。

    皆さんは、ドライフルーツを食べたことがありますか。
    黒にんにくの味は、ドライフルーツに近いと言われています。
    黒にんにくは熟成を重ねることでにんにく独特の味や香りが和らぎ、豊潤でやわらかい味わいになります。
    では、なぜ黒にんにくは色と味が変化するのでしょうか。

    黒にんにくの色と味の変化には、メイラード反応が関係していると言われています。
    メイラード反応は、アミノ酸が熟成されると褐色の成分が生成される反応で、黒にんにくの味と色のもとになっています。

    ところで皆さんは黒にんにくの主な産地をご存知でしょうか。
    黒にんにくの産地として最も有名なのは青森県です。
    その中でも田子町は、特ににんにくの栽培が盛んです。
    黒にんにくは長く保存できるため、一年を通して出荷され続けています。
    遠方の方には嬉しいですね。

    青森県の他に三重県も黒にんにくの産地です。
    三重県は黒にんにくの発祥地と言われています。
    それぞれの産地のにんにくにはそれぞれの良さがありますので、ぜひお試しください。

    □黒にんにくの歴史

    皆さんがよく目にする白いにんにくは、約6000年もの歴史があります。
    にんにくは古代エジプトの労働者たちの間で、活力の源として愛されていたと言われています。
    にんにくに期待できる疲労回復効果を考慮すると納得がいきますよね。
    古代エジプトではにんにくを取り扱う貿易まで行われていたそうです。

    そして、にんにくが日本に持ち込まれたのは、今から約1650年ほど前であると言われています。
    日本でも同様に、活力の源として親しまれてきました。
    では、黒にんにくはいつどこで誕生したのでしょうか。

    黒にんにくは近年開発され、発祥は日本か韓国と言われています。
    黒にんにく研究の第一人者である青森県の佐々木甚一氏や、三重県の田口寛氏によると、少なくとも黒にんにくは2005年までには開発されているそうです。
    前述の通り、発祥は三重県と言われていますが、黒にんにくの発祥が三重県であることを証明するものが現在発見されていないため、黒にんにくの発祥が日本か韓国かは現時点では断言できません。

    □黒にんにくのアレンジレシピ

    今日すぐにでもできるアレンジレシピは、黒にんにくをヨーグルトにのせて一緒に食べることです。
    黒にんにくは酸味があるため、通常のヨーグルトと一緒に食べると酸っぱすぎると感じる方がいらっしゃるかもしれません。
    ですので、黒にんにくと一緒に食べるならば加糖ヨーグルトが良いでしょう。

    また、ヨーグルトと同様に今日からでもできるアレンジレシピとしては、チーズとクラッカーと合わせる方法があります。
    納豆とキムチの相性が良いように、熟成された食品同士の相性はとても良いです。
    ですので、黒にんにくとチーズの相性は良く、やわらかい食感にアクセントを加えるクラッカーと合わせると非常においしいです。

    また、上記のレシピにご自身で黒コショウを足してみたり、たまねぎチップスをかけてみたりしてみてください。
    味に変化が加わってさらにおいしく頂けるはずです。

    さらに、黒にんにくは調味料としても有能です。
    皆さんは、カレーを作る際、隠し味に何を入れますか。
    カレーの隠し味で人気なものといえば、コーヒーやソースですよね。
    ぜひ一度、カレーの隠し味として黒にんにくを入れてみてください。
    黒にんにくは酸味と同じくらいコクがあり、まろやかな味です。
    カレーの味に必要な要素を同時に併せ持っているため、カレーの味がワンランクアップします。

    また、黒にんにくは味噌との相性も抜群ですので、味噌汁に黒にんにくを入れてみるのも良いでしょう。
    魚や肉を焼く際に、味噌と黒にんにくを合わせた特製ソースを作り、西京焼きのようにするのも良いですよね。

    このように、黒にんにくはそのまま食べるだけでなく様々な用途があります。
    皆さんもこの機会にぜひ一度試してみてください。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくと普通のにんにくの違いや、黒にんにくの歴史、アレンジレシピについて詳しくご紹介しました。
    当社は青森県から自慢のにんにく商品を全国に発送いたします。
    毎日の活力が欲しい方、健康を意識している方、美容に興味のある方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

  • 2020年06月26日更新

    黒にんにくは腸内環境が良くなる?腸内環境の効果を紹介します!

    黒にんにくにご興味ある方はいらっしゃいませんか。
    最近では健康志向の方々が増え続けており、健康を意識した食品はより一層注目されています。
    ところで皆さんは、腸内環境についてどのようにお考えですか。
    実は黒にんにくには腸内環境を整える効果が期待できます。
    今回は黒にんにくと腸内環境の関係について紹介します。

    □腸内環境の重要性

    人間の生命活動の維持に欠かせないのが排泄です。
    その排泄に大きく関わっているのが腸内環境です。
    腸内環境がどのくらい皆さんの生活に影響を及ぼしているかを考えたことはありますか。
    腸内環境は腸の内部に棲みつく約1100種類の細菌と100兆個以上いる細菌により大きく変動します。

    腸の中には、人間の腸に好影響を与える善玉菌と悪影響を与える悪玉菌、善玉菌と悪玉菌のうち数の多いほうに合わせて作用する日和見菌の3種類が存在します。
    その3種類の数の比率によって腸内の環境は変わっていくのです。

    便秘に悩む方は多くいますよね。
    便秘の時は腸内の悪玉菌の数が多く腸内環境が悪い時です。

    逆にお通じが良い時や、特に異常がない時は腸内の善玉菌が多く、腸内環境が整っている状態といえます。
    このように腸内環境は皆さんの健康に大きく関わっています。
    では腸内環境が悪化することによりどのような悪影響が及ぶのでしょうか。

    まずは、先述の通りお腹の調子が悪くなります。
    腸内の悪玉菌が増加し、腸内環境が悪化すると便秘になったり下痢が多くなったりしてしまう不調が現れます。
    このような状態が長く続いてしまうと、腸内の善玉菌も一緒に流されてしまいます。

    腸内の善玉菌が減ってしまうと悪玉菌が増え、さらに腸内環境が悪化する悪循環に入りますので、注意しましょう。
    また、腸は様々なウイルスから人間の身体を守る器官でもあります。
    環境が悪化した腸は、城壁が壊れたお城のようなものですから免疫力の低下にもつながってしまいます。

    さらに、女性の方は特に気になる肌の状態にも悪影響を及ぼします。
    腸と肌は一見関係ないように思われる方がいらっしゃるかもしれません。
    しかし、腸の調子が悪いと肌も荒れやすくなり非常に危険です。
    腸内環境は美容の観点からも重要なのです。

    □黒にんにくが腸内環境に及ぼす影響

    黒にんにくは、調理をする際に加える熱により性質が変化します。
    黒にんにくを加熱することにより腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果が期待できる成分が生成されます。
    さらに、黒にんにくに含まれるアミノ酸の一種であるアリシンは、腸だけでなく胃にも働きかけて消化機能を促進します。

    黒にんにくがいかに胃腸にやさしい食品かご理解いただけたと思います。
    腸内環境を改善する効果が期待できる黒にんにくは、毎日食べてもらいたいものです。
    黒にんにくと一緒に酵素野菜やアマニ油などのオイル類を取り入れられれば、さらに腸内環境の改善が促進されることでしょう。

    □生にんにくと黒にんにくの違い

    生にんにくと熟成された黒にんにくには、栄養素だけでなく腸内環境に与える影響についても違いがあります。
    生にんにくを食べすぎてお腹を下したり、胸やけを起こしてしまった経験はありませんか。
    生にんにくは胃腸にとって刺激が強く、一度に大量に摂取すると胃腸内が炎症を起こし、不調をきたす可能性があります。

    しかし、黒にんにくの場合はそのような心配は一切ありません。
    黒にんにくは長い時間熟成させることにより、にんにくに本来含まれているアリシンというアミノ酸が、胃腸に悪影響が及ばない程度まで減少します。
    また、生にんにくを大量に食べた時に頻繁に起こる胸やけも、黒にんにくであればほとんど発生しません。

    このように、黒にんにく自体は決して危険な食べ物ではなく、健康を意識されている方にはぜひおすすめしたい一品ですが、注意すべきこともあります。
    まずは、何事にもそうですが食べすぎることはおすすめしません。
    なぜならば、人間が一日に吸収できるアミノ酸をはじめとする栄養素の量は決まっているからです。

    吸収されなかった栄養素は排泄物として体外に出されてしまいます。
    せっかく黒にんにくから栄養素を取るなら、最大限栄養素を取り込んだ方が良いのではないでしょうか。
    ですので、1日当たり3粒を目安に、一度に大量に摂取するよりかは毎日少しずつ飲み続けることが大切です。

    また、夜に黒にんにくを摂取する場合には時間帯にお気をつけください。
    あまりにも遅い時間に摂取すると、夜眠れなくなる可能性があります。
    夜に黒にんにくを摂取するのであれば、夕食の際に摂取するのが一番良いのではないでしょうか。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくと腸内環境の関係性・生にんにくと黒にんにくの違いについて詳しくご紹介しました。
    当社は、黒にんにくをはじめとした、にんにくに関する商品を全国に販売しています。
    当社はにんにく日本一の青森県田子町から、直接お客様のもとににんにくをお届けします。
    興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

  • 2020年06月22日更新

    黒にんにくの保存方法とは?わかりやすく解説します!

    黒にんにくの購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
    最近はコロナウイルスの影響もあり、健康を意識する方が増加しています。
    健康食として注目を浴びる黒にんにくですが、保存方法についてお悩みの方は意外に多くいるようです。
    今回は黒にんにくの保存について専門家が徹底的にご説明いたします。

    □黒にんにくの保存方法

    黒にんにくを保存する方法を3つご紹介します。
    まず1つ目は、常温で保存する場合です。
    常温で保存する場合は、直射日光を避けて風の通りが良いところに保存すると良いでしょう。

    身近なものですと新聞紙を活用して、にんにくを包んでおくのがおすすめです。
    にんにくをスーパーマーケットで購入した際についてくるネットを取っておいて活用するのも良いでしょう。
    新聞紙よりもにんにくを入れやすいですし、風通しも良くなります。
    常温で保存する場合30日~50日は保存できます。

    2つ目は、冷蔵で保存する場合です。
    冷蔵用の容器に入れて保存してください。
    しっかりと冷やすためにはじめのうちは容器のふたを半開きにして、にんにくの温度を確実に下げられると良いでしょう。
    冷蔵の場合は、半年ほど保存できます。

    3つ目は、冷凍で保存する場合です。
    冷凍の場合も冷蔵する時と同じように、容器に入れて密閉してから冷蔵してください。
    冷蔵の場合には、皮をむいてから冷凍すると良いでしょう。
    冷凍では300日~1年は保存できます。
    黒にんにくが大量にある時には冷凍で保存すると良いでしょう。

    □黒にんにくを保存する時に注意すること

    黒にんにくを保存する際に気を付けることは、主に2つあります。
    1つ目は、高温多湿を避けること、2つ目は、温度の変化が激しいところを避けることです。
    この2つだけは意識して注意しましょう。

    黒にんにくにとって最大の敵は多すぎる水分です。
    保存する際にも、日光が当たるところで容器に入れて保存していると、余分な水分が付着して黒にんにくの味や食感が悪くなる可能性があります。
    そのため、冷蔵や冷凍以外で保存する際には容器は使わない方が良いでしょう。

    また、黒にんにくを長く保存するためのコツとしては、やはり冷蔵で保存することです。
    スタミナをつけたい夏には黒にんにくがおすすめですので、ぜひ食べて頂きたいのですが、夏場は食料の保存に一番気を使う必要がある季節ですよね。
    そのような時には、冷蔵での保存がベストです。

    しかし、冷蔵で保存する場合には食感が少し硬くなったり、黒にんにく自体が冷たく感じたりする可能性もありますので、一度試してから保存方法を決めてください。
    これまで保存について説明しましたが、果たして黒にんにくは腐ることがあるのでしょうか。
    結論から申し上げますと、黒にんにくが腐ることはほとんどありません。

    味のことを考えなければ、風通しの良いところに保存している場合5年ほど保存可能です。
    ただし、黒にんにくのもととなるにんにく自体に問題があったり、保存方法が明らかにおかしい場合には、黒にんにくに異常が出てくるケースもあります。
    異常が出た場合には念のため口にするのは避けましょう。

    確実に異常が出ない保存方法は、冷凍で保存することです。
    黒にんにくの保存に何らかの不安を抱いていらっしゃる方は、とりあえず冷凍で保存しておけば、めったに問題は発生しません。

    □季節ごとの保存方法

    夏の保存方法は、2つ目の項目で軽くご紹介しました。
    では、冬の保存方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
    黒にんにくを冬に保存する際の最大の敵は乾燥です。
    人間の肌と同じで、黒にんにくも乾燥には注意する必要があります。
    黒にんにくは、ひとかけら取った瞬間から乾燥が始まりますので注意しましょう。

    ただ冬の場合、にんにくを一房ごとに分解するまでに傷んでしまうことはほとんどありません。
    乾燥しないように新聞紙やネットに包んで台所に置く方法が一番良いでしょう。

    しかし、新聞紙やネットに入れて保存している際に黒にんにくのにおいが気になる方もいらっしゃいます。
    プラスチックの容器に入れて保存しても、においが漏れていると感じた経験はありませんか。
    そのような時におすすめしたいのが、新聞紙と空き瓶を使った保存方法です。
    使用する空き瓶は、はちみつの瓶などの大きめのサイズが好ましいです。

    空き瓶を利用することで完全に密閉できるため、プラスチック容器と同じように保存できるだけでなく、気になるにおいもほとんど抑えてくれます。
    その際に、湿気を吸い取ってくれる新聞紙は必ず入れましょう。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの保存について詳しくご紹介しました。
    当社は黒にんにくを中心に、にんにく本体はもちろん、にんにくを使用した様々な商品を販売しています。
    商品を購入したい方はもちろん、にんにくに関して興味があり不明点を質問したい方も大歓迎です。
    ぜひ一度お気軽にご相談ください。

  • 2020年06月18日更新

    黒にんにくは美味しい?実際の味とオススメの調理法を紹介!

    黒にんにくのご購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
    女性の方は特に、美容や健康に気を使われる方が多いと思います。
    黒にんにくは最近注目を浴びている健康食品です。
    今回は、黒にんにくの味の特徴やおいしく食べる方法、黒にんにくの作り方について専門家が徹底的にご説明いたします。

    □気になる黒にんにくの味

    黒にんにくは、普通の状態のにんにくからかなり熟成が進んでいるため、食べやすい味に変化しています。
    乾燥させた果物のような味であるため、にんにくの独特な風味が苦手な方でも安心して食べられます。

    食感は鉄分が豊富な果物として有名なプルーンによく似ています。
    やわらかくてかむ力がほとんど必要ないため老若男女問わず、すべての方がお楽しみいただけます。
    黒にんにくのやわらかい食感がお好きな方も多くいらっしゃることでしょう。

    □黒にんにくをおいしく食べる方法

    黒にんにくをおいしく食べる方法はたくさんあります。
    今回は、特におすすめしたい3つの方法をご紹介します。
    一つ目は、黒にんにくのドレッシングです。
    皆さんは、サラダを食べる際にどのような種類のドレッシングを使いますか。

    皆さんが普段使っているドレッシングに、黒にんにくを刻んで加えるだけで味が格段においしくなります。
    また和風のドレッシング、洋風のドレッシング、中華風のドレッシングなど様々なドレッシングにも対応できるためあらゆる場面で黒にんにくを楽しめます。
    サラダにはあまりない黒色が加わることにより、サラダの見栄えも良くなりますね。

    健康意識の高い方は、黒にんにくに最近人気のアマニ油を加えることでさらに健康に特化したドレッシングを作れます。
    興味のある方はぜひ一度お試しください。

    2つ目にご紹介するのは、黒にんにくをすりつぶしたディップソースです。
    すりつぶした黒にんにくに、バターやクリームチーズなどの調味料を加えることでディップソースが完成します。
    そのまま野菜につけて食べてもいいですし、パンにつけて焼いてもおいしく仕上がりそうですよね。

    また、あらかじめディップソースを作り置きしておけば万能調味料として様々な料理に活用できます。
    カレーや麻腐豆腐など、辛みと酸味が決め手となる料理には相性抜群なのではないでしょうか。
    お酒の肴(さかな)にもなるので、ワインがお好きな方はぜひ一度作ってみてください。

    3つ目にご紹介するのは黒にんにくを使ったソースです。
    黒にんにくをマヨネーズやヨーグルトに混ぜるだけで、酸味の効いたおいしいソースが完成します。
    焼いたお肉や魚、野菜にひとかけすれば素材の味が存分に引き立ちます。

    ソースを作る際は、黒にんにくを完全にすりつぶすのではなく、少し形を残して刻んだ方が良いでしょう。
    なぜならば、ソースの味とともに食感にもアクセントを加えられるからです。
    少しだけ残った黒にんにくの使い道にお困りでしたら、ぜひソースにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

    □黒にんにくを作る際の失敗例とその対策

    結論から申し上げますと、黒にんにくを作る際の失敗は主に2つあります。
    1つ目は黒にんにくの味が苦くなってしまうこと、2つ目は黒にんにくの食感が悪くなってしまうことです。
    黒にんにくは本来、酸味の中に深い芳醇な香りのある味わいに仕上がりますが、失敗するとかなり苦くなってしまうことがあります。

    単刀直入に申し上げますと、失敗の主な原因は水分量です。
    苦くて食感の悪い黒にんにくは、何らかの原因で水分が多く付着していた可能性が高いです。
    黒にんにくを作る際に、炊飯器を使用する方が多いと思いますが、失敗したサインとしては、炊飯器を開けた際に炊飯器の中に水が溜まっていることが挙げられます。
    本来なら、炊飯器の中に目立つほど水が溜まることはありません。

    にんにくを炊飯器に入れる前に、酢に漬け込んでから黒にんにくを作る方もいらっしゃるでしょう。
    にんにくを酢に漬け込む場合、炊飯器に入れる前に酢を完全に乾かしてからでないと上記のような失敗が頻発します。
    黒にんにくを作る前にひと手間加えている方は特に注意しましょう。

    以上で述べた通り、黒にんにく作りで失敗しないためのコツはとにかく水分を飛ばすことです。
    にんにくを漬け込む方は、漬け込んだ後に1日ほど乾かすことが必須です。
    目安としては表面の皮がパリパリになるくらいまでは乾かしましょう。
    また、保温する時間にも注意してください。
    保温する時間が長すぎると、にんにくから水分が出て食感が悪くなります。

    このように、黒にんにくを自宅で作るのは失敗してしまう可能性があります。
    既製品の黒にんにくも発売されていますので、失敗のリスクを避けたい方は購入するのも良いかもしれませんね。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの味やおいしく食べる方法、失敗例や対策について詳しくご紹介しました。
    当社は黒にんにくをはじめとした、にんにくを使用した商品を多数販売しています。
    健康を意識している方や、毎日の活力が欲しい方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

  • 2020年06月14日更新

    黒にんにくはおつまみとして人気がある?実際のおすすめの調理法とは?

    黒にんにくを食べてみたいとお思いの方はいらっしゃいませんか。
    黒にんにくは最近になって開発された熟成食品で、滋養強壮や疲労回復の効果が期待できます。
    黒にんにくはおつまみとして食べられるのか気になる方も多いでしょう。
    今回は黒にんにくの食べ方やアレンジレシピについて、専門家が徹底的にご説明いたします。

    □黒にんにくのおいしい食べ方

    黒にんにくの食べ方は主に二つあります。
    一つ目は、そのまま食べる方法です。
    黒にんにくはその見た目から、そのまま食べることに抵抗がある方が多いです。しかし、実際はドライフルーツのようなさっぱりとした味わいですのでご安心ください。
    食感も柔らかく食べやすいため、そのまま食べるのもおすすめです。

    黒にんにくをそのまま食べるのであれば、朝に食べるのが良いでしょう。
    朝は胃の中が空ですので、黒にんにくの成分を良く吸収してくれます。
    朝から黒にんにくに含まれる必須アミノ酸を取り入れれば、その日の活動が快活にできるでしょう。
    ぜひお試しください。

    逆に、黒にんにくを夜遅くに食べることはおすすめできません。
    なぜならば、夜寝ている間の消化は本来身体に良くないですし、黒にんにくの成分により睡眠が妨げられてしまう可能性もあるからです。
    夜に食べる際は夕食と共に召し上がると良いでしょう。

    二つ目は、料理に混ぜて食べる方法です。
    カレーやシチューの隠し味として黒にんにくを入れる方法がおすすめです。
    カレーの隠し味といえばチョコレートやコーヒーですが、黒にんにくを入れても程よい酸味とコクが加わってカレーの味がワンランクアップします。

    また、黒にんにくは味噌とも相性抜群ですので味噌汁に入れても良いですし、餃子の餡の中に黒にんにくを入れて一風変わった餃子にしてみるのも良いでしょう。
    素材の味を楽しみたい方は、黒にんにくのソースを作ってみても良いかもしれません。
    黒にんにくとヨーグルト、バルサミコ酢を混ぜて酸味に特化したソースを作ればお肉に合うこと間違いなしです。

    また、白にんにくと醤油の相性が良いように、黒にんにくと醤油の相性もまた抜群です。
    醤油に黒にんにくを漬け込み、そこに砂糖やみりんを入れて味を調整すれば極上のたれが完成します。
    魚を煮込む際に使っても良いですし、そのままご飯にかけても美味しそうですね。

    □黒にんにくアレンジレシピ

    今回は、一風変わったアレンジレシピを二つピックアップしてご紹介します。
    一つ目は、黒にんにくリゾットです。
    余った野菜やウインナーを刻んで炒め、ご飯と混ぜ合わせてコンソメスープを注ぎ、最後に黒にんにくを加えて煮詰めるだけです。
    とても簡単ですよね。

    一つ目の項目で紹介したように、黒にんにくは非常にやわらかいので、煮詰めている間に溶けてなくなってしまいます。
    しかし、リゾットには黒にんにくのエキスがしっかりと抽出されていますのでご安心ください。
    最後に塩を振って味を整えましょう。

    二つ目は、黒にんにく味噌焼きおにぎりです。
    黒にんにくと味噌の相性が良いことは一つ目の項目でもご紹介しました。
    調理方法は極めて簡単です。
    握ったお米に、黒にんにくのペースト、みりん、マヨネーズ、味噌、七味を混ぜたソースを塗ってしっかりと焼くだけです。

    焼く際は、トースターを使っても良いですし、フライパンで焼いても美味しく仕上がるでしょう。
    普通の焼きおにぎりよりも香りを楽しめる焼きおにぎりになります。
    お好みでゴマをすってかけてみると、香りがさらに際立つおにぎりになるはずです。

    □黒にんにくはメインディッシュにも使える

    黒にんにくはメインディッシュにも使えます。
    例えば、パスタの上にスライスして乗せてみてはいかがでしょうか。
    普段のパスタに少し酸味が加わり、味のアクセントが加わります。
    また、黒トリュフをスライスするように、見た目にもアクセントが加わります。
    パスタ全体に行き渡るようにスライスできるとおしゃれですね。

    また、意外にも黒にんにくの皮を使ってお茶を作れます。
    捨てる部分がないことで知られるクジラと同じように、黒にんにくには捨てるところがありません。
    黒にんにくの皮を茶こしにいれて、熱湯で4~5分ほど蒸してください。
    すると黒にんにくのエキスが抽出された健康茶が完成します。

    黒にんにく茶を作る際に注意すべきポイントは、蒸す時間です。
    蒸す時間が短すぎると黒にんにくの良さを引き出せないまま薄いお茶になってしまいますし、蒸す時間が長すぎると逆にえぐみが出てきてしまいます。
    しっかりと蒸すことを意識しながらも、時間にも気を使いましょう。
    目安は、お茶の色が金色になるまでです。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの食べ方とアレンジレシピについて詳しくご紹介しました。
    黒にんにくはおつまみにもなりますし、メインディッシュにも使えます。
    当社は、黒にんにくを中心に評判の高いにんにく商品の販売、配送を行っています。
    興味のある方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

Information