青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2020年12月18日更新

    黒にんにくで冷蔵するときの保存方法とは?わかりやすく解説いたします!

    「黒にんにくの保存方法について詳しく知りたい。」
    このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。
    今回は、黒にんにくの冷蔵保存についてご紹介します。
    ぜひ参考にしてみてください。

    □黒にんにくを冷蔵保存する場合はどうするべき?

    黒にんにくを長期間保存する場合は、冷蔵庫での保存がおすすめです。
    なぜなら、梅雨や夏場の常温保存では傷みが進行してしまい、カビが生えてしまう危険があるからです。
    冷蔵保存をするときに注意すべきポイントは、湿気です。
    常温と同様に、黒にんにくを丸ごと密閉してしまうと、蒸れる可能性があるでしょう。
    そのため、ビニール袋や密閉容器を避けて新聞紙で包むことをおすすめします。
    また、バラバラにした状態の黒にんにくをジッパー付きの保存袋で保存するのも良いでしょう。
    黒にんにくを丸ごと保存すると水分が抜けてしまいやすく、常温保存と比べて固めの食感になるため、丸ごとでの保存はおすすめできません。
    最初は少量から保存を試した上で、味に問題がなければ、多くの黒にんにくを保存するといった手順が良いでしょう。
    保存期間は、2ヶ月から3ヶ月程度であるため、注意しましょう。
    しかし、その間に湿気でカビが生える可能性があるため、定期的なチェックは欠かせません。
    冷蔵保存を行うことで、黒にんにくの衛生面や風味を長期間維持できるため、ぜひ試してみてください。

    □黒にんにくを冷凍保存する場合

    黒にんにくを冷凍保存する場合は、半年から1年程度の期間保存できます。
    冷蔵保存と比べて、より長期間保存できるため、使い分けると良いですね。
    また、最も安全に保管したい場合は冷凍保存を選択すると良いでしょう。
    しかし、多少水分が少なくなるため、味や手触りが常温保存と異なってしまう可能性があります。
    水分がなくなってしまうことで、パサパサした食感だと感じることがあります。
    そのため、冷凍保存と冷蔵保存を上手く使い分けてみましょう。
    冷凍保存の期間の目安は、まるごと1個の場合だと約1年以上保管可能であり、バラバラにした黒にんにくは約半年以上可能だと言われています。
    冷凍保存する際は、冷蔵保存と同様にジップロックを活用した保存方法がおすすめです。
    その際は、黒にんにくを分割することでスペースを確保できるので、大量に保存する場合はバラバラにして保存すると良いでしょう。
    冷蔵庫や冷凍庫のスペースがなくて、常温保存をすることもありますよね。
    その際の注意点として、風通しの良い直射日光が当たらない場所で保管することが求められます。
    特に、常温で保管する場合は「湿気」が大敵です。
    黒にんにくは、他の食べ物と比べて日持ちしやすいと言われているものの、湿度や温度次第ではカビが発生します。
    そのため、常温で保存する場合は特に気を付ける必要があるでしょう。
    常温の保存期間は、環境によっては半年近く長持ちする場合があります。
    しかし、梅雨の時期は湿度が高くなるため、長期保存しづらい可能性があるでしょう。
    常温で保存する際は、新聞紙を上手く活用してください。
    新聞紙は湿気を吸収してくれるため、食べ物の保管に役立つと言われています。
    黒にんにくの傷みを防ぐ上で、新聞紙は欠かせないでしょう。

    □なぜ黒にんにくは黒くなるの?

    黒にんにくは、メイラード反応が白にんにくに発生することで誕生しました。
    メイラード反応では、アミノ酸と糖が反応して変色が進みます。
    また、特有の香り成分が生じる反応であるため、黒にんにくの風味や味はより一層美味しいと評判が高いです。
    食感はドライフルーツのようで、とても甘さがあります。
    その食感と甘さから、白にんにくと比べて食べやすい点が魅力でしょう。
    独特の臭みも消えているため、白にんにくとは異なった楽しさが味わえます。
    また、味や臭いだけでなく、栄養面でも大きなメリットがあります。
    例えば、「アリルシステイン」は強力な抗酸化作用があると知られていて、黒にんにくは白にんにくの約10倍以上の抗酸化が期待できるでしょう。
    抗酸化作用は、身体の炎症を抑える働きや肌の調子を整える働きが期待できます。
    そのため、美容や健康面が気になる方には、黒にんにくを食べることをおすすめします。
    さらに、疲労回復の効果が期待できる「アリシン」も黒にんにくに含まれています。
    毎日の「仕事」や「育児」でお疲れの方にも、黒にんにくは強い味方となってくれるでしょう。
    このように、黒にんにくと白にんにくでは、栄養面や風味の部分が大きく異なります。
    保存期間や保存方法を守ることで、美味しく、より健康的に黒にんにくを楽しめるでしょう。
    黒にんにくをお求めの方は、ぜひ一度当社の黒にんにくを試してみてはいかがでしょうか。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの保存方法についてご紹介しました。
    一般的に黒にんにくは長持ちすると言われていますが、正しく保存することが大切です。
    黒にんにくの保存方法を理解することで、より美味しい黒にんにくを味わえるでしょう。
    何かお困りの方は、お気軽に当社までご相談ください。

  • 2020年12月14日更新

    黒にんにくのアレンジについて!オススメの調理方法をご紹介!

    「黒にんにくのアレンジ方法を知りたい。」
    今回は、このようなお悩みを解決いたします。
    黒にんにくをそのまま食べるだけでなく、様々なアレンジ方法を試すことで新たな発見があるでしょう。

    □黒にんにくの食べ方とは?

    黒にんにくをそのまま食べる方は、たくさんいらっしゃいます。
    なぜなら、黒にんにくはドライフルーツのような食感でシンプルに味が美味しいといったように評判が高いからです。
    その上、臭いがほとんどないため、臭いに関して心配する必要もないでしょう。
    そのため、毎日1粒ずつ食べ続ける習慣は途切れにくいと言われています。
    黒にんにくは、そのまま食べるだけでなく、様々な食べ方があります。
    では、具体的な3つの例を見ていきましょう。
    1つ目は、サラダやパスタのトッピングに黒にんにくを活用することです。
    黒にんにくがアクセントとなって、料理の見た目もおしゃれに見えますね。
    また、黒にんにくの味がサラダやパスタにマッチするため、毎日の料理がより一層楽しくなります。
    2つ目は、乳製品と黒にんにくの組み合わせをご紹介します。
    チーズと黒にんにくをお酒のおつまみとして、少しずつ嗜(たしな)む時間は格別なひとときを過ごせるでしょう。
    なぜなら、チーズの甘味と黒にんにくの酸味が絶妙にマッチするからです。
    お酒のおつまみとしても活躍するため、お酒と一緒に食べるものとして、健康に良い黒にんにくをチョイスする方が増えてきました。
    3つ目は、炒め物に黒にんにくをトッピングする方法です。
    油との相性が良い黒にんにくを具材にすることで、風味と香りがより香ばしく感じられます。
    みじん切りにして、チャーハンや炒め物の具材に活用してみてください。

    □黒にんにくのアレンジ方法とは?

    ここからは、黒にんにくのアレンジ方法を2つに分けてご紹介します。
    1点目は、黒にんにくのリゾットです。
    リゾットを作る際に、チーズの代わりとして黒にんにくを使ってみましょう。
    また、具材はブロッコリーやソーセージなどを使うことで、美味しいリゾットが出来上がります。
    では、具体的な調理方法を見ていきましょう。
    まずは、みじん切りにした野菜と米をオリーブオイルで炒めてください。
    米の色が透き通ってきたら、お好みでコンソメを投入してから黒にんにくを入れます。
    ここで重要なポイントは、黒にんにくを潰しながら混ぜることです。
    黒にんにくを潰すことで、味が均一になりやすいため、ぜひ試してみてください。
    また、米の硬さはお好み次第で調整をして、最後に塩こしょうで味を整えて完成です。
    2点目は、黒にんにくの味噌おにぎりです。
    こちらのアレンジ方法は、作り方がとてもシンプルなので、お気軽にお試しください。
    黒にんにくにマヨネーズや味噌、みりんなどの調味料を使うことがポイントです。
    調味料と黒にんにくをペースト状にして両面に塗ったおにぎりを、フライパンで焼いてください。
    調味料と黒にんにくの香りが混ざって、通常のおにぎりとは一味違う感覚が味わえるでしょう。
    また、黒にんにくによる健康へのメリットも大きいため、食生活が乱れがちな方におすすめのアレンジレシピです。
    このように、黒にんにくのアレンジレシピはたくさんあるので、いろいろなレシピを試してみてはいかがでしょうか。
    毎日、そのまま黒にんにくを食べるのも良いですが、楽しく継続するには一手間かけてみるのも良いかもしれませんね。
    当社では、アレンジにも役立つ新鮮な黒にんにくを多数取り揃えています。
    信頼と実績のある当社の黒にんにくを、お気軽にお買い求めくださいね。

    □黒にんにくは腐ることがあるの?

    黒にんにくは、一般的に長期保存ができる食べ物として知られていますが、腐ることはあるのでしょうか。
    結論から言うと、正しく保存をしておけば基本的に黒にんにくが腐ることはありません。
    なぜなら、製造時点で黒にんにく内の雑菌は死滅しているからです。
    そのため、適切な保存方法と環境を維持することに注意すれば問題はありません。
    しかし、湿度が高い場所に長期間放置してしまうと、黒にんにくにカビが発生してしまいます。
    雑菌が付着して傷む可能性もあるので、黒にんにくを保管する場所には注意してください。
    例えば、冷蔵庫や冷凍庫、新聞紙で包んで保管する方法や、ジップロックを活用する方法などが挙げられるでしょう。
    傷みが進行した黒にんにくは、カビが生えたりやアンモニア臭を発したりするため、早急に処分する必要があります。
    万が一味がおかしい場合は、食べるのをやめておくことが賢明です。
    黒にんにくは、アミノ酸やビタミンなどの栄養素がとても豊富です。
    アレンジレシピとして活用すれば、毎日飽きることなく楽しめるでしょう。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくのアレンジについてご紹介しました。
    何か気になったアレンジ方法は見つかったでしょうか。
    ぜひ、今回ご紹介したアレンジレシピを試してみてくださいね。
    お困りの方は、お気軽に当社までご相談ください。

  • 2020年12月10日更新

    黒にんにくのS-アリルシステインの効果は?わかりやすく解説いたします!

    「黒にんにくの栄養素について詳しく知りたい」
    今回は、S-アリルシステインの栄養素に関して解説いたします。
    購入を検討している方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。

    □S-アリルシステインとは

    S-アリルシステインは、黒にんにくに含まれている栄養素です。
    白にんにくには、ほとんど含まれていません。

    また、S-アリルシステインはアミノ酸の一種であり、私たちの不足しがちな栄養素の1つです。
    硫黄原子の無臭のアミノ酸であり、酵素反応によってできる化合物と言われています。
    白にんにくをすりつぶしたり、熟成したりしたときに生成される栄養素で、体に欠かせない栄養素です。

    S-アリルシステインの効果は、強い抗酸化作用が挙げられるでしょう。
    抗酸化作用は、活性酸素がもたらす体の悪影響を防止する働きがあります。
    活性酸素は、私たちのエネルギー生成で酸素の一部が変化することで生成されます。
    細胞を酸化させる働きがあるものの、体内に侵入したウイルスから身体を守ってくれるため、活性酸素はデメリットばかりではありません。

    しかし、活性酸素が過剰に発生すると体内の細胞を攻撃します。
    そのため、老化や病気の原因になると言われています。
    活性酸素のバランスを整えることがとても重要ですね。

    また、活性酸素が増加する要因は「喫煙」や「紫外線」、「ストレス」などが挙げられるでしょう。
    そのため、活性酸素のバランスを整えることが健康への第一歩です。
    このように、S-アリルシステインは活性酸素の悪影響を減らします。

    また、抗酸化作用がある栄養素にはポリフェノールがあるでしょう。
    なんと黒にんにくには、ポリフェノールも豊富に含まれています。
    抗酸化作用がある栄養素が多いため、黒にんにくは健康に大きく貢献してくれます。

    また、整腸効果や美肌効果も期待できるかもしれません。
    なぜなら、多くの実験で、黒にんにくが腸や肌の効果が改善される実験結果が報告されているからです。
    美容にお悩みの方は、黒にんにくを試してみてはいかがでしょうか。

    □黒にんにくの主な特徴とは

    今回は、特徴を大きく5つに分けて解説しましょう。
    1点目は、発祥の場所です。
    黒にんにくの発祥の地は、三重県だと言われています。
    2005年までは、三重県で熟成された商品がそのまま販売されていました。

    2006年以降は、黒にんにくの研究開発が盛んに行われるようになり、青森県が有数の黒にんにくの生産地になりました。
    その後は全国でも広く流通したため、通販で早急に購入できます。
    そのため、美容や健康への意識が高い方を中心に多くの年齢層から評判を得ています。

    2点目は、味や臭いです。
    糖度の増加により、黒にんにくは甘酸っぱい味がするでしょう。
    また、独特の臭みはほとんどありません。
    多くの方から人気が高い秘密は、臭いの癖の少なさです。

    3点目は、食べ過ぎについてです。
    副作用はほとんどない上に、胃腸への負担が通常のにんにくより少ないと言われています。
    しかし、1日数片程度に留めておきましょう。
    食べ過ぎによる体調不良は、黒にんにくに限ったことではありません。
    そのため、刺激の少ないとされている黒にんにくでも、食べ過ぎが原因で体調不良が起こるかもしれません。

    4点目は、黒い理由についてです。
    白にんにくの熟成過程で「メイラード反応」が起こります。
    数週間以上、高温多湿の環境で放置すると白にんにくの栄養素や外観が黒っぽく変化します。
    また、製造過程で添加物が使われることはないため、安全に食べられる点もうれしいですよね。

    5点目は、なぜ人気が高いのかについてです。
    それは、大学の医学教授の研究成果がメディアに大きく取り上げられるようになったからです。
    2006年以降は、黒にんにくの学術論文が広まることで、黒にんにくの効果の信憑性が高まりました。

    このように、黒にんにくの特徴を5点ご紹介しました。
    にんにくの歴史と比べて、黒にんにくの歴史はとても新しいです。
    この先の科学技術の発展で、黒にんにくがさらにパワーアップするかもしれませんね。

    □アルギニンの効果とは

    アルギニンは、栄養ドリンクに含まれていることが多いため、耳にしたこともあるかもしれません。
    黒にんにくは、白にんにくよりアルギニンが約3倍含まれています。
    アミノ酸の一種であるアルギニンは、私たちの生活を大きく支えてくれるでしょう。
    なぜなら、アルギニンは疲労の原因物質を除去すること精力増強につながるからです。

    また、コラーゲン生成を促進することで美肌効果も期待できます。
    ケガしやすい方や風邪を引きやすい方も、アルギニンはとてもおすすめですね。
    免疫力を傷の修復力にも、アルギニンは効果を発揮する可能性が高いです。

    このように、アルギニンやS-アリルシステインなど、黒にんにくにはたくさんのアミノ酸が含まれています。
    黒にんにくの購入を検討している方は、お気軽に当社までご相談くださいね。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくのS-アリルシステインについてご紹介しました。
    栄養素が豊富な黒にんにくをぜひお試しください。
    当社の黒にんにくをご検討しませんか。

  • 2020年12月06日更新

    黒にんにくの効果はない?実態を解説いたします!

    黒にんにくには様々な効果があると聞いたことがあるが、その効果について疑問に思われている方はいませんか。
    今回は、黒にんにくにはどのような効果があるのか、その実態について詳しく解説いたします。
    黒にんにくの効果に疑問を抱いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

    □黒にんにくの主な効果とは?

    黒にんにくには様々な効果があると言われています。
    そこでまずは、黒にんにくの主な効果について大きく分けて2つご紹介するので、それぞれ見ていきましょう。
    1点目は、疲労回復効果です。
    疲労を回復するためには、適度な睡眠とバランスの良い食事が良いことはご存知かもしれません。
    毎日の健康を維持するにはエネルギーが必要になります。
    みなさんは、「仕事」や「育児」、「家事」などで疲れていませんか。
    そのような疲労を蓄積されている場合、黒にんにくがおすすめです。
    黒にんにくには、疲労回復効果が期待できます。
    黒にんにくに含まれるアリシンは、ビタミンB1と結合することでエネルギー生成を大きくサポートする効果があると言われています。
    そのため、毎日の忙しい生活に黒にんにくは大きく貢献してくれるでしょう。
    ビタミンB1とアリシンが結合することで、「アリチアミン」が生成されます。
    これは、疲労回復に強いビタミンと言われ、水に溶けにくい特徴を持っているため、身体の中で長くエネルギーを作り出してくれます。
    2点目は、高血圧の予防効果です。
    黒にんにくには、血圧を下げる効果が期待できるため、世界中で黒にんにくの人気が高まりました。
    海外の研究結果でも、血圧を下げる効果が多数報告されています。
    著名な医学雑誌でも成果があることを記載しているため、黒にんにくによる高血圧予防の信憑性は高いと言えるでしょう。

    □黒にんにくの効果はどのくらいで出る?

    ここからは、黒にんにくの効果が出るまでの期間について解説します。
    一概には言えませんが、黒にんにくを摂取してから効果が出るまでに2〜3ヶ月ほどの期間がかかることが多いでしょう。
    体質や毎日の食生活などの諸要因で大きく左右されるため、効果を感じるかどうかは個人差があります。
    そのため、なかなか効果を感じられない人は、少し時間が経ってから徐々に効果を実感してくるでしょう。
    1日の摂取目安に大きな決まりはありません。
    そのため、体調や食事内容に合わせて柔軟に変更することが求められます。
    一般的には、毎日1〜3粒程度の方が多いでしょう。
    黒にんにくは薬品ではないため、食べる時間帯に指定もありません。
    しかし、午前に黒にんにくを摂取すると1日中エネルギッシュに活動できるといった声が多くあると言われています。
    また、疲労回復をお求めの方は、午後に食べることでその日の疲労が軽減されるとの声もあります。
    代謝や血流促進の効果で運動のパフォーマンスが上がるため、運動直前に摂取される方もいらっしゃるでしょう。
    黒にんにくは、アルギニンがたくさん含まれているため、高齢者や成長期の子供にもおすすめです。
    アルギニンは、成長ホルモンを促進する働きがあります。
    筋肉の生成や代謝の促進の効果も期待できるアルギニンは、私たちにとって非常に重要なものと言えるでしょう。
    しかし、年齢と共に成長ホルモンの分泌量は大きく減少します。
    そのため、毎日の食事で黒にんにくを摂取することはとても重要になるでしょう。
    にんにくを食べ過ぎると、アリシンの過剰摂取により腸内環境が乱れる可能性があります。
    しかし、黒にんにくにはほとんどアリシンが含まれていないため、そのような心配はいらないでしょう。

    □黒にんにくが黒いのはなぜ?

    黒にんにくがなぜ黒いのか気になっている方も多いのではないでしょうか。
    黒にんにくが黒いのは、メイラード反応と深い関わりがあります。
    炒めた玉ねぎや味噌などもメイラード反応による色だと言われています。
    糖質とアミノ酸を熟成させることで、にんにくの栄養素や味、風味も大きく変わります。
    黒にんにくを摂取し始めてから、毎日の生活が疲れにくくなった方や健康診断の数値がよくなった方など、様々な報告がされてきました。
    白にんにくと比べて、黒にんにくは比較的効果の実感が早いと感じられる方が多いです。
    なぜなら、熟成によって体内への吸収が活発になると言われているからです。
    黒い見た目のイメージとは違い、黒にんにくは臭いがほとんどありません。
    これは、熟成で成分が分解されたからです。
    そのため、にんにくの癖の強い臭いで悩まされることはなく、食べられる点が大きな魅力ですね。
    また、酸味が強さと豊かな香りや風味のバランスが取れているため、継続しやすい点も特徴的です。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくの効果についてご紹介しました。
    黒にんにくには、期待できる効果がたくさんあることを理解していただけたでしょうか。
    黒にんにくの効果を実感したい方は、ぜひ当社の黒にんにくを試してみてください。
    また、黒にんにくについてお悩みの方は、お気軽に当社までご相談ください。

  • 2020年12月04日更新

    黒にんにくはなぜ甘い?その理由をわかりやすくご紹介します!

    「黒にんにくってなぜあれほど甘くなるの」
    このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
    黒にんにくは白いにんにくとは全く異なる甘さを持っています。
    化学添加物や調味料を加えて甘くしているわけではありません。
    そこで今回は、黒にんにくはなぜ甘いのか徹底解説します。

    □黒にんにくはなぜ甘い?

    黒にんにくは、白いにんにくとは違ってなぜ甘いのかご存知でしょうか。
    その原因は、メイラード反応によるものです。
    玉ねぎを炒めると、色が白から茶色に変わり、味も甘くなりますよね。
    玉ねぎも黒にんにくと同様にメイラード反応によって味が甘くなっています。

    それでは具体的にメイラード反応とはなんなのでしょうか。
    メイラード反応とは、食べ物の中に含まれるアミノ酸と糖が加熱によって結びつき、起こる反応です。
    玉ねぎや黒にんにくの他にも、コーヒーやご飯のおこげ、チョコレート、トーストなどでもこの反応が起こります。
    味が甘くなるだけでなく、香ばしい風味や褐色の焼き色が出るのも特徴の1つでしょう。

    メイラード反応を起こすためには、高温で加熱して短時間で焼き上げるか高温かつ高湿な環境に長時間食べ物をおき熟成させる主に2種類の方法があります。
    玉ねぎや肉の褐色変化は、短時間でのメイラード反応であり、黒にんにくやチョコレートは、高温で高湿の環境で長時間メイラード反応を起こして作られています。
    このように黒にんにくは、長時間かけて熟成されて作られることで、糖度が上がりドライフルーツのような甘さを引き出してくれます。
    黒にんにくの甘さの主成分は、果物やはちみつに多く含まれている果糖ですので、十分甘いと言えるでしょう。

    □注目すべき栄養素とは?

    黒にんにくは、メイラード反応によって甘さが引き出されていることがわかりましたね。
    実は、甘さだけではなく、栄養分にも変化があります。
    そこで、黒にんにくの注目すべき栄養素をいくつか紹介します。
    これらの成分による効果は、人によって個人差がありますので、参考程度にしましょう。

    1つ目は、認知機能維持に期待されるSアリルシステインです。
    Sアリルシステインは、生鮮のにんにくには少量しか含まれておらず、黒にんにくに多く含まれる機能成分です。
    Sアリルシステインは、アミノ酸の一種であり、強い抗酸化作用があります。
    喫煙や過度な運動、ストレスによって増えた体内の活性酸素から体を守る役割を果たしているため、様々な生活習慣病の予防につながる可能性があるでしょう。

    2つ目は、血液をサラサラにしてくれるかもしれないシクロアリインです。
    シクロアリインは、Sアリルシステインと同じようにアミノ酸の1種であり、黒ニンニクや玉ねぎに多く含まれています。
    血液と血管を正常に保つ働きや、血流を良くしてくれる場合もあります。
    もし肩こりや倦怠感、冷え性、頭痛など感じた場合は、血流が停滞しているかもしれないので、効果が期待できるでしょう。

    3つ目は、自律神経のバランスを整えると言われているGABAです。
    最近ではGABAチョコレートなどが発売さていて注目されているアミノ酸の1種です。
    GABAはストレス対策に役立ち、興奮を鎮めたり、リラックスできたりする場合があると言われています。
    リラックス効果以外にも血圧を下げることや肝機能を高めること、脂質代謝を高める場合もあるかもしれません。
    お酒を良く飲まれる方や仕事でストレスが溜まっている方などにとても嬉しい成分ですね。

    □黒にんにくを使ったガーリックバターの作り方をご紹介!

    次は、みなさんに黒にんにくを使ったおすすめのガーリックバターの作り方をご紹介します。
    黒にんにくの美味しい食べ方はたくさんありますが、ガーリックバターもやみつきになるので良ければ試してみてください。
    それでは、黒にんにくを使ったガーリックバターの作り方を見ていきましょう。

    はじめに準備する材料は、黒にんにくを一房と有塩バターを8オンス(226グラム)の2点です。
    まずバターを全体が柔らかくなるまで、冷蔵庫から出しておきましょう。
    その間に黒にんにくの準備をします。
    黒にんにくの薄皮を優しく取り除きます。

    皮は捨てずにとっておくと、スープの出汁をとるときに使えるでしょう。
    皮を剥いた黒にんにくをフードプロセッサーに入れ、そこにバターを4等分して加えたら、にんにくとバターがしっかり混ざり合うまでフードプロセッサーにかけます。
    途中で側面にバターがこびりつく場合は、ヘラなどを使って拭い取りましょう。

    これで黒にんにくのガーリックバターの完成です。
    パンに塗っても、目玉焼きに使っても美味しくいただけます。

    □まとめ

    今回は、黒にんにくはなぜ甘いのかを徹底解説しました。
    長時間熟成させることでメイラード反応が起こり、黒にんにくが甘くなります。
    体にも良いことがわかり、黒にんにくを使ったガーリックバターを食べてみたい方もいるのではないでしょうか。
    ぜひこの機会に試してみても良いかもしれませんね。

Information