青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2018年08月02日更新

    健康を意識する女性におすすめ|女性に嬉しい黒にんにくの効果をご紹介

    「キレイになりたい」
    女性なら誰もがそのような望みをお持ちではないでしょうか?

    しかし年齢とともに
    「肌がくすんできた」
    「シワやタルミが気になる」
    「太ってきた」
    などの問題も起こりやすくなります。

    そんな時におすすめしたいのが黒にんにくです。

    黒にんにくは健康食品としては有名ですが、どのような効果があるかまではご存知ない方が多いのではないでしょうか。

    そのような方にぜひ知ってもらいたい、特に女性に嬉しい、黒にんにくがもたらす効果についてご紹介いたします。

     

    ■ダイエット効果

    黒にんにくは血行を良くし、新陳代謝を促します。体の代謝が上がると消費カロリーもアップするので、ダイエットに効果的だと言われています。

    さらに、黒にんにくには腸の働きを活性化する成分が含まれているため、便秘の解消にもつながります。便秘もダイエットの天敵ですので、便秘解消はダイエットに大きく貢献すると言えるでしょう。

     

    ■美肌効果

    黒にんにくの成分によって新陳代謝が促進されるため、肌のターンオーバーのサイクルも同時に促されます。肌のターンオーバーが促されると細胞が活性化されるため、肌トラブルが起きにくくなり、肌質や肌の調子が良くなると言われています。

     

    ■アンチエイジング効果

    黒にんにくには抗酸化作用を持つポリフェノールがふんだんに含まれています。このポリフェノールが肌の老化の原因となる活性酸素を除去してくれます。

    ですから、黒にんにくを摂取することで肌の酸化によって引き起こされるシミやシワ、タルミを予防し、若々しい印象を保つ手助けになる可能性があります。

     

    ■冷え性改善

    黒にんにくには血行を促進させる作用があります。血行が促進されると身体の隅々まで血流が行き渡りやすくなり、末梢の血管も広がるようになります。そのため末端冷え性が気になる人にも黒にんにくは効果的であると言えます。

    以上が女性に嬉しい黒にんにくの効果です。

    これらの効果を見て、
    「普通のにんにくでも同じ効果が得られるのでは?」
    と思われた方もいらっしゃるでしょう。

    普通のにんにくでも同じような効果は得られるかもしれません。しかし黒にんにくは普通のにんにくの何十倍もの栄養成分が含まれているため、効果の出方に大きな違いがあります。

    さらに普通のにんにくだとニオイがきついため毎日食べるのが大変かもしれませんが、黒にんにくは熟成する過程で独特のニオイがなくなるため、毎日でも摂取しやすいというメリットがあります。

    ぜひ美容と健康のために、黒にんにくを毎日摂取してみてはいかがでしょうか?

  • 2018年07月31日更新

    田子町のにんにくは評価が高い!その理由は?

    「せっかく体に良いものを摂取するなら、産地にもこだわりたい」
    「おいしくて健康にも良いにんにくをぜひ知りたい!」

    みなさんは青森県がにんにくの生産地として有名なことをご存知でしょうか?
    青森県は国内のにんにく出荷量で圧倒的なシェアを誇っています。

    にんにくの産地として有名な青森県ですが、中でも最高品種と言われる「福地ホワイト六片」は青森県の田子町で誕生した品種で、青森県内だけではなく全国的にも人気のにんにくです。

    それでは「福地ホワイト六片」とはどのような品種のにんにくなのでしょうか?

     

    ■「福地ホワイト六片」は大きくて甘い

    「福地ホワイト六片」のにんにくは他の品種に比べ1つ1つの粒が大きく、糖度が非常に高いため甘みが強いのが特徴です。さらに肉質もしまっており、味・香り・風味においても最高峰のにんにくと言われています。

    世界的に有名な産地である中国のにんにくは1つの粒が小さく、1玉に何粒も付いていることが多いと思いますが、「福地ホワイト六片」はだいたい1玉4〜6粒ほどしかありません。

     

    ■「福地ホワイト六片」は厳しい寒さの元で作られる

    「福地ホワイト六片」が味や風味において高い評価を得ている理由の1つとして、気温が大きく関わっています。

    「福地ホワイト六片」を栽培している地域は青森県内にたくさんありますが、中でも田子町は昼夜の寒暖差が激しい盆地気候です。昼夜だけではなく年間の気温差も激しく、真夏に37℃まで気温が上がることもあれば、真冬には–20℃まで冷え込むこともあります。

    このような激しい気温変化の元で育てられたにんにくは、環境の変化に耐えうるために糖度を高め、様々な栄養成分を蓄えます。そのため甘くて味わいの深いにんにくが誕生するのです。

     

    ■生産者の愛情が豊富に注がれている

    にんにく作りにはもちろん気温の条件は欠かせませんが、生産者の手間がかかっていることも忘れてはいけません。
    田子町の「福地ホワイト六片」は有機肥料をふんだんに使用し栄養豊富な土で栽培されています。そして多くの人間の手が加えられているため、にんにく1つ1つにたくさんの手間や愛情が込められているのです。

    「福地ホワイト六片」がどれほど良質なにんにくであるかを理解していただけたでしょうか?

    株式会社岡崎屋が提供しているにんにくも、人気の青森県田子町産「福地ホワイト六片」を使用しております。
    黒にんにくはもちろん、その他のにんにく加工品にもこの「福地ホワイト六片」を使用しております。

    産地でにんにくを選ぶなら、ぜひ青森県田子町の「福地ホワイト六片」を選んでみてはいかがでしょうか?

  • 2018年07月29日更新

    黒にんにくを食べるのに効果的なタイミングとは?症状別に解説

    みなさん、黒にんにくはどのタイミングで食べるのが効果的かご存知ですか?

    黒にんにくは健康食品としての人気も高く、多くの方が愛用しています。

    「黒にんにくを試してみたいけど、せっかく食べるなら効果的な方法を知りたい」
    「毎日食べているけど、いつ食べるのが正解?」

    サプリメントでしたら、パッケージや説明書に用法が記載されていることがほとんどです。
    しかし黒にんにくは自然食材のため、食べるタイミングや、どれぐらい食べれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

     

    ■黒にんにくはいつでも摂取できる

    黒にんにくの効果を気にすると同時に気になるのはニオイです。通常のにんにくはニオイがきついことで有名ですし、にんにくを食べる際は、周囲の人へのニオイの配慮が必要かと思います。

    しかし黒にんにくは、生のにんにくを熟成していく過程でニオイの原因となる成分がなくなります。ですからにんにくのニオイを気にする必要がなく、さらに元々のにんにくのニオイが気になる方も、いつでも食べられるでしょう。

     

    ■黒にんにくは得たい効果によって食べるタイミングが変わる

    黒にんにくは基本的にいつ食べてもある程度の効果は期待できます。
    しかし食べるタイミングによって、特定の効果を出しやすくする可能性があります。

     

    ・疲労回復には疲労を感じた時の摂取がおすすめ

    黒にんにくには疲労回復効果が期待されています。
    疲れた時には栄養ドリンクを飲むという方もいらっしゃると思いますが、黒にんにくも同様、疲れた時の摂取が効果的とされています。

    黒にんにくには血流を良くし、血行の循環を促す働きがあります。
    血流が良くなると代謝も上がり、身体が温まります。さらに血行の循環が促されることにより、黒にんにくの栄養成分が身体中に行き渡りやすくなります。
    ですから黒にんにくには疲労を軽減する効果が見込まれているのです。

     

    ・冷え性には朝がおすすめ

    黒にんにくには代謝と血流を良くする効果があるため、朝に摂取すると身体を効率的に温めてくれる効果が期待されます。普通のにんにくと違いニオイも気にならないので、出かける前に食べてもニオイの心配が不要です。

     

    ・免疫力アップには夜がおすすめ

    黒にんにくには免疫力もアップさせる効果が期待されています。免疫機能は体が副交感神経優勢の時に活性化すると言われているため、体がリラックスしている状態にある入浴後や、睡眠前に黒にんにくを摂取するのがタイミングとしては良いかもしれません。

    黒にんにくは基本的にいつ摂取しても大丈夫です。
    しかしタイミングにより効果の出方が多少変化することもあります。

    それに何より大切なことは習慣的に食べることです。
    黒にんにくで健康的な生活を送りましょう。

  • 2018年07月27日更新

    国産にんにくと外国産にんにくの違い|それぞれの特徴をご紹介

    みなさんは食べ物の産地にこだわりをお持ちでしょうか?

    食べ物の産地にこだわりを持っている方はたくさんいらっしゃいます。
    特に国産か外国産かを気にする方は大変多く、国産にはブランド力があります。

    にんにくも出回っているものには国産と外国産とがありますが、一体これらにはどのような違いが存在しているのでしょうか?

     

    ■にんにくの国産は青森県、海外産は中国

    多く出回っているものとして国産のにんにくであれば青森県産、海外産のにんにくであれば中国産が挙げられます。

    中国のにんにくは世界中の約80%のシェアを誇っており、価格も比較的安いものが多いのが特徴です。
    反対に国産のにんにくは、ものにもよりますが、中国のにんにくの3倍以上の価格になることがあります。

    ではこの値段の差は、どのような違いから生じるのでしょうか?
    中国のにんにくと、国内のにんにくを比較しながらご説明いたします。

     

    □国産にんにくは粒が大きい

    国産の、特に青森県で栽培されているにんにくは、1つ1つの粒が大ぶりで、1つの玉に4~6粒程度しか実がついていないものが大半です。

    一方中国産のにんにくは粒が小さく、1つの玉に8~12粒程あります。
    粒自体も国産のにんにくの方が柔らかく、みずみずしいのが特徴です。

     

    □国産にんにくは品質が保証されている

    国産にんにくの一番の特徴は品質の高さです。
    日本で作られるにんにくは品質管理が徹底されています。土や育て方にこだわりを持っている生産者も多く、自信をもってオススメされている国産にんにくはたくさんあります。

    中国産のものは、細かい産地や生産者が記載されていないことが多いですが、国産のものは産地や生産者が記載されているパッケージも多く、消費者により大きな安心感を与えます。

    特にブランドにんにくは自ら厳しい水準で作っている生産者が非常に多く、どれもこだわりの詰まっているものです。

    それでは例として、国産にんにくの中でも知名度や人気の高い、青森県産福地ホワイト六片の特徴をご紹介します。

     

    ・福地ホワイト六片の特徴

    福地ホワイト六片は青森県のような寒暖差の厳しい環境、特に氷点下になることが多い土地で栽培されるブランドにんにくです。

    厳しい寒さの元で育てられるにんにくは、寒さに耐えるために自ら栄養分を蓄えようとします。その結果、栄養豊富な甘みの強いにんにくに仕上がるのです。

    また生産者も土には有機肥料たっぷりの栄養豊富なものを使用したり、気候変動に対するこまめな管理を行ったり、良いにんにくを育てるための手間暇を惜しみません。

    このような違いが、国産と海外産のにんにくの質の差を生むのです。

    国産のにんにくは大変品質が高く、岡崎屋の黒にんにくも青森県産の福地ホワイト六片を使用しています。
    健康に気を遣いたい方は、一度黒にんにくを試してみてはいかがでしょうか?

  • 2018年07月25日更新

    黒にんにくの保存期間は?保存できる目安の期間をお教えします

    「黒にんにくってどれくらい持つの?」
    「黒にんにくの保存方法が知りたい」
    「そもそも黒にんにくに賞味期限ってあるの?」

    みなさんはこのような疑問を抱いたことがありますか?

    黒にんにくは熟成食品のため、比較的保存期間の長い食品です。

    そこで今回は、黒にんにくの保存期間についてお話しします。

    ■黒にんにくは冷暗所で1年保管可能

    黒にんにくは、買った時の皮をまだ剥いていない状態であれば、冷暗所で半年から1年ほど保存が可能です。
    黒にんにくはそれ自体に殺菌作用があるため、傷みにくく長期保存に適した食材だと言えます。

    保存方法は、寒い季節でしたら外の太陽の光が当たらない場所で保管していただけますし、夏の暑い季節でしたら冷蔵庫で保管していただくのが適しています。

     

    ■黒にんにくを長期保存させる時のポイント

    ・湿度を低くする

    黒にんにくは湿気の高い場所だと傷みやすくなります。
    湿気を避けるために水回りでの保管は避けましょう。
    そして購入時も1つずつ包装されているものや、脱酸剤が入っているものの方が良いとされています。

    ・酸化を防ぐ

    黒にんにくは酸化すると風味が落ちてしまいます。
    そのため空気にはなるべく触れさせず、食べる直前に皮を剥くようにしましょう。

     

    ■バラバラにしてからは早く食べきる

    短期間で食べきるのであれば、バラバラにした状態で常温で置いていてもしばらくは大丈夫です。
    しかしバラバラにした場合は、保存期間が短くなってしまいます。

    その時の保存方法の注意点は、暗くて湿気の少ない場所で保存することです。ですから新聞紙で包んだり紙袋に入れたりするなどして、太陽や湿度から黒にんにくを守るのが良いとされています。

     

    ■黒にんにくは保存期間中も熟成が進む

    普通のにんにくであれば長期間放置していると、にんにくから芽が出たり乾燥したりしてしまいます。
    しかし、黒にんにくは熟成が進んで甘みが増すことがあります。
    みずみずしさは日を追うごとに失われてしまいますが、黒にんにくは比較的長期保存していても美味しさが保たれます。

     

    ■冷凍庫での保存も可能

    黒にんにくは冷凍庫で保管すると長持ちします。
    冷凍庫に入れると水分は多少なくなりますが、黒にんにくは凍らないため、美味しく食べられます。

    冷凍庫に入れる場合は皮を剥いて1つずつラップに包んで保存することをおすすめします。
    買いだめした場合はいつ食べきるか分からないことも多いでしょうし、冷凍庫でしたら管理もしやすいと思われます。

    黒にんにくは買いだめも可能です。健康維持の一環として黒にんにくを食べる習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか?

Information