青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

  • 2018年08月12日更新

    話題の健康食品「黒にんにく」と自律神経の関係を徹底究明!

    黒にんにくを食べると、体の調子が良くなり自律神経の改善に効果があったという声を聞くことがあります。
    しかし、黒にんにくが自律神経の改善につながるというのは本当なのでしょうか。

    自律神経の不調は、不規則な生活やストレスの多い生活を送っていることで起きます。
    そこで、今回は自律神経の不調を黒にんにくによって改善効果があるという関係について徹底究明します。

     

    □自律神経の不調のメカニズム

    そもそも、自律神経の不調はなぜ起きるのでしょうか。
    先ほど述べたように、自律神経の不調は不規則でストレスが多い生活を送っていることが原因です。
    ここでは、自律神経の不調が起きるメカニズムについてご説明します。

    自律神経は交感神経と副交感神経という2つの神経によって構成されています。
    交感神経は、体を活発に動かすために働く神経です。
    副交感神経は体を休めるために働く神経です。

    多くの現代人は、ストレスが多い生活を送っていたり、日々忙しいスケジュールで不規則な生活を送りがちです。
    そのため体が過度に動いている時間が多くなっているのです。

    体が過度に動いている時間が多くなると、交感神経が副交感神経より過度に働き、2つの神経のバランスが崩れてしまいます。
    このバランスが崩れることで、自律神経の不調を引き起こし、普段の生活に支障をきたす様々な症状として現れるのです。

     

    □黒にんにくと自律神経の関係

    結論から言うと、黒にんにくに含まれる成分は、自律神経のバランスを整える効果があります。
    その成分はS-アリルシステインとスコルジニンという物質です。

    S-アリルシステインという物質は、通常のにんにくを熟成させて黒にんにくとなる際に、にんにくの成分の多くを占めるアリシンが変化した物質です。
    実は、S-アリルシステインはアリシンより倍以上の健康効果があるとされています。

    これらの物質は、血行をよくする働きがあります。
    自律神経の乱れによる症状は、交感神経が過度に働き、筋肉や血行が正常に作用しなくなることで起きます。
    血行を良くすることで、各症状の原因を解消するのです。

    また、黒にんにくに含まれる物質はからだを内部から温める効果があります。
    体を温めてしっかりと休めることで、副交感神経が働き、過度に働いている交感神経とのバランスを整えることができます。

    このように、黒にんにくは自律神経の乱れを改善させる効果が期待できるのです。

     

    □最後に

    今回は、黒にんにくと自律神経との関係についてご紹介しました。
    黒にんにくは高い健康効果があり、自律神経の乱れによる症状の改善が期待できます。
    自律神経の不調に悩まれている方は、日々の食卓に黒にんにくを取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 2018年08月10日更新

    黒にんにくは本当に臭くならない!?その理由を徹底解説!

    最近、健康食品として黒にんにくが注目されています。
    黒にんにくは滋養強壮、高い美容効果や老化予防効果を持っていることが医学的に証明されています。

    実は、黒にんにくが人気を博している理由にはもう一つあります。
    それは、食べても臭くならないという点です。

    にんにくというと、あの独特の臭いが特徴ですが、黒にんにくにはそのような臭いがありません。
    今回はその謎を徹底解説します。

     

    □にんにくが臭いワケ

    通常のにんにくには独特の臭いがありますよね。
    にんにくの臭いは、翌日になってもとれないことがよくあります。

    通常のにんにくには、アイリンという物質が含まれています。
    このアイリンがにんにくをすりつぶして調理するときに、アリシンという物質に変化します。

    アリシンという物質は、滋養強壮や美容効果など様々な効果をもたらしてくれます。
    その一方で、このアリシンこそにんにくの独特の臭いの原因なのです。

     

    □黒にんにくが臭くないワケ

    黒にんにくは、通常のにんにくを高温多湿の環境下で一定期間熟成させることで黒く変色します。
    このとき、臭いの元であるアリシンがS-アリルシステインという物質に変化します。
    この変化によって、黒にんにくに臭いはなく味も甘酸っぱく食べやすい味となるのです。

    この変化によってもたらす影響は、臭いがなくなるということだけではありません。
    なんとその効果も通常のにんにくより大幅に増加します。

    にんにくには、老化を予防する抗酸化力を高めるケルセチンやにんにくポリフェノールという物質が含まれています。
    黒にんにくへと熟成することによって、これらの物質の含有量は4倍にも増加します。
    つまり、黒にんにくの効果は通常のにんにくより4倍の効果が見込めるということですね。

     

    □にんにくが苦手な方にも最適

    黒にんにくは、臭いがないので通常のにんにくより食べやすい食品です。
    にんにく独特の臭いが苦手という方も気兼ねなく食べられます。
    しかも、通常のにんにくの効力より黒にんにくが体にもたらす恩恵ははるかに大きいです。

    「にんにくの効果は魅力的だけど、臭いが嫌い」という方に大変おすすめです。

     

    □最後に

    今回は、黒にんにくを食べても臭くならない理由についてご説明致しました。
    黒にんにくは、お子様からご年配の方まで食べることができ、高い健康効果を発揮してくれるでしょう。

    黒にんにくは食品ですので、毎日どのタイミングで食べても問題ありません。
    にんにくに対して苦手なイメージを抱いていた方は、ぜひ黒にんにくをお試しください。

  • 2018年08月08日更新

    黒にんにくを食べる最も効果的なタイミングをご紹介!

    老化予防や美容効果のために、多くの方が黒にんにくに関心を集めています。
    黒にんにくの効果は医学的にも証明されていて、体の健康を保つために高い効果が期待されています。

    しかし、いざ黒にんにくを食べるとなると、どのタイミングで食べるのが一番良いのか、ふと疑問に感じたことはありませんか?

    実は、黒にんにくを食べるタイミングには最も効果的とされるタイミングがあります。
    そこで、今回は黒にんにくを食べる最適なタイミングについてご紹介します。

     

    □黒にんにくを食べる最適なタイミング

    結論からいうと、黒にんにくを食べるタイミングは特に決まりはありません。
    黒にんにくは食品ですから、好きなときに食べるのが一番です。

    その中でも、黒にんにくが最も効果を発揮すると期待できるタイミングがあります。
    ここでは、黒にんにくが最も効果を発揮するであろうと考えられるタイミングについてお話します。

     

    □疲れを感じたとき

    日々の生活が忙しく、寝不足が続き疲れを感じるときがあるでしょう。
    このようなときは黒にんにくを食べるのに最適なタイミングといえます。

    黒にんにくには、アルギニンという疲れを解消させる物質が多く含まれています。
    通常の生にんにくの約4倍の含有量があると言われています。
    アルギニンは体内のエネルギーをつくるのを助ける働きがあります。

    また、1日の中で体がエネルギーを作るのは就寝しているときです。
    そのため、寝る前に黒にんにくを食べると疲労回復に最も効果的と言えます。

     

    □体が夏バテしているとき

    夏バテも疲労の一種と言えます。
    夏だけではなく季節の変わり目に、体の不調を訴える人は毎年多くいらっしゃいます。
    しかし同じ疲労とは言えど、夏バテの場合は黒にんにくを食べるタイミングが先ほどの疲労と違いがあります。

    夏バテの場合に黒にんにくを食べるタイミングは、寝る前ではなく食後に食べると良いでしょう。
    夏バテになっているときは、あまり食欲が湧きませんよね。
    そのため、胃にできるだけ負担をかけない食後に黒にんにくを食べると効果的とされています。

     

    □最後に

    黒にんにくは老化予防や高い美容効果、滋養強壮効果が期待できます。
    基本的に、黒にんにくを食べるタイミングはいつでも問題ありません。

    しかし、体の状態によっては黒にんにくを食べるタイミングを考えて摂取することで、さらに高い効果が期待できます。
    最適なタイミングで黒にんにくを食べて、日々若々しく健やかな毎日を送りましょう。

  • 2018年08月06日更新

    黒にんにくに老化防止の可能性!?その真相を徹底解明します!

    40代を超えると老いを感じるときが多くなりますよね。
    そんな誰にも訪れる老化を防止するかもしれない食品があることをご存知ですか?

    実は、黒にんにくには老化防止効果があるとして、近年注目されています。
    いくつになっても、若々しくありたいのは全人類の願いではないでしょうか。

    そこで、今回は黒にんにくの老化防止の効果について徹底解明します。

     

    □「老化」とは

    そもそも、老化とは一体何なのでしょうか。
    老化とは、40代を超えると急速に感じる症状で、身体の生理機能が衰えることです。
    身体の生理機能は、代謝、免疫機能、抗酸化力で構成されます。

    抗酸化力とは、身体内部の酸化を防ぐ作用です。
    抗酸化力の低下は老化の大きな要因です。

    身体のしみやしわの増加、重い病気にかかるのは抗酸化力の低下が原因です。
    この各機能が低下することで、病気にかかりやすくなったり日々の生活に支障をきたす機会が増えるのです。

     

    □黒にんにくの効果

    黒にんにくは、身体の生理機能を強める効果を持っています。
    黒にんにくには、ケルセチンやニンニクポルフェノールという物質を多量に含んでいます。
    これらの物質は抗酸化作用を強めるはたらきを持っています。

    老化による身体の酸化は身体の外部や内部ともに影響を及ぼします。
    しみやたるみはその一例にすぎません。
    また、身体の内部では血管が固くなりもろくなります。
    このような身体の酸化を防ぐのが抗酸化力です。

    黒にんにくは抗酸化力の低下を防止し、老化の根本原因を解決してくれます。
    また、黒にんにくには他にも老化の進行を防ぐ多くの物質を含んでいます。
    それらは、抗酸化力を強めるだけでなく、代謝や免疫機能を強める作用も持っています。

    黒にんにくは身体の生理機能全てを高める食品なのです。
    まさに、老化の予防に適した健康食品と言えます。

     

    □黒にんにくと生にんにくの違い

    「通常の生にんにくでも良いのでは?」と思った方もいらっしゃるでしょう。
    しかし、黒にんにくと生にんにくでは効果に圧倒的な違いがあります。

    抗酸化力を高めるケルセチンやニンニクポルフェノールの含有量において、黒にんにくは生にんにくより4倍も多く含んでいます。
    また他の物質の含有量も多く、生にんにくにはない物質も黒にんにくは多量に含んでいます。

     

    □最後に

    このように、黒にんにくは老化の予防に大きな期待ができる食品です。
    また、黒にんにくは生にんにくと比べて圧倒的に老化防止効果が高いです。

    黒にんにくには、にんにく特有のツンとした臭いがない点も大きな特徴です。
    日々の食卓に黒にんにくを取り入れて、毎日若々しく健やかな生活を送りましょう。

  • 2018年08月04日更新

    黒にんにくを食べても臭くならないのはなぜ?その理由を解説します

    「にんにくって健康に良いのは分かるけどニオイが苦手」
    「にんにくを食べた後の口臭が気になる」

    このように、にんにくの問題点と言えばニオイでしょう。

    「でも健康のために、サプリメントではなく自然食品を生活に取り入れたい」

    そのような方にぜひおすすめしたいのが黒にんにくです。

    黒にんにくは普通のにんにくとは違い、にんにく独特のニオイがほとんどなく、日々の生活に取り入れやすい健康食品です。

    ではなぜ黒にんにくは食べても臭くならないのか、その理由をご説明いたします。

    ■にんにくが臭い理由はアリシン

    にんにくを食べたら口が臭くなってしまう理由は、アリシンという成分が大きく関係しています。

    アリシンには、
    ・除菌・殺菌してくれる
    ・解毒作用
    ・血栓が作られるのを防ぐ
    ・活性酸素を除去する
    ・ビタミンB1の吸収率をアップさせる
    など様々な身体に嬉しい効果があります。

    しかし同時にアリシンは強烈なニオイも放っているのです。

    アリシンは、にんにくを切ったりすりおろしたりするといった、にんにくの細胞を破壊する行為により発生する成分です。ですので、にんにくをみじん切りにして調理する時はもちろん、にんにくを噛んでいる時にもアリシンが発生し、きついニオイを放ちます。

    ■熟成の過程でアリシンは別の成分に変化する

    黒にんにくを食べても臭くならない理由は、黒にんにくを作るために欠かせない熟成の工程でアリシンが複数の別の成分に変化するからです。

    「ニオイがなくなるのは良いことだけど、一緒に有効成分も失われるのでは?」

    そのように思われるかもしれませんが、アリシンがなくなって代わりにできる成分は、さらににんにくの有効成分を高めるものばかりで、結果的に普通のにんにくよりも栄養価の高い食品になるのです。

    ■フルーツ感覚で食べられる

    黒にんにくは熟成の過程でにんにく特有のニオイが消えると同時に、甘みがとても増します。食べた瞬間フルーティーで甘酸っぱい香りが漂い、にんにくのニオイはほとんど気にならないと思われます。そのため、ドライフルーツのような感覚でそのまま食べることが可能です。

    もちろん食べた後にニオイが残らないため、場所を気にせずにいつでも黒にんにくを摂取できます。

    黒にんにくが臭くならない理由を理解していただけたでしょうか?

    黒にんにくは普通のにんにくと比べてニオイが少なく、栄養価も高い非常に優秀な食材です。
    健康のサポートとして、ぜひ毎日の生活に黒にんにくを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Information